fc2ブログ
02« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»04

日記超。-改・弐-

  : 

自転車だったりマラソンだったりトライアスロンだったりお酒だったり。

2023May23Tue

【オトナの社会科見学】再びの島松駅逓所【宮大工の技巧】 

221010030.jpg
ひと通りの説明の後いただいた
『赤毛』と呼ばれる稲穂と
駅逓所に関連した歴史の小冊子

関連エントリ⇒その壱その弐その参
※その壱ではほとんど触れてないw

四年前チコリンさんに連れて行っていただいた際には特に詳細な記録も残さずさらっと流してしまっただけだったので改めて記録に残してみる。

ブルべ明け、宿舎に帰着したのが7時8時過ぎ。午前中はブルべ中撮影した画像の整理をしたりダイジェスト版のブログエントリをUPしたりで過ごし、午後になって長期で借りているレンタカーのタイヤ交換の為に千歳空港近くのレンタカー営業所に立ち寄る用事があったのでついでにどこかに出かけたかったのだけれど、朝からひたすら降り続いている雨のお陰でどこに行くにも気分が乗らず、取り敢えず業務に必要なものを調達しに大曲のホームセンター経由で宿舎に戻ろうとした途中、四年前に訪問して以来島松の駅逓所に行けていなかったことを思い出した。正確には二回ほど訪問したけれどどちらも閉鎖期間中。

そんな訳で見学可能なタイミングで訪れたのは四年振り。
221010001.jpg221010002.jpg
ちゃんと入り口が開いている

入館料(大人¥200)を支払うと入場チケット半券とリーフレットをいただける。「簡単ですが案内をしましょうか?」受付のおじさんにそう問われて「ぜひお願いします!」と返す。四年前に一度聞いただけであれもこれも覚えている訳がない。因みに案内してくれたおじさんは四年前にチコリンさんと訪れた際にも説明をして下さった職員さんである。
順路に従って細かくあれこれ説明していただく。記憶に残っている四年前のそれよりも時間が長く密度の高い話だったように思えたけれどその記憶自体がアテにならんからなあ。。。

ガイドさんの説明はまずこの駅逓所を営んでいた中山翁についての説明から。
元は大阪の出身で紆余曲折の後島松に居を構え、寒冷地での稲作について試行錯誤を繰り返してついには稲作に成功し、北海道各地に自分が育てた種籾を無償で配布して北海道における稲作の基礎を築くことになった方。札幌に農業指導に来ていたクラーク博士らには「北海道は稲作不適合地だから水稲栽培は諦めて麦の栽培を進めるべき。」と言われながらも頑なに稲作にこだわった。

入り口を入ってすぐ、旅人が休憩する広間。
221010003.jpg
利用する旅人はここに上がって寛いだ

221010004.jpg
広間に隣接したこの駅逓所主人の中山翁とその家族が使用した部屋

221010005.jpg221010006.jpg
廊下の様子

明治天皇の行幸の際の行在所(あんざいしょ)として利用してもらうために増築した部屋の復元の際、『特別な間』としての意味を持たせるために畳に高麗縁を施した。
221010007.jpg221010008.jpg
京都御所にもこの文様の畳縁があるのだとか

「中山翁は洒落っ気のある人で、こういうところに遊び心を発揮していたんですよ。」とガイド氏
221010011.jpg
ウサギを模した釘隠し

天皇陛下と随伴の宮様を迎え入れる為に増築した部屋の釘隠しは趣向が異なり
221010009.jpg
天皇陛下が使う部屋には鏡を模したもの

221010010.jpg
宮様が使う部屋の釘隠しは真雁を模したもの
が、それぞれ施されている。

天皇陛下行幸の為に増築された部分の便所
221010012.jpg221010013.jpg
左が男子用、右が男女兼用
当然ながら衛生陶器なんぞない時代なので基本的にすべてが木製。男女兼用の便器の手前にある棒は手を置くためのものではなく、和服の裾を持ち上げて用を足すためのもの。

ひと通り案内をしていただいた後は自由にあちこちを見て回れる。
ひとりで見て回りあれこれ撮影した後に、建物の改修工事を担当した宮大工が主に使う柱材の仕口色々のサンプルをいじってためつすがめつ。
この辺の接手、仕口に関しては学生時代に習ったはずだけれどそんなもの日常的に目にしていなければ四半世紀も覚えている訳がない。という訳でサンプルをいじらせていただいた。

こういうのは動画で残した方が面白いのだろうけれど、とにかくない物ねだりをしても仕方がない。
221010014.jpg221010015.jpg221010016.jpg
四方蟻継
前後左右に押しても引いてもびくともしなかったらまさかの斜めスライドだった。

221010017.jpg221010018.jpg221010019.jpg221010020.jpg
箱継ぎ
これはシンプルでわかりやすい。さりとて作れるか?と問われたら否。一ヶ月くらい時間があっていくらでも材料を無駄にして良いならあるいは。

221010021.jpg221010022.jpg
包み十字目違い
これも一見シンプルながらかなり難しい。

鉄釘の代わりに竹のくさびを用いた仕口二種。どちらも計算されつくした断面で、竹くさびを差し込むとびくともしなくなる。
221010023.jpg221010024.jpg221010025.jpg
隠金輪継ぎ(かくしかなわつぎ)

221010026.jpg221010027.jpg221010028.jpg221010029.jpg
尻挟み継ぎ

案内がひと通り終わったところで「折角だからこれ持って行って。」といただいた稲穂と歴史小冊子
221010030.jpg
島松で栽培された稲の品種『赤毛』の稲穂と小冊子二つ

なんだかんだと一時間半近く滞在して表に出る。
221010031.jpg
クラーク博士が帰国時に通った道
坂道を下って来て、駅逓所前で待ち構えていた教え子や関係者と最後の別れの挨拶を交わし、有名な『Boys be ambitious』という言葉を残した。この言葉には続きがあって『…like this old man』というもので、この『old man』というのがクラーク博士自身を指すのかその場にいて親交のあった中山翁を指すのかは不明なのですと。

朝から雨降りだったし200kmとはいえブルべ明けだったのでまったり過ごしつつリフレッシュできたのでなかなか有意義ないち日でした。







挨拶がわりに気が向いたら押してやってください。
にほんブログ村 自転車ブログ ブルベへ
にほんブログ村

関連記事
タグ: 島松駅逓所  宮大工  仕口 
2023May24Wed

【命名】縁は異なもの味なもの【きたひろくん】 

220424024.jpg
新しい相棒との最初のポタ
小さいながらも走りはしっかり

業務で北海道に滞在するようになって丸々四ヶ月を超え、平年を遥かに上回る積雪量だったという冬もようやく去り行き、しつこく残っていた雪もあらかた姿を消してしまったのでそろそろ自転車に乗りたいな、と。そんな風に思っていたところ、諸事情あってもう乗らなくなってしまったという折りたたみ小径車、Tyrell-FSXを前オーナーさんから引き取らせていただく運びとなりました。

前オーナーさんから自転車を預かっていて、実際の送付手続きをして下さったひとみさんから「シクロエクスプレスで送付します。後輪がパンクしていて修理する時間の余裕が無かったけれど、サドルバッグに予備チューブが入っているのでそれを使ってください。」との連絡。予備の一本を使ってしまうと予備無しになってしまうので一応念のために20インチのチューブを購入しておいた。
事前に連絡があった通り24日(日)AMに無事自転車着弾。ヤマトが露骨に自転車配送業務から撤退したがっているので今後シクロエクスプレスの需要は高まるのだろうなあ。とか思いつつ。
220424027.jpg
到着したブツ

早速開梱し、事前連絡通りにパンクしていた後輪のチューブをサドルバッグに入っていた予備と交換していざ走りだし。
220424001.jpg
宿舎至近の輪厚川のほとりにて
(軽くその辺を流してこようか。。。)そんなことを考えていたら後輪に違和感が。最初はダートを走っているせいだと思ったのだけれど明らかに様子がおかしいのでタイヤを確認してみたらあっさり凹んだ。なんで?予備の新品チューブに交換したばかりなのに?

幸い徒歩でも2、3分程度のところだったのでそのまま押し歩き、宿舎に戻ってチューブの確認をしてみたものの穴らしき気泡は見当たらなかったので再装着してリスタート、がまたもや後輪から圧が抜けてしまう。再び宿舎に戻って改めて念入りにチューブをチェックしてみたところチューブ本体ではなくバルブコアからのエアー漏れなのであった。
220424028.jpg
シュワルベのチューブだったし
さすがにバルブコア回しは持っていなかったのでひとまずこのチューブを諦め、あらかじめ購入してあった予備の新品を引っ張り出して装着。走行中のアクシデント対応は不可になったけれどスタートが遅くなったから大した距離走れないし慎重に行けば無問題でしょ。と15時近くなってから漕ぎ出し。

【実走行ログ:2022/04/24】


まずは北広島駅前の百均に立ち寄り小物を調達。
そこからは札幌恵庭自転車道の北広島-恵庭区間を流してみることに。

220424002.jpg220424003.jpg
全長1.3kmほどの道営農免農道
なにがどうということも無かったけれどイラストが気になった。

農免農道に入ってすぐに自転車道入り口。
220424004.jpg220424005.jpg
自転車道入り口

220424006.jpg220424007.jpg
自転車道として整備されているのは3kmちょい

220424008.jpg220424009.jpg
220424010.jpg220424013.jpg
無人の自転車道をのんびり
この日は風が強かったからか他に走っている人を見かけなかった。

220424011.jpg
ふきのとう

220424012.jpg
畑を耕している光景はいかにも春といった風情

自転車道は道道46号線にぶつかって終了、そのまま歩道を走って恵庭市街地方面に向けてしばらく走ったところで島松川に行き当たった。ふと島松駅逓脇に島松川が流れていたことを思い出した。川沿いに遡上すれば駅逓に辿り着ける。前回車で訪れた時は雪に埋もれてしまっていたけれど今なら見学もできるのではないか。そう考えて川沿いの道を上流に向かって走り出す。
220424014.jpg
風が強いものの陽射しは優しい

220424015.jpg
煉瓦造のサイロ

予想通り辿り着いた駅逓は、しかしまだ内部開放時期では無かったのであった。
220424019.jpg220424020.jpg
惜しい、残念
内部見学はまたの機会に。

220424016.jpg220424017.jpg
220424018.jpg
記念撮影色々

220424021.jpg
北海道稲作起源の地の田んぼ


220424022.jpg220424023.jpg
でっかい鯉が遊弋する池

220424024.jpg
【謎の錨】でも記念撮影

暗くならないうちに引き返すことに。
途中ホームセンターに立ち寄りライトの調達。
吊り下げ式を購入したらワイヤーが邪魔をして付かなかったので上下ひっくり返して凌いだけれどちゃんと上面取付のタイプを改めて。
220424025.jpg220424026.jpg
GVOLT70⇒AMPP300

次回からはちゃんとした装備で走れる。
挨拶がわりに気が向いたら押してやってください。
にほんブログ村 自転車ブログ ブルベへ
にほんブログ村

関連記事
タグ: Tyrell  FSX  ポタリング  札幌恵庭自転車道  島松駅逓所