FC2ブログ
06« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08

日記超。-改・弐-

  : 

自転車だったりマラソンだったりトライアスロンだったりお酒だったり。

2022Aug01Mon

【自分にご褒美】Remember AH2400-02【贅沢三昧】 

220717064.jpg
AH2400ではコースに含まれていなかったため
ノシャップ岬を訪れたのは
実に約20年弱ぶりのこと

関連エントリ⇒AH2400走行記録-05同-06



オトンナイの風車を満喫してオロロンラインを北上。途中東に転針して幌延ビジターセンター(&展望台)へ。やや風が強かったのでおっかなびっくり状態で展望台に登った。
220717043.jpg
ビジターセンター

220717044.jpg220717045.jpg
センターに向かって左側、右側
長沼の水面が伺える

展望台を降りてビジターセンター内をひと通り見学してから木桟道散策路で長沼の畔を散策。
220717046.jpg
静かにひとりの世界を味わう

220717047.jpg
長沼

220717048.jpg220717049.jpg
ぽつりぽつりと黄色い花

220717050.jpg
湿原越しの利尻富士

220717051.jpg
220717052.jpg
220717053.jpg220717054.jpg
花を愛でつつ

220717055.jpg
220717056.jpg220717057.jpg
さっきのオゼコウホネとの違いがわからん

220717058.jpg
木桟道をのんびり歩く

220717059.jpg
湿原のあちらこちらにカキツバタの鮮やかな色

220717060.jpg
再び湿原越しの利尻富士

ビジターセンターを後にし、再びオロロンラインへ。
220717061.jpg
浜の流木越しの利尻富士が良い感じ

220717062.jpg
オトンルイの代替となる風車
ブレードが相当大きい。取り付ける様子をじっくり見学してみたいものである。

220717063.jpg
牧草のロール

サロベツ原野を抜け稚内市域に入る。ナビには宿の情報を入力していたのでノシャップ岬との分岐を右に進むよう表示されたけれどまだ明るいのでそのままノシャップ岬へ。
220717064.jpg220717065.jpg
約二十年振りとなるノシャップ岬
当時は稚内で一泊してから利尻で一泊、礼文に渡って北端から南端まで歩いたものだった。いわゆる『礼文ウォーク』というヤツだけれど、利尻から渡ったのでスタート時刻が昼近くになってしまい、ほかに人影もないなかひとり黙々と歩いたものだった。

当時の記録を紐解いてみようと思ったけれど、当時はBlogではなくHTMLで日記を書いていてcool onlineのサービスでホームページを運営していたのだけれどCoolのサービス終了時にデータを保存するのを忘れてしまったので今ではすっかり失われてしまったのであった。
自宅を引っ掻き回せばどこかにバックアップしたメディアでも転がっていそうだけれどな。。。

220717066.jpg
南側は山にガスがかかっている

220717067.jpg220717068.jpg
防波堤ドーム

宿に向かう途中稚内駅にも立ち寄り。道の駅と鉄道駅の複合施設になっていて『最北端線路碑』はガラス越しに眺めるようになっていた。
220717069.jpg
ここもやはり20年振り

細かな雨が降る中宿に到着。南稚内駅至近の温泉ホテル。
220717070.jpg
ホテル大将

まず温泉大浴場でひと風呂いただき部屋でビールを一本。当初は稚内駅方面まで繰り出して20年振りのタコしゃぶをいただこうかと思っていたけれど雨のお陰でその気が薄らいだので宿にほど近い居酒屋に行くことに。
220717071.jpg
途中見かけた海員会館
『一般客宿泊利用歓迎』ということなので記憶に留め置く。

居酒屋前に行ったら生憎おやすみ。そりゃ日曜日だもんねえ。仕方がないのでタクシーを捕まえ稚内駅方面へ。20年前にも利用した車屋・源氏に行ってみたもののこちらも休業。GoogleMapsでは「開店」だの「普段より混雑している」だのと表示が出ていたというのに見事に欺かれてしまった。

次善策としてすぐ近所にある割烹料理店竹ちゃんに移動。10組くらいの待ちだったけれど回転はそこそこ早そうだったし何より小雨そぼ降る中移動するのがイヤだったのでそのまま待機。
結局45分ほど待って店内に案内された。まあ、10組いてこの待ち時間なら御の字だろう。
220717072.jpg220717073.jpg220717074.jpg220717075.jpg
雨を避けられる玄関先で待機

生ビールから始めて日本酒を四合ほどいただく・
220717076.jpg220717077.jpg
生ビールから始める

220717078.jpg220717079.jpg
220717080.jpg
タコしゃぶ

220717081.jpg
生牡蠣

220717082.jpg
白身魚のお刺身

220717083.jpg220717086.jpg
卵焼き

220717084.jpg220717085.jpg
ホッケのメンチカツ

220717087.jpg
220717088.jpg220717089.jpg
利尻産の新鮮なアワビ
すっかりいい気分になっておいとま。大変美味しゅうございました。

酔った勢いで〆ラーメンを。
220717090.jpg220717091.jpg
220717092.jpg
澄んだスープの塩ラーメンをいただく
北海道ならではの紅白模様が逆転したナルトとお麩が乗る。こちらも美味しゅうございました。

まだ雨が降り続いているので稚内駅前まで移動してタクシーを捕まえホテルに帰還。
220717093.jpg
雨の稚内商店街アーケード

部屋に戻ってしばらく酔い覚ましの後温泉大浴場へ。
220717094.jpg
風呂上がりに飲もうと思っていたのに寝落ちした
ので北広島に持ち帰って翌々日くらいに干した。
気が付けば2時過ぎ頃でベッドの掛布団の上に大の字になって寝落ちしていたので改めて布団に潜り込んだ。


挨拶がわりに気が向いたら押してやってください。
にほんブログ村 自転車ブログ ブルベへ
にほんブログ村

関連記事
タグ: ドライブ  観光  稚内  ノシャップ岬  タコしゃぶ 
シャシン  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top
2022Jul27Wed

【春には消え去る】Remember AH2400-01【風車を愛でに】 

220717039.jpg
耐用年数を迎えるため
来年四月には解体撤去されてしまう
オトンルイ風力発電所の風車
代替風車は近傍で設置されるものの
ブレードの大型化、高効率化の為
設置数は1/3ほどになってしまう

関連エントリ⇒AH2400走行記録-05同-06

世間では三連休ではあったものの生憎土曜日が出勤日となってしまったため日、月二日間だけdのお休み。とはいえ結構間際になるまで旗日である月曜日が諸々調整の上休みに出来そうだと判明しなかったので何の計画も立てられずにいたのだったけれど折角2日休めるのだから一泊でどこかにのんびり出かけようと思い直し行先候補をあれこれ物色。

当初は自転車で帯広方面に向かうつもりであれこれ宿を探していたけれど直前になってふと思い立って天気予報を確認してみたら両日とも雨の予報。自転車で出歩けないのだったらいっそのこと二日間ダラダラ過ごそうかとも思ったけれど、幸いにして会社が長期で借りっぱなしにしているレンタカーはあるので車で遠出をする計画を練り、耐用年数を迎えるため来年四月には解体撤去されてしまうという報道を目にしたサロベツ原野のオトンルイ風力発電風車を眺めることをメインモチーフにしたドライブ計画。ハイシーズン価格でお高めではあるものの温泉大浴場のある南稚内駅至近のホテルを予約。

相変わらず週末酒量を過ごしてしまい、日曜日の目覚めは6時半に床の上。もそもそと準備を整え、約一時間後に出発。一路北を目指す。
<ルートは概ねこんな感じ:2022/07/17>

道央自動車道から深川・留萌自動車道に遷移しオロロンラインに。自転車と自動車の違いはあるものの四年振りのオロロンラインを北上する。
220717001.jpg
この辺りは晴れ間に恵まれた

AH2400の際も休憩に利用した道の駅 おびら鰊番屋に立ち寄り。
220717002.jpg220717003.jpg
220717004.jpg
220717005.jpg220717006.jpg
周囲を散策

220717007.jpg
揚げたてのタコザンギ
注文してから挙げてくれる。

館内資料室をざっと見て回る
220717008.jpg220717009.jpg
220717010.jpg220717011.jpg
220717012.jpg220717013.jpg
さすがに四年前にこの余裕はなかった

落ち着いたところでリスタート。
220717014.jpg220717015.jpg
背中合わせのクマ
四年前には気付かなかったけれどこうなっていたのか。

本日ひとつ目の目的地、ウニ丼をいただくべくチコリンさんにおススメされたお店ココ・カピウへ。
220717016.jpg220717017.jpg
んが、この日はウニ丼無し

開店時刻の11:00まで間があったので付近を散策。
220717018.jpg
220717019.jpg220717020.jpg
220717021.jpg
そこそこ天気に恵まれて嬉しい

11時丁度頃入店し、ウニ丼の代わりにほたて&かに&いくらの三色丼を注文。追加で単品のたこぶつを。
220717022.jpg220717023.jpg
220717024.jpg220717027.jpg
220717025.jpg220717026.jpg
浜を眺めつつの食事
大変美味しゅうございました。

満足して再び北上。
220717028.jpg
R232 羽幌町南端

220717029.jpg
四年前の記憶が蘇る

220717030.jpg
四年前入浴&仮眠した施設

220717031.jpg
R232 羽幌町北端
四年前は夜間通過になったので存在に気付かなかった、もしくは気付いても撮影困難なのでスルーしたのか、この辺は記憶が曖昧。

220717032.jpg220717033.jpg
旧国鉄羽幌線跡の橋梁

220717034.jpg
あちこちで咲いていたカキツバタ

220717035.jpg
道の駅 えんべつ富士見
個々も四年前休憩で利用した。

220717036.jpg
遠別漁港からの利尻富士

220717037.jpg
国道のひとつ海側の町道を進む
ここを自転車で走ってみたかった。

220717038.jpg
利尻富士を眺めつつ

天塩川を渡り右岸を進む。いよいよ今回最大の目的であるオトンルイ風力発電所風車群。
220717039.jpg220717040.jpg
220717041.jpg
あと半年ほどでなくなってしまう

220717042.jpg
少し頂が見えて来た


挨拶がわりに気が向いたら押してやってください。
にほんブログ村 自転車ブログ ブルベへ
にほんブログ村

関連記事
タグ: ドライブ  観光  オロロンライン  ココカピウ  オトンルイ 
シャシン  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top
2022Jul16Sat

【鉄分、ダム分】きたひろくんと-09参【そしてメロン】 

220703160b.jpg
夕暮れ時に出くわした
人馴れしたキタキツネ

<実走行ログ:2022/07/03>

ラッセル車に連結されている客車には自由に立ち入ることができるようになっている。
220703102.jpg220703104.jpg
客車内

220703103.jpg
ストーブ置き場

220703105.jpg
窓枠は木製

220703106.jpg
客車足回り

次の目的地である夕張シューパロダムに目をやる
220703110.jpg
かなり大きな堤体のダム
湖水面積日本第二位、貯水容積第四位という規模。

元々ダム直下に近い橋で夕張川を渡るつもりでコースを設定していたものの、地図には表示されていたけれど通行止めとなっていたので迂回して下流側から左岸に渡ってダムに向かう。

途中たくさんの蝶や蜂が集まっている一角があったので寄ってみた。
220703111.jpg
クサフジの群生

220703115.jpg
尻の色が濃いのでこの子はエゾオオマルハナバチ

220703112.jpg220703113.jpg
クロアゲハ

220703114.jpg
220703116.jpg220703116b.jpg
エゾシロチョウ

220703117.jpg
近くで見ると圧倒される偉容

220703118.jpg220703119.jpg
堤体頂部は徒歩のみ通行可

220703120.jpg220703121.jpg
ダム湖にダムを沈めるというなかなかレアな工事
大夕張ダムはシューパロダムの砂防用として沈められた。

220703122.jpg220703123.jpg
220703124.jpg220703125.jpg
魅惑の水没林

220703126.jpg220703127.jpg
あわよくば三弦橋を眺められるかと思っていたけれど、、、
よくよく考えたら数日前まで数日間まとまった雨が降ったのでほぼ満水な状態だったのであった。そのうち水位が下がったタイミングで改めて眺めに来てみたいもの。

ダム管理事務所にお邪魔。
220703130.jpg220703129.jpg
あれこれ内部展示を見学

220703128.jpg
ダムカードゲット
漁川ダムも同様だけれど日曜日でもダムカードを配布してもらえるのは非常に嬉しい。

ひと通り眺めを堪能したので帰路に。
220703131.jpg
夕張川を渡って再び右岸へ

220703132.jpg
模様からしてミドリヒョウモンらしい

220703133.jpg
ラップを大音量で流してブイブイいわしていたお子達
カブの方はエンジンを外してペダルクランクを装着した改造自転車だった。なにげにあれ欲しいかもw

来た道を引き返している途中『茹でトウキビあります!』という看板に釣られて農産物直売所に寄り道。トウキビと冷えたカットメロンを。
220703134.jpg220703135.jpg
どちらも甘くて大変美味しゅうございました

220703136.jpg
北海道札幌土木現業所のマンホール

往路で曲がった交差点を直進。往路でセイコーマートの存在を確認していたので給水の為に立ち寄ったところ、隣にあったソフトクリームのお店、工房あきんど屋が気になったので覗いてみたところ半割にした夕張メロンにソフトクリームを盛った、その名も『おおばんぶるまい』というメニューに目が釘付けになり迷わず注文。
220703137.jpg220703138.jpg
非常に贅沢なひと品¥1,300-
これまた大変美味しゅうございました。

220703139.jpg
こちらも夕張支線跡

220703140.jpg
JA夕張市メロンドーム
メロン食べ放題¥2,500-というのがあるけれどさすがに今回はパス。

220703141.jpg
沼ノ沢駅跡

220703142.jpg
JR北海道石勝線夕張川橋梁
こちらは現役。

そんなこんなで今回のルートであらかじめ決めていた最後の立ち寄りポイント『滝の上公園』へ。
220703143.jpg
JR北海道石勝線 滝ノ上駅

220703144.jpg220703145.jpg
滝ノ上発電所
『滝ノ上』と言いつつ滝の下流側にあるw

220703146.jpg
千鳥橋
これまた味わい深い佇まい

220703147.jpg220703148.jpg
千鳥ヶ滝
久し振りに滝成分補給。

滝も堪能できたしすっかり満足して今度こそ帰路に。
220703149.jpg
丁度目の前の踏切を通過して行った
220703150.jpg
社台ファームの馬たち

220703151.jpg220703152.jpg
幹線道路を回避して田園地帯を進む

220703153.jpg220703154.jpg
PBP最後の区間はなんとなくこんな感じだった
※諸事情あってLink先エントリにそれらしい画像はない。

220703155.jpg220703156.jpg
長沼町舞鶴付近
ステンドグラス調の装飾が西日を受けて鮮やかだったのがものすごく印象に残っている。

220703157.jpg
気分よく進む
この辺りから先は一週間前に走って気に入ったルート

220703158.jpg
舞鶴橋で千歳川を渡る

220703159.jpg
丁度針路に落陽
西日に向かってひた走る感覚は楽しかったけれどとにかく眩しい。

しばらく進んだところで対向車が大きく針路を変えて障害物を避けている様子が見えた。近づいてみたらそこにはキタキツネの姿が。
220703160b.jpg220703160.jpg
かなり人馴れしている様子
とはいえエキノコックスが怖いので近寄られたらむしろこちらが逃げる構え

一週間前は無駄に坂道を登って下ってという行程があったのでその反省を踏まえて途中から輪厚川沿いに西進して宿舎近傍に帰着。
220703161.jpg
この日の走行距離は142km
スタート時間が3.5時間ほど早かったので一週間前と同じくらいの帰着時刻で60kmほど余分に走れた。

という訳で きたひろくんと-09 終了



挨拶がわりに気が向いたら押してやってください。
にほんブログ村 自転車ブログ ブルベへ
にほんブログ村

関連記事
タグ: Tyrell-FSX  ポタリング  夕張メロン  夕張シューパロダム 
2022Oct04Tue

【鉄分補給と】きたひろくんと-09弐【カレーぞば】 

220703100.jpg
三菱石炭鉱業大夕張鉄道線
南大夕張駅跡の保存車両

<実走行ログ:2022/07/03>

石炭博物館地下展示を眺める。
トンネル内に往時の風景を再現した等身大ジオラマが配置されている。ひんやりとして床面は結露で濡れている。
220703051.jpg220703052.jpg
220703053.jpg220703054.jpg
手掘りの時代から機械掘りの時代への変遷

220703055.jpg
救護隊の装備

220703056.jpg
坑口神社
取り敢えず二礼二拍手一礼をば。

220703057.jpg220703058.jpg
220703062.jpg220703064.jpg
解説を読みつつ進む

220703059.jpg
赤平でも目にした自走枠

220703060.jpg220703063.jpg
ドラムカッターと削岩機
これも赤平で目にしたものと同じ形式

毎時00分、30分にドラムカッターと削岩機の作動実演がある。
220703061.jpg
削岩機の先端も回転する
こちらも赤平同様、かつてこの炭鉱で採掘作業に従事していた経歴を持つボランティアスタッフ氏の解説があったので耳を傾け、一通り話が終わったところで館外へ。

220703065.jpg
事故により閉鎖されてしまっている体験坑道

石炭博物館付近の今昔を印刷したオリジナルカードをいただく。
220703066.jpg220703067.jpg
往時と同じものは道路の他は大煙突くらい

220703068.jpg220703069.jpg
石炭の大露頭

220703070.jpg
閉鎖されている体験坑道連絡口

220703071.jpg
こちらはレプリカではない本物

丁度お昼時となったので夕張市街地で昼食をいただくことに。『ゆうばりキネマ街道』を進む。
220703072.jpg220703073.jpg
220703074.jpg
正直『遺棄された青梅』といった印象

220703075.jpg
廃病院の佇まい

時間が止まったかのような商店街の一角に真新しい店構えを見せる店舗がひとつ。今回事前にチェックしていた昼食候補のお店のひとつであるお蕎麦屋さん、吉野家へ。
220703076.jpg220703077.jpg
わたしの前の入店待ちがふた組
正午過ぎということもあってわたしの後からも次々に客が訪れる人気店。

220703078.jpg220703079.jpg
カレーそばとたまごごはんセットを注文
カレーそばはなかなか香ばしい味わい。卵も新鮮で美味しゅうございました。

お腹を満たしてのんびり移動開始。まずは旧夕張駅へ。この日は丁度『夕張バリバリメロンラン』というランニングイベント開催日だったので駅舎前には観光バスや行楽車があって人出も多かったので駅舎前を通過するのは避け、線路を挟んで駅舎、ホームの反対側の道路へ。
220703081.jpg
220703080.jpg220703082.jpg
220703083.jpg220703084.jpg
夕張駅ホーム跡

そのまま線路沿いに進む。
220703085.jpg
先述の『メロンラン』はここを走ったらしい

ふと前方を見やると大きな褐色の塊が線路脇に。良く良く目を凝らすとエゾシカなのであった。ほんの数時間前まで大勢のランナーが行き交ったところだし線路のこちら側は団地が建ち並んでるロケーションだというのに。
220703086.jpg220703087.jpg
真昼間の街中を悠然と
もうちょい近寄ろうと思ったら遠ざかって行き始めたので追いかけてみたけれど、団地の中を跳ねながら悠々と去って行ってしまった。

しばらく廃線となっている夕張支線沿いを西へ。
220703088.jpg220703089.jpg
鹿ノ谷駅付近、複線時代の名残
黒い橋脚は単線営業となった時点で廃線となったもの、赤い煉瓦の橋脚は2019年の廃線まで単線で供用されていた。

220703090.jpg
廃線から三年、まだまだそのまま使えそう

220703091.jpg
線路沿いの道は時折ダート

幸福の黄色いハンカチ・想い出広場。立ち寄ってみようかと思ったけれど入場料金必要だし少し歩かないといけないので時間も無いし、、、で断念。
220703092.jpg220703093.jpg
寄り道はせずスルー

しばらく進んだところで大きな煙突がそびえていたので立ち寄り。
220703094.jpg
ゆうばり温泉 ユーパロの湯(2017年より休業中)

220703095.jpg220703096.jpg
説明書きが切なさを誘う

220703097.jpg220703098.jpg
夕張支線跡
あまり廃線っぽさを感じさせない。なんなら現役供用中のわたらせ渓谷鉄道だって線路にこのくらいの草生えてる。

220703099.jpg
道端に普通に繋がれている

夕張駅方面からの緩い下りが終わり、再び緩い登り坂。本日の目的地ふたつ目、大夕張へと向かう。
三菱石炭鉱業大夕張鉄道線南大夕張駅跡到着。
220703107.jpg220703109.jpg
南大夕張駅跡

220703108.jpg
220703100.jpg220703101.jpg
黒光りするラッセル車の重厚さ
ジョージ・A・ロメロ監督作品でゾンビの群れを蹴散らして走り抜けそうな偉容w



挨拶がわりに気が向いたら押してやってください。
にほんブログ村 自転車ブログ ブルベへ
にほんブログ村

関連記事
タグ: Tyrell-FSX  ポタリング  夕張メロン  夕張市石炭博物館  南大夕張駅 
2022Jul14Thu

【ヤリキレナイ】きたひろくんと-09壱【夕張メロンなやさぐれポタ】 

220703007.jpg
地図でこの川を見つけたので
今回のルートが決まったのであった
ヤリキレナイ、やさぐれポタリングw


<実走行ログ:2022/07/03>

前の週は前日の痛飲が祟って予定を短縮したコースを走ってお茶を濁したので満を持して当初計画通りのコースを走ることに。
とはいえまずは長沼町のあいチュらんどに立ち寄る予定だったので開店時刻の9:00から逆算して8時半頃スタート。
220703001.jpg
旧夕張川、馬追運河沿いをのんびり
この辺りは一週間前に走った道と同じ。まあその時目にして気になったお店に立ち寄るのだから当たり前と言えば当たり前。

長沼町中心部に入り、予定通り9時ちょい過ぎにお目当てのあいチュらんどに到着。
220703002.jpg220703003.jpg220703004.jpg
期間限定生いちごソフトクリームを
生乳の風味が濃厚なソフトクリーム。美味しゅうございました。

一週間前とはここからルートが変わる。それでも由仁町側に抜けるにはやっぱり坂道を越える必要がある。
220703005.jpg220703006.jpg
桂坂がこの坂の名前(かな?)

坂道を下ったところで一本の小川を渡る。その名も『ヤリキレナイ川』
220703007.jpg220703008.jpg
語源はいたって普通

220703009.jpg
アスファルト上でぱたぱた

220703010.jpg
サイクリング日和な空模様
ちと気温高めだったけれど。

220703011.jpg
テントが古びているのに文字だけくっきり

220703012.jpg220703013.jpg
廃校(中学校)跡
道沿いには廃校が点々と残されていた。

220703014.jpg220703015.jpg
夕張市に突入
勝手にイメージしていた夕張と札幌(北広島)との位置関係は実際の距離の倍くらいで、よくよく考えてみたら帯広辺りと混同していたようである。ぼんやり地図を眺めていて(こんなに近いなら日帰りツーリング余裕やん!)と思ったのが走ろうと思ったきっかけ。

220703016.jpg
寺院とは思えないファサード
パッと見地域の集会所の類かと思った。

道は道道38号に突き当る。まずは左折して夕張市内へ。
220703017.jpg
気温が高くなって来たのでドクペで休憩


220703018.jpg
時間が止まったかのような佇まい
『ビデオディオ』という表現は初めて目にした。

緩い坂道を登っていたら『冷えたカットメロンあります』という看板が目に入ったので早速立ち寄り。
220703019.jpg
220703020.jpg
1/4カット¥500-
良く冷えていて瑞々しく甘い。大変美味しゅうございました。

220703021.jpg
夕張市のマンホール

ひとまず満足して本日ひとつ目のメイン訪問先である夕張市石炭博物館へ
220703022.jpg
往時をしのばせるものはこの煙突くらい
煙突の下に広がる駐車場は初代夕張駅跡地。

220703023.jpg
220703024.jpg220703025.jpg
夕張市石炭博物館
火災により『体験坑道』見学が無期限中止、おそらくは再開されないだろうと赤平炭鉱で内部を解説してくださったボランティアさんから伺っていたのでちょっと残念。

220703026.jpg
220703027.jpg220703028.jpg
『坂を登りながら学べる』とはいえ標柱小さ過ぎw

220703029.jpg220703030.jpg
正面玄関前の展示

チケットを購入し、案内係の説明を受け、展示室に入る。
220703031.jpg
220703032.jpg220703033.jpg
『大きな機械』には浪漫がある

展示室内部をあれこれ眺めつつ。
220703034.jpg220703037.jpg
220703035.jpg220703036.jpg
坑道地図や模型類
坑道の張り巡らせ方は赤平の方がはるかに複雑だったけれど生産量はこちらの方が上だったことを考えるとかなりまとまった炭層だったのだろうと想像できる。

220703038.jpg
2Fの常設展示エリアに進む

220703039.jpg220703040.jpg
怨念のこもった言葉だなあ

220703041.jpg
220703042.jpg
220703043.jpg220703044.jpg
220703045.jpg220703046.jpg
220703047.jpg220703048.jpg
常設展示物あれこれ

220703049.jpg
立坑に見立てたエレベーターで地下に降りる

220703050.jpg
採炭救国抗夫の像(レプリカ)がお出迎え
一瞬(義足なのか?)と焦るなど。


挨拶がわりに気が向いたら押してやってください。
にほんブログ村 自転車ブログ ブルベへ
にほんブログ村

関連記事
タグ: Tyrell-FSX  ポタリング  夕張メロン  夕張市石炭博物館