fc2ブログ
02« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»04

日記超。-改・弐-

  : 

自転車だったりマラソンだったりトライアスロンだったりお酒だったり。

2023May24Wed

【どうにかこうにか】ツールド御朱印-十社(満願)【無事満願】 

210926148.jpg
紆余曲折ありながらも
どうにかこうにか満願成就
そう遠くない内に二周目もやりたい
…気がする、かもw

<実走行ログ>

ずっこけた後、膝の痛みよりも心の痛みに心で涙しながら東へ。
210926135.jpg
もうちょい時期が早ければ
盛りであれば真っ赤なヒガンバナの筋と実った稲穂のコントラストがキレイなんだけど。

210926136.jpg
栃木から茨城へ

茨城に入り正面に筑波山を見据えて走る。
210926137.jpg
筑波山

筑西市の西側はそば畑があちこちに広がって真っ白な花が咲いていた。新そばはまだもうちょい先。
210926138.jpg210926139.jpg
右も左もそば畑が広がる

途中、ふと左の方に目をやったらパパイヤの露地栽培をやっていた。この辺でパパイヤを路地で栽培できるのか。パパイヤ畑の奥にはビニールハウス群があって、そちらではメロンを栽培しているらしかった。
210926140.jpg210926141.jpg
パパイヤ畑
青パパイヤは炒め物とかに使うので持って帰りたい気がしなくも無かったw

茨城県内はセイコーマートが多くて嬉しい。目に付いた一軒で軽く補給。
210926142.jpg
セコマがあったらやっぱりこれw

ひたすら走って来たR355から茨城空港アクセス道路へと。
(曲がる際に標識を見落としたのではないか?)と思いつつそのままシレっと走ってしまったけれど、石岡小美玉I.C.交差点から始まる常磐橋って自転車通行可で良いのだろうか?帰宅後何度かストビューで確認してみたけれどそれらしい表示は見当たらなかったのだけれど『歩行者通行不可』な車道でそこそこの斜度があるのでよそだと自転車も通行不可にされそうな気がする。って言うか通れなかったら困ったけどw
210926143.jpg
ようやっと小美玉市域突入
この茨城空港アクセス道路、さすがに近年整備されただけあって非常に路面状況が良く走りやすかった。新しいバイパスにありがちな大きく緩いアップダウンはそこそこあったけれど。

アクセス道路から逸れて田んぼの中を進む。
210926144.jpg
千葉の印旛沼とか手賀沼周辺のような雰囲気
茨城民に怒られるか。。。

そしてついに十社目、今回のツールド御朱印ライド掉尾の地に到着。
210926145.jpg
210926146.jpg
210926149.jpg210926150.jpg
210926147.jpg210926148.jpg
素鵞神社とその御朱印&ツールド御朱印満願印
こちらに到着する前にずっこけて膝を擦りむいてしまったけれど、これから先は安全なハズw

あとはひたすらまっすぐ帰宅するだけ。
210926151.jpg210926152.jpg
霞ヶ浦北端、恋瀬川が流入する付近

210926153.jpg
恋瀬川沿い

土浦からまっすぐR6を進んでも良かったけれど、やや大型トラックが多目な印象を受けたので若干大回り気味につくば市から守谷を経由して利根川を渡ることにした。
210926154.jpg
新大利根橋を渡って茨城→千葉

橋を通っての渡河がちょうど日の入りタイミングと重なり右手前方にはやや雲が邪魔ながら沈む夕陽の眺め。ふと橋の反対側に目をやると、寝床らしくサギが大勢小さな池に集結していた。
210926155.jpg210926156.jpg
沈む夕陽とサギの寝床
日中は単独でいるところを目にするばかりのサギだけれど夜は寄り添って寝るのね。

210926157.jpg210926158.jpg
上の二枚よりもうちょい千葉県側から

210926159.jpg
我が本籍地である千葉県柏市に突入
今回は時間に余裕が無いので実家には立ち寄らずにスルーする。

210926160.jpg
首長竜?プレシオサウルスかな?
※首長竜ってそれしか名前知らんw

北柏駅付近からR6に合流。途中松戸でラーメンをいただいて夕食を済ませる。
210926161.jpg
実家方面に行く時は割と頻繁に利用する

210926162.jpg
210926163.jpg210926164.jpg
ラーメンと鉄板チャーハン、焼き餃子

お腹を満たしてリスタート。ひたすらR6を南下。
210926165.jpg
四つ木橋とスカイツリー

言問橋東交差点で曲がらずR6から離脱し、個人的な定番ポイント源森橋へ。
210926166.jpg210926167.jpg210926168.jpg
定点:源森橋からのスカイツリー

210926169.jpg
厩橋で隅田川を渡る。

210926170.jpg
日曜夜の銀座

思いの外順調に走れたので想定していたよりも早めに帰着。
210926171.jpg
専修寺関東別異音前着@21/09/26/20時半頃

早めに帰宅できたので『ライド後のお約束』もばっちり。
210926172.jpg
いつもの照の湯
汗を流してさっぱりし、帰宅して風呂上がりビールを堪能してまったり。
そんなこんなで一泊二日の五社巡り、ツールド御朱印満願達成となったのでした。


挨拶がわりに気が向いたら押してやってください。
にほんブログ村 自転車ブログ ブルベへ
にほんブログ村

関連記事
タグ: ロードバイク  ロングライド  ツールド御朱印  素鵞神社 
イベント  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top
2023May24Wed

【相変わらず】ツールド御朱印-八社_2/2、九社【生傷絶えません】 

210926089.jpg210926090.jpg
古峯神社で一番のお気に入りは
この苔むした一対の狛犬
関連エントリ:SR600KN走行記録

<実走行ログ>

栃木県域に入って以降小康状態だった雨だったけれど標高が上がるにつれて朝もやなのか雨なのか今一つ判断が付けづらい感じで細かい水滴が。
210926063.jpg
路面は完全にウェット

210926064.jpg210926065.jpg
周囲はガスで霞み気味

210926066.jpg
ピークが見えて来た

210926067.jpg210926068.jpg
ようやく粕尾峠に到着

210926069.jpg210926070.jpg
とはいえまだ登るのであった
SR600KN走行の際にはここを夜間通過したので真っ暗な中、ようやく辿り着いた峠ピークから更に伸びる坂道にうんざりしたものである。

210926071.jpg
ヨウシュ(セイヨウ)トリカブト
キレイな色をしているけれどトリカブトなので口にすると死に至ることもある猛毒がある。

白く霞んだ木立に囲まれた道を進む。夜間走行時には『野生の王国』状態で、ヘルメットに装着したヘッドライトで照らすと森の中には鹿の群れがいて無数の光る瞳が現れたものだった。
210926072.jpg210926073.jpg
210926074.jpg210926075.jpg
210926076.jpg210926077.jpg
210926078.jpg
雰囲気は良いけれど標高1,000mを超えているので肌寒い

210926079.jpg
SR600KNのPC17

210926081.jpg
松の葉先に水滴

ようやくピークを過ぎてダウンヒル、、、だけれど相変わらずミストな雨で路面はウェットだし寒いしで思うように堪能できなかった。それにしてもディスクブレーキで助かったと思ったシチュエーションが何度か。
すっかり身体が冷え切ったところでようやく古峯神社に到着。
210926082.jpg210926083.jpg
210926084.jpg
210926085.jpg210926086.jpg
210926087.jpg
落ち着いた雰囲気の境内参道

210926088.jpg210926091.jpg
210926089.jpg210926090.jpg
古峯園入り口
ミストな雨のお陰でさすがに寄り道する気力が湧かなかった。

210926092.jpg
210926093.jpg210926094.jpg
210926095.jpg
210926096.jpg210926097.jpg
210926098.jpg210926099.jpg
拝殿内にはいたるところに天狗が

御朱印受付で神職の女性に御朱印帳を渡す。
「自転車で登ってお越しになったの?」
「桐生から足尾を回って来ました。」
「寒くなかったかしら?自転車漕ぐには丁度良かったかしらね?」
「登りは良かったんですけどね~下りが寒くて。」
「(御朱印帳を開きつつ)結構集まっているわね~。」
「ここでいただけたらあと二つで満願です。」
「あら!うちで最後じゃないのね、残念。でもここを最後にする方はよく『面倒なところを後回しにして失敗した。』って言うのよ。結局自転車じゃなくて車で来ちゃったりする人もいるし。」
やはりここだけは別格のアクセスし辛さがあるよなあ、とはいえ『ツールド』御朱印なのに車でってどうなのよとは思うw

210926101.jpg
そんなこんなで無事御朱印拝受

ここから次の目的地今宮神社までは約40km、標高差300mの緩やかで長いダウンヒル。
210926102.jpg
古峯神社大鳥居を通過

気温は10℃前後、ミストな雨は続いたままのダウンヒルで一気に体温が奪われ指先がかじかんで痺れてしまってうまく手を動かせない。そんな状態でもどうにか扱える電動シフト、油圧ディスクブレーキバンザイな区間だった。

鹿沼市中心部に入って今宮神社
210926103.jpg
210926104.jpg
210926105.jpg210926106.jpg
あちこちに見事な彫物が施されている

210926107.jpg210926108.jpg
210926109.jpg
社務所にて御朱印を拝受
こちらは感染症対策で書き置きとなる。

残るは一社、この先ほとんどアップダウンのない平坦路をひたすら90km走れば満願となる。
210926110.jpg
久し振りの三連団子表示

しばらく走行していてふと、左手に不思議な構造物が目に付いたので寄ってみた。
210926112.jpg
いきなり視界に入ると「???」となる

210926113.jpg
210926114.jpg210926115.jpg
なるほど

210926116.jpg210926117.jpg
隣接する二社
時間に余裕があって御朱印帳を携行していたらば参拝したかった。

210926119.jpg210926118.jpg
実った稲穂と藁立て風景

道の駅しもつけ到達時点で11時半頃。丁度良いのでここで昼休憩。
210926120.jpg
でっかい達磨が居る

210926121.jpg
もつ煮込み
ものっそ柔らかく煮込まれていて癖が無くて猛烈にビールとかホッピーが欲しくなる味わい。白ごはんでも良いな。
大変美味しゅうございました。

210926122.jpg210926123.jpg
イカスミと明太子のフィセルと角煮カレーパン
フィセルの方はひとり三個までしか買えないヤツ。カレーパンはごろんとした肉が入っていて確かに食べ応えあり。
どちらも美味しゅうございました。

お腹を満たしたのでリスタート。素鵞神社までの所要時間を考えればそこそこのんびり走って問題ないのだけれど、その後の帰宅で100km弱走らなければ帰宅できないのであまりのんびりもしていられず若干巻き気味で進む。

210926124.jpg
盛りを過ぎたヒガンバナ
ピークの時が色鮮やかな赤というより紅色なので萎れ始めるとなかなか物悲しい。栄枯盛衰、盛者必衰の理。

そんなことを思いつつ進んでいたら何やら妙に参道の長い神社が。一の鳥居(二、三があるかはわからんけど)から拝殿の様子がうかがえない。
なんとなく気になったので寄り道。
210926125.jpg210926126.jpg
参道両側に並木が残っているので気になった

210926127.jpg210926128.jpg
210926129.jpg
星宮神社
そこそこ長い参道の先に小さなお社。同じくイワサクノカミ、ネサクノカミを祀る名栗にある同じ名の神社も雰囲気好き。っていうかイワサク、ネサクが祭神だから同じ『星宮』なのか。

210926130.jpg
この辺りはそば畑があちこちにある

210926131.jpg
筑波山を指して走る感じ

しばらく道の左右に広がるそば畑を眺めて新そばに思いを馳せていたところ、墓地の敷地の外れにポツンと屹立する山門が見えて来た。どう見ても霊園とは無関係そうな配置で山門の周りは細かな砂利敷きになっている。気になったので寄ってみると説明看板があったので読んでみたのだけれど。。。
210926132.jpg210926133.jpg
長栄寺山門
昔から信仰されていた寺院なのにいきなり何故か『再建』されて、これまたいつの間にか『今は楼門しか残っていない』って、途中を端折り過ぎてて説明として不親切この上なくないですか、これ?再建された理由が無いしその後なんで楼門だけが残っているのかもわからない。文字数の制限があったってもうちょい要約のしようはあるだろうに。

そんなことを考えていた罰が当たったのか、リスタートしようと思ったら砂利に前輪を取られてしまい、平地走行中にいきなり立ち寄ったのでギアが重すぎたおかげで体勢を整えることが出来ずにその場でずっこけ。
210926134.jpg
ひざ下擦りむいた

相変わらず生傷の絶えない情けないオトナなのでありました。。

ツールド御朱印-十社(満願達成) に続く


挨拶がわりに気が向いたら押してやってください。
にほんブログ村 自転車ブログ ブルベへ
にほんブログ村

関連記事
タグ: ロードバイク  ロングライド  観光  ツールド御朱印  横根高原  古峯神社  今宮神社 
イベント  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top
2023Nov01Wed

【満願成就の】ツールド御朱印-六、七社【後半戦】 

210925015.jpg210925042.jpg
ツールド御朱印
六社目:天明稲荷神社
七社目:上中居諏訪神社

関連エントリ(ツールド御朱印関連)

210925053.jpg
関東圏内にある十社(東京2、神奈川2、千葉1、埼玉1、群馬1、栃木2、茨城1)の御朱印を拝受して回るツールド御朱印。既に東京、神奈川、千葉の五社については拝受済みで残るは埼玉、群馬、栃木、茨城の五社。折角なので土日を利用して一泊二日で一気に結願を迎えるべくルートを引き、宿を手配。全体の走行距離が450kmほどになるので半々くらいに按分したかったけれど、引いてみたルートから勘案すると少々バランス悪く初日170km、二日目280kmくらいになってしまった。
単に走れば良いという訳では無く、社務所の社務時間内に通過しなければならないのでその日最初に参拝する神社の社務開始時刻と最後に参拝する神社の社務終了時刻を睨んだスケジューリングになるところが難しい。『PCのOpen/Close時刻が距離に比例しない、偏ったブルべ』みたいなものと言えなくもない。

計画上どうしてもネックになるのは標高800m近い山の中にある古峯神社で、東側からアクセスするか西側からかでかなり計画が変わる。結局 西側からアクセスすることにしたので適当な宿泊先が桐生にしか見つからず、その手配の都合から距離がアンバランスな計画になったというのが今回の経緯。
数日前から天気予報をチェックしていたけれど、経路上の各地域共日によって変動があったもののいずれも概ね曇りの予報。タイミング次第で晴れ間にも恵まれそうな感じではあった。

計画では6時頃スタートのつもりだったけれど相変わらず色々あって結局スタートは7時近くになってから。それでも初日の目的地である桐生までは走行距離約175kmなのでのんびり走っても11~12時間といったところ。まだ慌てる時間帯じゃない。
210925001.jpg
専修寺関東別院前@21/09/25/06:45頃

<実走行ログ>

日曜日は朝早い時間帯に標高1,000mを超えるところを走行予定なのでジャージは長袖にしてみた。悩んだ末にウィンドブレーカーを携行しなかったけれど、これは翌日若干後悔。あとオーバーグローブもあった方が良かったとしみじみ。
210925002.jpg
911ジャージ長袖

まずは朝ごはん。大田市場を指して移動。
210925003.jpg
流通センター駅前通過

西門から大田市場に入り、相変わらず少々迷いながらも三洋食堂へ。
210925004.jpg
210925005.jpg
210925006.jpg
210925007.jpg210925008.jpg
戻りカツオ刺身定食大エビフライ付き¥1,200-
美味しゅうございました。

お腹を満たしていざツールド御朱印。まずは朝霞に向かって環七をひたすら北上。ところが大田市場を後にした辺りからぽつりぽつりと細かい雨粒が顔に当たる。天気予報を改めて確認してみたけれど曇りのまま。レーダー画像をチェックしてみたところ世田谷区の東部、ちょうど環七にかかる辺りだけうっすら雨雲がかかっていたけれど、10分も走れば雨域を抜けそうな感じ。じっさい駒沢付近ではそこそこしっかり降られたものの東急世田谷線踏切を越えて淡島通り付近に差し掛かった辺りで雨域を抜けた。
210925009.jpg210925010.jpg
駒沢辺りで小雨⇒淡島通り付近

環七を淡々と北上し、豊玉から練馬方面へ、そこから西に向かってしばらく笹目通りを北上してからR254裏道を進んで朝霞市内へ。今回の第一目的地である天明稲荷神社に到着。
210925011.jpg210925012.jpg
天明稲荷神社到着

210925013.jpg
『朝霞五社巡り』の御朱印見本
これもまた趣があって良い。機会があったら集めてみたい。

社務所が無人だったのでしばらく境内をうろうろしていたら宮司さんの奥様が出てきて「お待たせしちゃってすみませんねえ。ちょっと肌寒いのに冷たいお茶しか無いですけれどよろしかったらどうぞ。」とペットボトルのお茶とお菓子をくださった。
210925014.jpg
ありがとうございます

210925015.jpg
無事御朱印拝受

続いて次の目的地、グンマ―国高崎Cityへ向かう。
小江戸大江戸200Kでゴールを目指して最後に走る区間なので、R254富士見川越バイパスを走りながら2022年野辺山ウルトラマラソン完走、2023年小江戸大江戸200K完走という今現在の目標に改めて思いを馳せたり。
210925016.jpg
ここを明るい内に走れるようならんとな

途中、川島町付近でお昼時になったので目に付いたきしめん屋さんに立ち寄り。
210925017.jpg210925018.jpg
武蔵野きしめん本舗
地元産小麦を使ったきしめん風武蔵野うどん。

210925019.jpg
ブタバラきしめん(大盛)
食べ終わった感じでは特盛でも良かったかも知れない。
美味しゅうございました。

埼玉県北部の田苑地帯を進む。
210925020.jpg
藁立ても近年あまり見かけなくなった

210925021.jpg
しっかり実った稲穂

道の駅いちごの里よしみで小休止。
210925022.jpg
210925023.jpg210925024.jpg
トマトジュースといちごソフトクリーム

210925025.jpg
吉身町町民会館『フレサよしみ』
日本建築学会作品賞受賞作。

鴻巣市と行田市の境界近くで朱塗りされていない鳥居が連なる稲荷社があってちょっと気になったので立ち寄ってみた。
210925026.jpg210925028.jpg
210925029.jpg
本倉稲荷神社
小ぢんまりとした境内に寄進の石碑が複数建ち並び、地元で大切に扱われている様が伺える。

この辺りでも雨がパラパラ。路面を濡らすほどでは無いので身体の冷却には丁度良い。とか考えながら走っていたところで道の駅おかべに立ち寄り。

屋台の前に5人ほどの待ち行列ができていて、見れば『ねぎフライ』なるものを売っている。大した待ち行列でもないし、折角だから並んでひとつ購入。出来上がった品は写真とは異なり二つ折りにされてソースが塗られているので実際にはフライというよりねぎ焼きに近い。
210925030.jpg210925031.jpg210925032.jpg
210925033.jpg
ねぎフライ
ねぎの風味が美味しゅうございました。

物産販売館内に入ると目を引くソフトクリームの写真。本日二つ目のソフトクリーム。
210925034.jpg210925035.jpg
とはいえオートミールと渋沢栄一の繋がりとは?

昼食と道の駅での小休止二回とかなりのんびりペースになってしまったのでリスタート後は少々巻き気味で。相変わらずパラパラと細かい雨が降っているのか止んでいるのかよくわからないコンディションの中を淡々と進んで埼玉県からグンマ―国へと入国。
高崎市域に入り、東部地域にある上中居諏訪神社に到着。本日二社目、トータルで七社目となる。
210925036.jpg210925037.jpg
210925038.jpg210925039.jpg
210925040.jpg210925041.jpg
210925042.jpg
小ぢんまりとして居心地良さそうな上中居諏訪神社

隣接する広場で草刈りをしていた宮司さんが「お待たせしてしまってすみません!」とこちらが恐縮してしまうくらい丁寧に対応してくださった。
一般の参拝者に対しての御朱印は書き置く対応のみとなるがツールド御朱印の御朱印帳に限り書入れ対応していただける。わたしの後ろに並んだ女性が御朱印帳を取り出し御朱印をお願いしようとしたところ、宮司さんが「先ほどの方は特別なので通常は書き置きを…。」と説明しているのが聞こえて来た。

初日の御朱印巡りはここまで。あとは翌日三社回って結願となる。
残る三社は鹿沼市の山の中にある古峯神社と同じく鹿沼市中心部にある今宮神社。同じ市内とはいえこの二社間は40kmくらい離れている。そして茨城県小美玉市の素鵞神社で、今宮神社からは90kmほど。今回引いたルートでは古峯神社→今宮神社→素鵞神社となるので古峯神社に向かいやすい場所ということで桐生市中心部のビジネスホテルを押さえているので諏訪神社から約35kmほど先の桐生市までひた走る。

最短経路とは言え幹線国道をひたすら走るのもちょっと芸が無かったとやや後悔しつつもR50を東に進んで桐生市域に到着。
210925043.jpg
阿佐美池にて

渡良瀬川を渡って桐生市中心部。
210925044.jpg210925045.jpg
趣深い佇まいの上毛電鉄西桐生駅

西桐生駅至近のビジネスホテル西桐生が今宵の宿。
210925046.jpg210925047.jpg
新聞紙を敷けば自転車の室内持ち込み可
有難いことに新聞紙も宿からいただける。

まずはさっさと夕食を、ということで桐生駅前のアーケード街に向かうもファミレスや牛丼屋以外の飲食店はどこも休業中だったので唯一営業していたインド料理店でカレーをいただく。
210925048.jpg
インド料理店 ブッダ
210925049.jpg
210925050.jpg210925051.jpg
210925052.jpg
ナンお替り自由のカレー二種のセット
美味しゅうございました。

翌朝の補給食他を調達し、宿に戻ると女将さんが
「お店全然やっていなかったでしょ?」と。
「今月末まではどこも仕方ないですよね。」
「桐生みたいに小さな街は補助金貰って休業したほうが営業しているよりも儲かるようなお店も多いんですよね~。」
なるほど。都内みたいに闇営業に走る動機が薄いのか。

汲み上げでは無いもののタンクローリーで配送してきて湯船に張るタイプの天然温泉であるお風呂を堪能し、合間にウェア類の洗濯を済ませて部屋に戻り翌日の予定の見直し。
当初5時頃スタートのつもりだったけれど諸々勘案して一時間ほど前倒して4時にはスタートすることにして携帯のアラームを3時にセットして早々に就寝。


挨拶がわりに気が向いたら押してやってください。
にほんブログ村 自転車ブログ ブルベへ
にほんブログ村

関連記事
タグ: ロードバイク  ロングライド    観光  ツールド御朱印  大田市場 
イベント  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top
2023Nov01Wed

【ツールド御朱印】人見神社リトライ-2/2【半分終了】 

210905047.jpg
ツールド御朱印五社目
残る五社は
・素鷲神社(茨城県小美玉市)
・天明稲荷神社(埼玉県朝霞市)
・古峯神社(栃木県鹿沼市)
・今宮神社(栃木県鹿沼市)
・上中居諏訪神社(群馬県高崎市)

<実走行ログ>


富津市役所前を通過してしばらくすると一気に道幅が狭くなる。しばらく進んでR16との交差点を右折して進み、小糸川を渡れば君津市域。そしてすぐに人見神社へのアプローチ路。
210905044.jpg
行く手に急坂が待ち受ける
勾配もさることながら路面の粗さがネック。しかもこの日は濡れていたので体勢によっては後輪が空転してしまう。

どうにかこうにか、おっかなびっくり坂道をクリアして小山のてっぺんにある人見神社に到着。
210905045.jpg210905046.jpg
10日前と異なりちゃんと拝殿の扉が開かれている

210905047.jpg
無事御朱印拝受

しばし眺めを堪能
210905048.jpg210905049.jpg
210905050.jpg210905051.jpg
雲が多いのでイマイチではある

お昼時なので昼食をどこかで、と思い君津駅前に向かおうと移動中、一軒のカレー屋さんを目にしてなんとなく気に入ったのでお邪魔してみた。
210905052.jpg210905053.jpg
ランチタイム

土日限定でガパオライスをシーフードに変えたりタコライスのライスをパスタに切り替えたりできるのだとか。タコライスをパスタに変更してもらい、量を100g、150g、200gから選べるということだったので迷わず200gを注文。
210905054.jpg
タコライスならぬタコパスタ(200g)
美味しゅうございました。
次回近くに来ることがあったら今度はカレーを食べてみたい。

お腹を満たしたのでリスタート。
今回は東京湾イチをせず、久里浜に戻って三浦半島西岸をまわって帰る予定にしていてフェリーも往復チケットを購入していたので金谷港に向け南下。往路をそのまま引き返すのでは芸が無いので内陸側を進む。
210905055.jpg
内房はこういう真っ直ぐな道が多い

金谷港フェリーターミナルに到着。係員さんに「14時頃乗船開始ですのでそのころまでには用意してください。」と言われた。待ち時間は約20分。ターミナル内をうろうろして色々物色。今回は薄手のものとはいえサコッシュも持って来たので土産を買って帰ることも可能。

館内をうろついていてふと、正面玄関から入って突き当りのスナックコーナーでびわソフトクリームを販売していることに突然気付いたので当然購入。今まで販売していた、正面入り口入って左手のスナックコーナーが閉鎖されてしまったのでびわソフトクリームの販売自体止めてしまったのだと勝手に思い込んで落ち込んでいて、直近2、3回はびわソフトクリームを食べずに過ごしていたのになんということでしょう!思い込みってホント危険。
210905056.jpg
びわソフトクリーム
相変わらず美味しゅうございました。

時間が来たので表に移動して乗船。後部甲板上のテーブルに陣取って先ほどスナックコーナーで購入しておいた鯵メンチをアテにノンアルビアをいただく。
210905057.jpg
鯵メンチとノンアルビア

風が少々強めだったので飲み食い終わったところで客室に移動。
210905058.jpg210905059.jpg
だいぶ晴れ間が広がって来た

しばらくすると目の前を大型コンテナ貨物船が横切ろうとしていたので客室から出て様子を眺めてみた。
210905060.jpg210905061.jpg
貨物線の後方を通過するため右に転舵したことがわかるウェーキ

210905062.jpg210905063.jpg
貨物線に随伴していた水先艇が離れる

210905065.jpg
ひたすらデカいという印象

210905064.jpg210905066.jpg
久里浜港方面に向けて(おそらく)帰る水先艇

210905067.jpg
直近3回連続でしらはま丸乗船

210905068.jpg
久里浜港帰着
時刻は15時丁度。のんびり海沿いを走るにはなかなか良い時間帯。


<実走行ログ>


午後の海沿いをのんびり流して走る。すっかり晴れて気分は上々。
210905069.jpg
いわゆる『亜美ちゃん坂』取っ掛かりから

210905070.jpg
江奈湾

210905071.jpg
江奈湾干潟(葦原)

210905072.jpg
毘沙門湾

210905073.jpg
今回は城ケ島には渡らない

スイカジュースが飲みたくなったのでうらりに立ち寄り。
210905074.jpg210905075.jpg
スイカジュースとマグロトロまん

210905076.jpg210905077.jpg
海外港付近

カロリー収支的にちょっと摂取オーバー気味で黒字幅が大きいのでプリンはやめておくことに。
210905078.jpg
マーロウはスルー

フェリーから眺めた西の空は雲がかなり少なくなっていたので期待していたけれど、西の地平線付近にはまだしっかり雲が残っていたので落陽も富士山も眺めることは叶わなかった。
210905079.jpg
真名瀬海岸からは落陽を拝めず

ボーっとしていてうっかり逗子から鎌倉に向かいそうになったところを引き返し、逗子駅前から池子を通って六浦に抜け、R16から横浜市内でR15と繋いでまっすぐ北上。途中ちょっと思い付きで遍照院(通称『踏切寺』)境内での電車通過撮影をしてみようと考え、敢えて連写機能を使わず挑む。
210905080.jpg
210905081.jpg210905082.jpg
210905083.jpg
なかなかむつかしい

210905084.jpg
専修寺関東別院前帰着@19時半頃
トータル走行距離190kmで約13時間なのでBRMだとギリギリアウトになりそうなペース。まあフェリー乗船時間があったからね。
なかなか充実したいち日でした。


帰宅後はルーティンとしてお風呂屋さんへ。
210905085.jpg
いつもの照の湯さん
番台のおばちゃんに「あら、今日はお風呂さんだけ(=サウナ非利用)なのね。」と、すっかり顔を覚えられてしまっていたり。


挨拶がわりに気が向いたら押してやってください。
にほんブログ村 自転車ブログ ブルベへ
にほんブログ村

関連記事
タグ: ロードバイク  ロングライド    ポタリング  ツールド御朱印  三浦半島  うらり 
イベント  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top
2023Nov01Wed

【10日ぶりの】人見神社リトライ-1/2【再参拝】 

210905036.jpg
JR内房線湊橋梁
この鉄骨トラスの佇まいが
なんとも言えず好き

関連エントリ:時差夏季休暇2021 #01 

210905018.jpg
今回のいでたち
敢えて選んだ撮影場所については色々ツッコミが入ったけれど、往路しらはま丸の男子トイレ。春風高校ジャージなので背中にはR田中一郎が轟天号に乗った姿がプリントされている。

<走行ログ(合成版)>
東京湾フェリー往復約22km分が加算されているので実走行距離は190km弱
 
前日天気予報を確認してみたところ日の出時刻前後には雨が上がているという感じだったので、5時半頃スタートするスケジュールで、下調べ不足の為に10日前に空振りとなってしまっていた人見神社参拝を計画。起きて準備を整え、いざ出ようかという時に屋外の様子を確認してみたら結構しっかり降っていたのでスタートするのを一旦延期。雨雲レーダーによると30分ほどで雨雲が去るということなのでそれを信じてしばし待機してみたら予報通り30分ほどで小雨がミストになったので出発することに。

210905001.jpg
専修寺関東別院前@6時15分頃
今日だけおまえの名前は轟天号であるw

<実走行ログ>


ミストの中第一京浜を南下。生麦の旧道は6時を須吾てしまっていて一方通行時間帯なので対面通行区間から旧道に進入。
210905002.jpg
定点その壱:道念稲荷神社

朝食をいただくつもりでどん八生麦店へ向かう。
が、休業。
210905003.jpg
年中無休だったのに最近は日曜日おやすみ
新型コロナ禍もあってそういうお店増えたよね。

(朝は立ちそばで軽く。)と考えていたけれどそれが頓挫したので横浜中央卸売市場に向かう。
が、休業。
210905004.jpg
ここも日曜休業するようになった
(というか市場じたいが完全休業日だった。)

どこで朝食を摂ったものか、しばし脳内で考えを巡らせる。取り敢えず結論が出ないままリスタートしたら丁度良い具合にすぐ目の前に営業中の食堂があったのでそちらに入ることに。
210905005.jpg210905006.jpg
日替わりの漬け丼とミニそばの朝定食B
これで¥500-というのはなかなかリーズナブル。美味しゅうございました。

210905007.jpg
定点その弐:日本丸

210905008.jpg
京急線日ノ出町駅付近でもまだミスト
とはいえ上大岡に差し掛かる頃には完全に止んでくれた。

信号待ちで目に飛び込んで来たガラスの装飾。ダンス教室にしては間取りが狭そうだと思ってよく見たらヘアサロンだったようで、「今月」がいつを指すのかわからない(おそらく8月)けれど店じまいしたようである。って言うか何故そこにダンサー?
210905009.jpg
定規を使った独特の文字
『定規を使った書き文字』というと酒鬼薔薇聖斗の挑戦状』を連想する世代。
※アレは手書き文字が『定規を使って書かれたもののように角ばっていた』ということなのだけれど。

210905010.jpg
金沢の京急車両基地脇を進む

久里浜フェリーターミナルに到着したら既に乗船が始まっていた。
今回は湾イチせず三浦を周って帰る計画を立てたので往復チケットを購入して即乗船。
210905011.jpg
210905012.jpg210905013.jpg
空模様のせいか他にサイクリストの姿はない

210905014.jpg
いわしバーグとノンアルビア

210905015.jpg
今日の海驢島灯台

210905016.jpg210905017.jpg
対向のかなや丸とスライド

210905019.jpg210905020.jpg
金谷港到着
十日前は金谷港到着時点でほぼ正午だったので約2時間早い。というか前回も寝坊しなければこの時刻にここにいたはずなのだ。
まずは君津を指して北上。

<実走行ログ>



210905021.jpg
今回はスルーして先を急ぐ

210905022.jpg
燈籠坂大師の切通しトンネルへ

<燈籠坂大師の切通しトンネル>
210905024.jpg210905025.jpg210905026.jpg
210905027.jpg210905023.jpg210905029.jpg
210905030.jpg210905031.jpg210905032.jpg
濡れた路面が独特の雰囲気を醸し出す

210905033.jpg210905034.jpg
内房線湊橋梁

210905036.jpg210905035.jpg
丁度電車が来た

210905037.jpg210905038.jpg
内房線旧橋脚

210905039.jpg210905040.jpg
夏が終わったうら寂しさの漂う海岸
今年は海水浴場が開設されていなかったので夏が終わる前から既に寂しかったけれど。

210905041.jpg
広くて走りやすい富津市役所前を通る道

210905042.jpg
粛然と佇むアオサギ一羽

210905043.jpg
陸戦型ザクⅡ(MS-06J)こんなところに配備されていた!
対岸の横浜のガンダムやお台場のユニコーンに対抗すべく潜んでいたとは。

人見神社リトライ-2/2 へ続く


挨拶がわりに気が向いたら押してやってください。
にほんブログ村 自転車ブログ ブルベへ
にほんブログ村

関連記事
タグ: ロードバイク  ロングライド  観光  ツールド御朱印  人見神社 
イベント  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top
2023May24Wed

【ツールド御朱印】天気予報に翻弄された日-2/2【四社目】 

210904029.jpg
武芸、スポーツの神様である香取神社
鳥居をくぐって一歩境内に踏み入れたら
人類最強女子の燈籠が

朝ごはんポタから帰宅して少々ダラダラしていたら軽く寝落ちしていたようで、時計を確認してみたら9時を少し回った頃合い。天気予報通りであればそろそろ雨が降り始めておかしくない時間帯なのでスマホを取り出し雨雲レーダー画面をチェックしてみたら「夕方遅い時刻まで降らない。」に切り替わっていた。うたたねしている間に予報が変わってしまっていて、こんなことなら当初の予定通り大田市場で朝食後、亀戸の香取神社まで足を延ばせば良かったのだ。

とはいえ幸いなことに朝食ポタから帰宅後即寝落ちしていたため着替えもしていなかったのでそのまま再出発準備。ルートを確認して改めて表に出る。レーダーには反映されない細かいミスト状の雨が降っているようだったけれど時間を追うごとに好転しそうなのでそのままスタート。
210904022.jpg
再スタート@9時半頃

<実走行ログ>

ごくごく弱いミスト状の雨が降っているというかミストが漂っているような感じの中、再び第二京浜を北上し、今度は環七で曲がることなく日本橋までまっすぐ。
210904023.jpg
大門付近まではミストが続いた

210904024.jpg
土曜日朝の銀座

銀座から日本橋へ抜ける頃にはミストも止んだ。
210904025.jpg
道路元標
いつか挑戦、、、と思いつつなかなかタイミングが合わず走れない。

隅田川を渡ってしばらく下町を進み、目的地の香取神社に到着。
210904026.jpg
一の鳥居

210904027.jpg
二の鳥居

210904028.jpg210904029.jpg
参道の左右には燈籠が立つ
右側ひとつ目が吉田沙保里氏のもの。

参道を押し歩きで進んで境内のバイクラックに自転車を預ける。
210904030.jpg
ちゃんとバイクラックがある

210904031.jpg210904032.jpg
拝殿にお参り

210904033.jpg210904034.jpg
刀剣のレリーフが埋め込まれている勝石
触れると勝運と幸運に恵まれるので周囲の目が無ければ頬ずりしたいくらいであったけれどさすがに慎み深いオトナなので(←笑うところ)手で触れるだけにおさめた。

210904035.jpg
四社目の御朱印拝受

天気予報を確認してみたら雨の降り始めが更に遅くなっており、夜まで降らないらしかったけれど、朝ポタの恰好のままだったため下はレーパンでは無くパッドの無い七分丈のサイクルパンツなので遠出向きな装備ではない。結局適当に流しながら帰宅することに。

210904036.jpg
スカイツリーの頂部は低い雲の中

帰りがけに甘納豆を買って行こうと平野屋へ。南隣に建物が建ってしまっていて見落としてしまい、通り過ぎてから周囲の景色で気が付いて振り返るなど。
210904037.jpg
平野屋さんおやすみ
というかその場で調べてみたらどうやら後継者不在の為廃業されてしまったようである。ここの甘納豆は上品な味わいで好みだったし、そも老舗が無くなってしまうのは非常に悲しい。

210904038.jpg
厩橋で隅田川を渡る

再び日本橋から銀座へ。丁度正午になろうとする頃合いで小腹が空いたのでそばでも、、、と個人的には立ちそばチェーン店の中で最も好みの吉そば銀座店へ。
210904039.jpg
期間限定唐辛(カラカラ)肉そば
肌寒かったので辛い物がありがたかったけれど、当然ながら出汁の風味が消えてしまうので反面後悔もあったり。

芝公園に差し掛かった時、思いついてデザートにアイスを。
210904040.jpg
芝公園越しの東京タワー

高校時代、主に部活帰りに立ち寄った懐かしいアイスクリーム屋さん、就職して都内を自転車で移動するようになってからも時折お邪魔していたSOWA。高校時代に利用していた頃から一旦神谷町駅に近いところに移転していて、その時は移転のお知らせが旧店舗に貼り出されていたので難なく辿り着けた。今回もその店舗前に行ってみたら『臨時休業のお知らせ』が掲示してあって、しかも店の名前が違う。(すわ!ここも廃業したのか!?)
先ほどの平野屋先日の伊豆高原むらたの例もあるので慌ててスマホで検索をかけてみたら、ほんの数十メートル離れたところに新店舗があってそこでしっかり営業していたのであった。
210904041.jpg
SOWA新店舗
以前あった通りの並びで1ブロックほど御成門駅側に移動している。

210904042.jpg
クッキー&クリームと小豆

落ち着いたところで自宅に向けリスタート。
210904043.jpg
飯倉交差点からの東京タワー

第一京浜を南下し、【BRM410近畿200秋葉原】を思い出しながら旧東海道を抜け、自宅帰着は13時半過ぎ。天候はしばらく崩れることも無い予報だったけれど自宅周囲ではほどなくして小雨がしとしと降り始めたので早めにポタを切り上げて本当に正解だったと思いつつ、冷蔵庫から取り出した冷えた缶ビールのプルタブをプシュ!と、飲み始めてしばらくしたら再び寝落ちして夕方になっていた。

そんなこんなで『終始天気予報に翻弄されつつ終わってしまった感』の色濃い土曜日の記録。


挨拶がわりに気が向いたら押してやってください。
にほんブログ村 自転車ブログ ブルベへ
にほんブログ村

関連記事
タグ: ロードバイク  ポタリング  ツールド御朱印  亀戸香取神社  SOWA   
イベント  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top
2023Nov01Wed

【朝ごはんと】天気予報に翻弄された日-1/2【ご近所ポタ】 

210904005.jpg
ランチのつもりで購入したのに
なんだかんだでおやつとなった
ボリュームあって美味しいサンドイッチだった

朝起きて天気予報を確認してみたら「9時頃から雨が降りだす。」とのことだったので前日計画していた、亀戸香取神社へ御朱印をいただきに行くポタは取り止め、近場を軽く回って朝ごはんを食べて帰ることに。

210904001.jpg
専修寺関東別院前@5時半頃

まずは第一京浜を北へ。

<実走行ログ>
「ホッケーのピクトグラム!」とはHideさん評

少々肌寒いのでBRM開催100周年記念の長袖ジャージをおろしてみた。
210904002.jpg
この文字がある分半袖より恰好良い気がする

環七を右折し東へ。
環七の車道は途中から自転車走行不可になるので歩道を走ることになるけれど、一旦降りた先で歩道から車道へ降りてしまうと次の陸橋(横断歩道橋)へのアクセスが遠回りになるのを忘れていた。久々の利用だったし。

少々無駄に回ったりしつつも無事都立大田市場に到着。
210904003.jpg
今日の朝ごはんは市場で
普段南に移動することが多いので横浜の卸売市場を利用することは多いものの大田市場に来るのは久し振り。ちょっと迷子になりかけたものの無事お目当ての三洋食堂に到着。久し振りなのでオーソドックスなA定食を注文。
210904004.jpg
マグロ刺身と大エビフライのセット
美味しゅうございました。
会計を済ませてお店を出たものの、店頭に並べられた弁当やおにぎり、サンドイッチが目に付いたので気になった二つを購入する為に再び店内へ。
「いらっしゃいませ、、、あら、ひと回りして戻って来たの?(※別の出入り口から出た)」
「折角なのでこれ買って帰ろうと思って。」
「袋あった方が良いわよね。」
「(サコッシュ無いので)助かります!」
「その恰好、自転車でしょ?遠くから?」
「いやいや、近所ですよ、六郷だし。」
「六郷は近所って言わないわよ。」
そうだったのか。。。

210904005.jpg
サンドイッチ二種

場内を四半周して正面ゲートから退出。
210904006.jpg210904007.jpg
フォークリフトは電動又はLPG駆動

210904008.jpg
正面ゲート

天気予報を信じれば降り始めにはまだ間があるのでしばしポタポタ。
210904009.jpg210904010.jpg
京浜島方面まで足を延ばして引き返す

大森の避難橋を渡り、運河沿いを南下。
210904011.jpg
呑川水門は階段担ぎ歩き

遠目で違和感があったけれど川を跨ぐ歩道橋を渡る際に違和感の正体が判明。『呑川水門』なのに水門そのものが無い。
210904012.jpg210904013.jpg
土台のコンクリートごとすっぱり切られている
老朽化に伴う撤去だろうけれど、今までお役御免で単にそこにあったってことか。長いお勤めご苦労様でした。

運河沿いをのんびり走行。
210904014.jpg
猫と目が合う

210904015.jpg
羽田可動橋(旋回橋)
首都高混雑時のバイパスとして作られた橋で船舶航行用に普段は接続されていないし、実際に供用されたことはない(はず)。年に数回くらいメンテナンスを兼ねて公開で動かして欲しいけれど無理かな。動くところを是非生で見たい。

210904016.jpg
東長堀排水機場跡
多摩川下流域、海老取川流域にはこうした赤レンガ造の遺構が多いので目に優しい。

210904017.jpg
ここでも猫と目が合う
この子はこれ以上近寄ろうとするとサクッと逃げる。

多摩川にぶつかったので多摩サイを遡上。
210904018.jpg
赤レンガ造の旧堤防

210904019.jpg
六郷水門

210904020.jpg
六郷橋の下はいつも水はけが悪い
周囲より低いことに加えて六郷橋の路面に降った雨水を集積して真下にそのまま落としているから溜まる水量が半端ない。せめて路面上の雨水だけでもドレンパイプを繋いで離れたところに落とせないものだろうか。

210904021.jpg
そんなこんなで雨降る前に帰着
二時間ほどの区内ポタ終了



挨拶がわりに気が向いたら押してやってください。
にほんブログ村 自転車ブログ ブルベへ
にほんブログ村

関連記事
タグ: ロードバイク  ポタリング    ツールド御朱印 
2023Nov01Wed

【炎天下の】時差夏季休暇2021 #01【東京湾一周(湾イチ)】 

210826044.jpg
色鮮やかな黄色い花を咲かせる
ショウキズイセン(リコリス)


<走行ログ(合成版)>
※合成するとフェリー区間が算入されてしまうので実際の走行距離は約12km短い190km程度となる。

思いたって東京湾一周を敢行することに。
実は先日三浦半島に行った際計画ではもっと早く起きて鴨居八幡宮と、対岸の房総にある君津の人見神社を回ってツールド御朱印の三社目、四社目とする計画だったのだけれど寝坊してしまったために鴨居八幡宮のみでお茶を濁したという経緯がある。
その為今回は取りこぼしてしまった人見神社の御朱印をいただきに参ろうというのが主目的。

が、既にこの日も計画から大幅に遅れた時刻に目を覚まし、計画より二時間ほど遅れてスタートすることになった。反省とか学習と無縁な脳みそが腹立たしい。
210826001.jpg
専修寺関東別院前@08:00頃

この日は何から何まで準備が中途半端で、携帯は充電が半分くらい、Edgeも1/4程度放電している状態、テールランプも前回使用してから充電していないので若干不安。
210826002.jpg
第一京浜(R15)を南下
信号待ちでまずはテールランプを充電しておこうとトップチューブバッグ内のモバイルブースターに接続して充電開始、、、しない。
青信号になって交差点を越え、脇に停車して確認してみたら出がけに引っ掴んできたモバイルブースターが放電し切ってしまっていたのであった。ただの斤量ではないかというか一応テールライトはサドルバッグにも付いているので間に合わせにはなるけれど携帯が問題。

ということで鶴見のドン・キホーテに立ち寄り適当なモバイルブースターを購入して早速接続してみたら、、、よく確認せず購入したので充電済み品では無く、空の状態の商品だったので更に荷物を増やしただけなのであった。
正直ここまで色々やらかしていると先々事故に遭遇したり怪我をしたりという可能性が高くなる(=ハインリヒの法則)ので引き返そうかとも思ったけれど(まあ、これで厄落としにはなっただろう。)というポジティブシンキングのもと進むことに。充電に関してはおいおい考えればどうにかなるやろ。

気持ちを落ち着けるために美味しいものをいただくべく横浜市中央卸売市場の竹家食堂へ。
210826003.jpg210826004.jpg
本マグロ刺身とネギトロの「二色丼」
お腹と心を満たしてリスタート。

210826005.jpg
日本丸前で定点撮影

日本丸前から桜木町駅を通過して西進するので信号待ち。
この信号は結構長いのでついでにいち枚。
210826007.jpg210826006.jpg
下をのぞき込んだらいち羽のかもめが水を蹴って進んでいた

今回は房総半島へ渡るのが主目的なので寄り道せず最短経路で。とはいえ衣笠を過ぎたところで曲がり角をひとつ間違えちょっと迷子になりつつもどうにかこうにか久里浜フェリーターミナル到着。
210826008.jpg
出航30分前着

210826009.jpg
久々の乗船
思いの外車も乗客も少ないと思ったら平日なんだから当たり前だということに思い至るなど。「夏休み期間」といったところでわたし自身は時差休暇である。

210826010.jpg210826011.jpg
お天道様の下でノンアルビア

210826012.jpg
携帯充電器でモバブーとテールランプを充電

210826014.jpg
210826015.jpg210826013.jpg
丁度同じタイミングで出航したクレーン船と海驢島

210826016.jpg
クロスバイクレンタル二日間で3,000円ってお得では

210826017.jpg
13時ちょい前に金谷港に到着

金谷を出てすぐのところなのでついついスルーしてしまうレアスポットに立ち寄り。
210826018.jpg
山側は私有地
210826019.jpg210826020.jpg
坑口の半分以上が塞がれた島戸倉隧道

210826021.jpg
内房線のトンネルの味わい深い坑門

相変わらず南側からアクセスしようとすると対向車線の車列が切れずに道を横断しづらい燈籠坂大師の切通しトンネルに寄り道。
210826022.jpg210826023.jpg210826024.jpg
210826025.jpg210826026.jpg
平日なので車もひとも少ない
けれど、それを見越してじっくり撮影しに来る人もいるので景観を独り占めという訳にはなかなかいかない。

210826027.jpg
国道へアクセスする素掘りトンネル

平日だし13時を回っているのでそれほど混雑はしていないだろうと考え、昼食は竹岡式ラーメンの老舗梅の家で、、、と思ったら。
210826028.jpg
臨時休業期間突入中であった
9月2日以降も休む可能性がある、と。。。

210826029.jpg
内房線湊川橋梁
渋い鉄骨トラス橋梁である。

梅の家がお休みだったので上総湊駅近くのいこい食堂にお邪魔。
210826030.jpg
210826032.jpg210826031.jpg
ラーメンとチャーハンのランチAセットを
美味しゅうございました。

210826033.jpg
一路富津岬方面へ
この辺、路面の状況が非常に良好で走りやすかった。

210826034.jpg
佐貫町駅付近の程よく崩れたパチンコ店廃墟

細い国道をのんびり走っていたら「人見神社→」という表示。それに従い曲がってみると
210826035.jpg
何やら前方に急坂が見える
全く下調べをせず訪れたところ、この神社の境内は景観スポットとして有名なのであった。

210826036.jpg
激坂をひいこら言いながら登り切ってみたら

210826037.jpg
何のために激坂を登ったのか

仕方がないのでお参りをして周囲を軽く散策。
210826038.jpg
表参道は階段のみ
わたしは裏参道を登って来たということか。

210826039.jpg
ちびっこ狛犬

210826040.jpg210826041.jpg
拝殿(扉閉鎖中)

210826042.jpg210826043.jpg
確かに激坂登坂と引き換えの眺めは素晴らしい

210826044.jpg
あちこちに点在していたショウキズイセン
彼岸花には鮮やかだけれど毒々しさがあるのに対してこちらは色鮮やかだけれど毒が無い。

大目的を果たせずやや意気消沈したものの、朝寝坊に端を発した間抜け極まるあれやこれやは最終的にこの状況に至るであろうことを暗に示唆していたのだなあと。まあお天気には恵まれたので良しとしようと気持ちを切り換えリスタート。

210826045.jpg
袖ヶ浦海浜公園に寄り道

210826046.jpg210826047.jpg
この時間帯に袖ヶ浦にいるのは久し振り

あとは基本的にブルべコースを利用しながら北上し、千葉港から海岸沿いをひたすら走る、AJたまがわ東葛班主催ブルべでお馴染みのルートを走る。

210826048.jpg210826049.jpg
幕張付近で日没

210826050.jpg
雲の形がゴジラに見えなくもない

210826051.jpg
船橋港親水公園
AJたまがわ東葛班のスタート/ゴール地点。

普段東葛班主催ブルべに自走参加する際使うルートを走って都内に入り、19時を回ったところで夕食難民回避の為に門前仲町の弁慶に立ち寄ってラーメンを。
210826052.jpg210826053.jpg
背脂は標準量にて
美味しゅうございました。

お腹を満たして更に進み、永代橋で隅田川を渡る。
210826054.jpg210826055.jpg
永代橋のライトアップはしみじみエモいと思う

210826056.jpg
平日とはいえ人通りの少ないザギンの夜

210826057.jpg
札の辻交差点からタワーを眺む

第一京浜をひたすら南下して特に寄り道もせず。
210826058.jpg
専修寺関東別院前@21時頃
ちゃっちゃっと着替えて銭湯に行って夏休みのいち日目が終了。
210826059.jpg
「いつもの」照の湯ではない
照の湯は木曜日定休だからね。
他にも数軒あった中であえてここを選択したのはここには冷水浴槽があるというのがその理由。翌日も走行予定なので下半身を冷水浴でアイシングしておきたかったからである。




挨拶がわりに気が向いたら押してやってください。
にほんブログ村 自転車ブログ ブルベへ
にほんブログ村

関連記事
タグ: ロードバイク  ロングライド    ツールド御朱印  東京湾イチ 
2023Nov01Wed

【海鮮丼と】ランチついでに足を延ばして【御朱印集め】 

210822027.jpg
川崎稲毛神社に続いて二社目
残り八社も近々参拝して
秋までには結願と行きたいところ

きっかけは起き抜けにべいさんの、前日夜のこのツィートを目にしたこと。
210822000.png
本来なら土曜日から丸々一週間使った旅行中だったのだけれど、諸般の事情で急遽キャンセルとなってしまって土曜日は終日飲んだくれて過ごし、日曜日もイマイチ気分がすぐれなかったのでどうしたものかと結論を出しあぐねていたタイミングだったので渡りに舟な感じではあった。
とはいえ気分そのものはイマイチなのは変わらずで、なおもダラダラ過ごし結局横浜の中央卸売市場本場で海鮮丼を食べることにして11時頃ようやく出発。ついでに城ケ崎付近まで足を延ばして鴨居八幡神社で御朱印をいただいて来ようという計画。

今回は近場なのでバロンくん(FOCUS)で軽く流して、、、と自転車を抱えて表に出て、軽く踏み出そうとしたところ何度ペダルを踏みかえてもクリートが嵌まらない。先だっての興津400走行中にCリングが折損してしまったので新品に交換したばかりだというのに。
やや焦ってシューズを確認してみたら
210822001.jpg
ご丁寧にカバーまで装着していた
計画していた「旅行」で輪行予定で結構歩くはずだったからな。。。

210822002.jpg
今回のお供はこの子
長らく大型サドルバッグにしがみつかせていたのでしばらく出番が無かった。

<実走行ログ>
六郷橋を渡るのに、普段は上流側の歩道を使っているのだけれど今回はなんとなく下流側を使ってみる気になって多摩サイを下ってみた。
210822003.jpg210822004.jpg
水はけ悪くて困る
六郷橋の下、打ち放しゴルフ場付近は毎度毎度水はけが悪くて非常に走りづらい。

六郷橋を潜って土手天端に上がり、六郷橋下流側歩道を進む。
210822005.jpg
緊急事態宣言中すまんが都県境を越える

普段より交通量が少なめな第一京浜国道を南下してスムーズに横浜中央卸売市場へ。日曜日も営業している店舗は数店しかないのでそのうちの一軒、大黒家にお邪魔。

210822006.jpg
210822007.jpg
マグロ、ホタテ、イクラの三食丼¥1,300-

210822008.jpg210822009.jpg
焼き魚(サワラ)とメカブとしらすの小鉢が付く
大変美味しゅうございました。

目的のひとつを達成し、満足して次の目的地に向けのんびりポタポタ。
210822010.jpg
開港記念会館(ジャックの塔)

210822011.jpg
本牧山手トンネル
トンネルに挟まれたくさび状の建物群の感じが非常に好き。

210822012.jpg
気分を変えてR357のひとつ東側の道を南下

210822013.jpg
野島、夕照橋より
画像を拡大すると中央の電柱付近に雲からほんの少々顔をのぞかせた富士山の頂が見える。

210822014.jpg
置物のようなアオサギ

210822015.jpg
アスペクト比のおかしい筒井隧道
この辺でちょっと迷子になった。

210822016.jpg
210822017.jpg210822018.jpg210822019.jpg
いつもの田浦の廃線跡
海側に大型火薬庫の建設工事が始まっているし、この辺いつまで残っているでしょうかね。

210822020.jpg
破崎園地
野島で富士山がちょこっと見えたので期待したけれどさすがに無理だった。

軽いアップダウンを過ぎ、横須賀美術館前、観音崎園地を通過して鴨居八幡神社へ。
210822021.jpg210822022.jpg
海に向かった白い大鳥居

210822023.jpg210822025.jpg
境内にはバイクラックもある

210822024.jpg
小ぢんまりとした拝殿

210822026.jpg210822027.jpg
無事御朱印拝受
拝受済は川崎稲毛神社とこちらの二社で神奈川県内は完了。残るは八社。

目的は達成したのでのんびり久里浜まで足を延ばして引き返すことに。
210822028.jpg210822029.jpg
かもめ団地外周の歩道から

210822030.jpg210822031.jpg
浦賀で渡しを利用するのはお約束

小腹が減ったのでラーメンを食べることにして久し振りに久里浜の田島家へ。
210822032.jpg
味玉ラーメン
美味しゅうございました。

なるべく往路と被らないように復路を選んだけれど、ついうっかり夜間作業立ち会い業務を突っ込んでしまったのであまり遠回りも出来ず、要所要所被る。
210822033.jpg
横須賀線久里浜駅からの引き込み線
引き込み線というか緊急待避線みたいなものか。半ば廃線化している。

210822034.jpg
普段は往路で撮影する定点
往路は市場に立ち寄ったのでここを通過しなかった。

210822035.jpg
19時過ぎに帰着
この語銭湯で汗を流してから出勤という社畜ムーブをかましたのであった。


挨拶がわりに気が向いたら押してやってください。
にほんブログ村 自転車ブログ ブルベへ
にほんブログ村

関連記事
タグ: ロードバイク  ポタリング  海鮮丼  鴨居八幡神社  ツールド御朱印