FC2ブログ
12« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»02

日記超。-改・弐-

  : 

自転車だったりマラソンだったりトライアスロンだったりお酒だったり。

2024Jan21Sun

【休日朝の】再びの鮨らぁ~麺、再びの廃線【ポタリング】 

240120016.jpg
少し曲げの入った斜め梁
曲点にスチフナー(補強板)が付けられているので
構造上意図的に曲げたのだろうとも思えるけれど
意匠の一環かね?

関連エントリ⇒廃線と海鮮と洗車とマダナイ

<実走行ログ:2024/01/20>

金曜日の晩、結構な残業をしてしまったので帰宅途上で寄り道してうどんを食べて帰宅したのが23時過ぎ。なんやかんやとやっていて2:10から始まったJAXAの『小型月着陸実証機(SLIM)月面着陸成功に関してのl記者会見Live中継』を観始めたらさわりだけで寝落ちしていて目覚めは5時半。

前夜寝落ちする前に確認した天気予報では自宅周辺区域の雨降り始め予想時刻は日没後しばらく経った19時頃だったので、その時点では日曜日は朝から雨予報なのだから土曜日は軽くまた三浦にでも行こうかと考えていたのだけれど、目覚めてから確認した天気予報では随分と前倒しになってしまっていて15時頃には小雨がぱらつくような表示になっていたので遠出は断念。
さてどうしたものかとしばし思案。横浜中央卸売市場で朝ごはんを食べて、その後先週訪問して気に入った瑞穂鉄橋周辺の廃線を眺めつつ、後は周囲の海辺や水路を眺めつつポタして来よう。そんな感じのざっくり計画。

240120001.jpg
7時15分くらい

R15を南下して約12km、8時ちょい前頃市場に到着。
240120002.jpg
約二週間ぶり

カウンター席のみの店内には先客が一名。カウンター内には板前さんがひとり。今回は限定の貝出汁らぁ~麺+鮨五貫のセットを。ちなみに券売機には対応ボタンが無いので通常の五貫セットの食券に差額の現金¥100を渡すシステムだった。ボタンが無くてしばし狼狽えてから板前さんに尋ねて判明。後ろに順番待ちの客がいなくて助かった。
240120003.jpg
『限定』に弱い俗物である

セットの五貫は日替わりのおすすめ握りと定番五種とが選べるので今回は日替わりにした。
240120006.jpg240108a07.jpg
日替わりと定番のお品書き

240120004.jpg240120005.jpg
お鮨とらぁ~麺
大変美味しゅうございました。
個人的には『ラーメン』『らぁ~麺』と表記するのはあまり好きではないのだけれど、まあそこはそれ。

市場を出てコットンハーバーへ抜ける遊歩道へ。
240120007.jpg240120008.jpg
浅野造船所浅野ドック跡
今回は床版が乾いている。前回観た時は水が溜まっていたけれど、定期的に排水しているんだろうか?

コットンハーバーから瑞穂大橋を渡って瑞穂埠頭へ。
240120009.jpg240120011.jpg
瑞穂橋と瑞穂鉄橋

240120010.jpg240120012.jpg
瑞穂鉄橋手前の廃線の様子

240120013.jpg240120015.jpg240120014.jpg
240120018.jpg240120019.jpg
一週間ぶりの瑞穂鉄橋
リベット接合と溶接接合のディテール。

240120016.jpg240120017.jpg
アーチ頂部の梁は緩やかに湾曲している

240120020.jpg
米軍基地(North Dock)敷地内に伸びる線路

この点でTwitter(現X)のTLを確認してみたらべいさんのツイートが丁度TOPに表示されていたのだけれど、雨雲の状況がちょっとヤバそうだったのでレーダー画面をチェックしてみたら「あと5分で雨が降り始めます」との表示。感覚的にはまだ持ちそうな気がしなくもなかったけれど、軽く周囲を眺めつつ引き返すことにした。
240120021.jpg
画面右奥が瑞穂鉄橋への分岐

240120022.jpg240120023.jpg
三井倉庫用引き込み線跡

240120024.jpg
コットンハーバーから東京側を見る
この周囲は以前あった龍宮橋が撤去され、運河が埋め立てられているので数年後にはタワマン林立していそうだな。将来的には高島線の旅客利用の話も再浮上してくるのでは無かろうか。

240120026.jpg240120025.jpg
引き込み線のカーブなりに建てられたビル
道路の線形やこうした建物に在りし日の鉄道線路の存在が伺えるのは見ていて楽しい。

天気予報的にはもうじき雨が降る時間帯になりそうだったけれど、雨雲レーダー画面をチェックしてみたら『20:00頃雨が降り始める予報です』ですと。30分前に『あと五分で降る』って言われたんだけどな。。。とはいえリスクを取っても良いことないのでサクッと帰宅。
240120027.jpg
今回は25kmちょいの『朝食ポタ』でした




挨拶がわりに気が向いたら押してやってください。
にほんブログ村 自転車ブログ ブルベへ
にほんブログ村

関連記事
タグ: ロードバイク  ポタリング  釣りきん  瑞穂鉄橋 
2024Jan20Sat

【なんだかんだで】目論見違いの三浦イチ【結果オーライ】 

240114040.jpg
冬の期間のお楽しみ
まるよし食堂の
はばのり定食(黒鯛煮付き)


<実走行ログ:2024/01/14>

1月8日に行きそびれてしまった逗子市小坪のゆうき食堂に今度こそお邪魔しようと考え、遅めの朝食をそちらでいただいた後、適当にゆるゆる三浦を流そうと8時頃自宅を出発。
240114001.jpg
8時頃出発
当初は7時には出るつもりでいたのだけれど洗濯やらなんやらの雑務を片付けていたら一時間遅れてしまったという、まあ『いつものこと』

冷え込んだ、雲一つない晴天だったので富士山がキレイに見えるだろうと思って多摩川CR経由で六郷橋に向かう。
240114002.jpg240114003.jpg
緑地駐車場入り口スロープから

240114004.jpg
六郷鉄橋下の水溜まりは氷が張っていた

240114005.jpg
六郷橋を渡りつつ
CR経由で六郷橋を渡ろうとすると階段担ぎ上げを厭わない場合を除けば下り車線側の歩道にアクセスせざるを得ないので欄干が邪魔をしてちょっと残念な眺めになる。

しばらくR15を進む。六郷橋を渡るときにパスした女子3人組のロードバイク乗りが信号待ちの度に追いついてくるので後方が賑やか。
240114006.jpg
鶴見川を渡る橋の路肩が凍結していた

しばらくしたら信号に引っかかったのかコースを逸れたのか、後方のにぎやかさが失せいつものように淡々と一人で進む。
240114007.jpg
定点:帆船日本丸

240114008.jpg
ミズクラゲが結構大量にいた

240114009.jpg
朝から人で賑わう汽車道の様子

桜木町から内陸へ、鎌倉街道で上大岡を抜け釜利谷から六浦に抜ける、BRM106神奈川200km逗子参加の際、なぜか道を間違ってしまった『いつもの逗子行きコース』で逗子に向かう。
途中逗子第一運動公園に展示してある京急デハ601号で鉄分補給の記念撮影。
240114010.jpg240114011.jpg240114012.jpg
京急デハ601号と

1月6日にミスコースした箇所をことごとく克服し、途中【逗子一周駅伝大会】が開催されていたようで信号がなかなか変わらなかったりしたけれど無事京急逗子葉山駅へ。【逗子200】で通った道をそのままトレースしてR134へ。
240114013.jpg
この日も富士山はキレイ

240114014.jpg240114015.jpg240114016.jpg
R134を一路西へ
沖にいるヨットは大会だったりするんかな?

先だってのmoritoさんとの遣り取りで話題になったお地蔵さんのところから小坪に降りる。
240114017.jpg240114018.jpg
まあ【初見殺し】よね

坂道を降りてゆうき食堂に向かったら背後から「がんばれ!」とか「あと少し!」とかいう声援が聞こえて来た。第一運動公園付近を通過したときには既にほぼ全選手が走り抜けてしまった後だったようだったけれど、ショートカットして追い越してたような形になってしまっていた 。
240114020.jpg240114021.jpg
ひとまず選手を見送る
この先がゴールらしい。

で、改めてゆうき食堂の様子を確認してみたら絶賛開店準備中。朝そこそこ早い時刻から営業しているはずという根拠なき思い込みが打ち砕かれてしまった。開店は11時30分なのであと一時間以上もある。
240114022.jpg
今回もまたおあずけになってしまった

取り敢えずお店の開店を待つにしても一時間どこかで潰さにゃならんので移動。
240114023.jpg
逗子海岸は良いお天気でした

朝ごはんを食べる気満々で来たので腹が減っていたため、この時間帯で食事もできるスポット808cafe10Rへ。
240114024.jpg240114025.jpg
240114026.jpg240114027.jpg
コーヒーと野菜たっぷりのホットサンド
美味しゅうございました。
ボリューミーなホットサンドは具が熱々だったので上あご内を軽く火傷。火傷に気遣いながら食後のコーヒーを啜りつつ以後の予定を検討。宮川のまるよし食堂までは約30km強ほどなので11時前のこの時間帯に出発すれば正午過ぎ、12時半頃までにはお店に到着できるし、(この時期なら冬季の風物詩的メニューであるところの【はばのり定食】がいただけるはず!)ということでまるよし食堂に向けリスタート。12時台の到着では入店待ちで時間がかかるかも知れないけれど(特に時間が厳しいわけではないのでいつまでだって待ってやる!)と意気込んだものの、そういう時は往々にして意気込みが無駄になる。

リスタート時刻は間もなく11時になろうとしている頃合い。10Rのお隣の人気店まるわ食堂は開店時刻が11時ということもあって20名ほどの開店待ち行列ができていた。一瞬そのまま行列最後尾に並ぼうかとも思ったけれど、さすがにホットサンドを食べた直後なのでそこまでしてご飯を食べたいとは思えなかったのでそのまま出発。
240114028.jpg
渚橋手前から

240114029.jpg
240114030.jpg240114031.jpg
真名瀬海岸からの眺め
名島(菜島)の鳥居と葉山灯台、江の島越しに富士山がここまでキレイに見えるタイミングに遭遇できたのは実に久し振りのこと。

240114032.jpg240114033.jpg
長者ヶ崎から
沖に見えるSUPを堪能する人たちが気持ちよさそうでちょっと(?)羨ましかった。

なおもR134を南下してマーロウへ。オカダさんがFacebookにUPしていた40周年記念ビーカー(陶器製)が欲しくて立ち寄ったのだけれど2023限定ビーカーの羊のショーンビーカー(こちらも陶器製)もあったので二つとも購入。「どちらもカスタードですがよろしいですか?」とお店の人に問われたけれど「器が欲しいので♪」と返した。
240114034.jpg240114035.jpg
マーロウにてプリン二個購入
一個だけの購入なら蓋をしてそのまま袋に入れて渡されることになっていたものの2個注文したので箱に保冷剤と共に入れて渡していただけたのだけれどそれが後に幸いする。

三崎口駅前を通過してしばらく進み、坂を登って軽く下った先の松輪入口交差点を左へ。かつてマグロ丼のお店ぢんげるがあったところは久しく更地になったままである。

三浦半島内陸の高台を走りつつ畑の向こうに宮川公園の風力発電風車越しの海を眺める。
240114036.jpg240114037.jpg
いかにも「三浦だなあ」という風情

240114038.jpg
まるよし食堂に到着
店内は空席が二つ三つ。てっきり店外に順番待ちの客が数組いるだろうと覚悟していたので少々肩透かし、とはいえ非常にありがたい。窓際の席に座って早速はばのり定食を注文。

240114043.jpg240114039.jpg
当然黒鯛煮が付く方を

240114040.jpg
240114041.jpg240114042.jpg
はばのりと黒鯛煮
大変美味しゅうございました。

240114044.jpg
大根と愛車

240114046.jpg
食後に宮川漁港を眺めつつ

240114047.jpg240114048.jpg
のんびり穏やかな日差し

240114049.jpg
まるよしの船だ
日向ぼっこを済ませてリスタート。けーこ隊長が観音崎でお昼ごはん中、食後は城ケ島の水仙を眺めに向かうとのことだったのでどこかでスライドしそうだ、とかリプライ。

240114050.jpg
毘沙門湾

240114051.jpg240114052.jpg
旧フジトモ商店付近から
この辺りから富士山が見えるのは知らなかった、、、とツイートしたけれど、随分前に気が付いていたけれどすっかり忘れていたことを思い出した。

三浦海岸から野比海岸へ。この辺りはやや追い風気味なので気分良く流していたら前方から見知ったシルエットのけーこ隊長。斜め前方からだとケルビムの赤いフレームが、細い割には結構目立つ。
歩道に上がってしばらくあれこれ。折角自転車乗る気になってポタし始めたら風つよいし。と、マーフィーの法則的なことをのたもうておられた。
けーこ「(城ケ島の)水仙見ました?
とり「いや、まるよし食堂行くのに元ぢんげるの交差点からショートカットしたから城ケ島行っていないんですよ。
けーこ「ぢんげるは行ったことあるけどまるよしは無いんだよなあ。
城ケ島で水仙を眺めてマーロウでプリンを買って帰るという後ろ姿をお見送りしつつ水仙ならこの辺にもたくさん咲いてる。とか思ったり。

240114053.jpg
けーこ隊長の後ろ姿

240114054.jpg240114055.jpg
立ち話をしていた周囲にも水仙の群生

久里浜を抜け浦賀に向かう途中浦賀燈明堂へ寄り道。千代ケ崎砲台跡も公開中だったけれど少々時間が足りない気がしたので今回はパス。
240114056.jpg
浦賀燈明堂

240114057.jpg240114058.jpg
240114061.jpg
240114060.jpg240114059.jpg
燈明堂海岸は三浦で最も好きな場所のひとつ

240114062.jpg
沖に海驢島灯台が見える

240114063.jpg
240114064.jpg240114065.jpg
浦賀湾西岸から渡し船利用
横須賀市外民の運賃が¥400-に値上げされてから利用するのは初めて。

東岸に渡り東叶神社前を通過してかもめ団地方面へ。堤防沿いの歩道を進む。
240114066.jpg24011406.jpg
かもめ団地外周歩道

日が傾いて来たので半島東側は日陰が多くなって強めの風と相まってややもすると肌寒い。とはいえ概ね追い風基調なので気分良く緩いアップダウンを越えて行ける。

240114067.jpg240114068.jpg
破崎園地から横須賀市街越しの富士山
この日は間違いなくここから富士山が拝めると踏んでいて楽しみにしていた。朝の内なら冠雪もキレイに見えるだろうけれど光の加減でこの時間帯はシルエットになるがそれはそれで味がある。

すっかり満足して帰路に。折角なので【羽田大鳥居200】では訪れなかったヴェルニー公園に立ち寄り。
240114069.jpg240114070.jpg240114073.jpg
日米の水上艦、潜水艦を背景に

240114072.jpg
この遊覧船にも乗ってみたい

240114071.jpg240114074.jpg240114075.jpg
軍港の眺め

240114076.jpg
戦艦陸奥 第四主砲 砲身
時間のある時に陸奥の精密模型も見学しておきたいもの。

240114077.jpg
お久し振りのスカレー

240114078.jpg240114079.jpg
横須賀駅脇の踏切で電車の通過待ち

240114080.jpg
なんとなく気になった『9→翌7』の補助標識

追い風に押されて気分良くR16→R15と走り抜けて、さすがに暗くなる前には無理だったけれど暗くなってほどなく帰宅。
240114081.jpg
17時半頃帰着
当初の目論見はゆうき食堂での食事でそれは叶わずだったものの、終わってみればいつものように楽しいポタになりましたとさ。
それにしてもゆうき食堂、いつ行こうかな?



【おまけ】
「マーロウでプリンを二個購入したことにより箱入りとなったことが奏効した。」というのはこういうこと。一個だけだったらわたしのプリンもシェイクされていたことでしょう。







挨拶がわりに気が向いたら押してやってください。
にほんブログ村 自転車ブログ ブルベへ
にほんブログ村

関連記事
タグ: ロードバイク  ポタリング  三浦半島  まるいよし食堂  マーロウ 
2024Jan17Wed

【5日前の計画】廃線と海鮮と洗車とマダナイ【リトライ】 

240113005.jpg
JR高島線(貨物線)の支線
高島貨物駅から米軍基地(North Dock)へと至る
瑞穂橋梁

関連エントリ⇒MM⇒マダナイポタ

<実走行ログ:2024/01/13>

BRM102さくら200km羽田大鳥居参加時に油壷付近から逗子付近まで、そこそこしっかり雨に打たれてしまったので洗車でもしようと思い、元々の計画では年末年始休暇最終日の1月9日にTRYCLEで洗車してもらってからマダナイにでも、、、と計画していたのだけれどTRYCLEの営業予定を確認してみたら休業日だったために洗車は後回しにして取り敢えず逗子小坪のゆうき食堂に行こうと思ったところRD不調も相まって横浜中央卸売市場で遅めの朝食を摂って引き返し、SNELでRDの調整をしてもらってからマダナイにお邪魔したのが前回のポタの経緯。

今回は、その計画を改めて実行すべくTRYCLEでの洗車予約。開店直後でも11時からとなるので朝の内から少し走っておこうと考え、距離を勘案して到着時刻を逆算し、前回営業していなかった竹家食堂で遅めの朝食を摂ってからの移動という計画。丁度「そろそろ解体が取り沙汰されるのでは?」というコラムを目にしたのでJR高島線支線瑞穂橋梁を眺めてからにしようと考え一路瑞穂埠頭方面へ。

240113001.jpg
スタートは7時半頃

いつものようにR15を南下。生麦魚河岸通りには入れないのでそのまま進む。
240113002.jpg
国道側から見たJR国道駅

東神奈川二丁目交差点を左折したら目と鼻の先が目的地。
240113005.jpg240113006.jpg
本邦初の溶接工法を採用した鉄道橋
リベット留めと溶接を併用した、独特の風情のある鉄橋。前後の廃線、隣接する瑞穂橋と合わせてもう少しじっくり観察してみたいので近々改めて時間を取ってゆっくり眺めに来てみたい。
大黒埠頭の産業道路脇の支線は今大々的にレールの撤去工事が始まっているし、あまり時間的な猶予が無いかも知れないのでなるべく間を置きたくない。

240113004.jpg240113008.jpg
線路の先は米軍基地敷地内に消える

240113007.jpg240113009.jpg
真っ赤に錆びた佇まい

240113010.jpg
瑞穂大橋からの眺め

コットンハーバーから中央市場に抜けるためには海側の高架路(コットン大橋)が自転車通行不可のため一旦R15まで戻らなければならないものだとこれまで思い込んでいたものの、細い遊歩道的な道が市場センタービル脇に抜けていることに気付いたのでそこを抜けてみた。これは便利。
240113011.jpg
浅野造船所浅野ドック跡
もう少し俯瞰で見やすいポイントないかな。。。

横浜中央卸売市場本場・青果部敷地に入り、構内を行き交うフォークリフトやターレットを躱しながら竹家食堂へ。
240113012.jpg
240113013.jpg240113014.jpg
マグロ切り身と中落ちネギトロの二色丼
大変美味しゅうございました。

横浜中央卸売市場からTRYCLEまでの距離は約30kmなので移動時間を2時間見込んで8時半頃リスタート。早めに到着したらCROSS COFFEEでお茶すれば時間潰しもできる。
240113015.jpg
前からこんなの書いてあったっけ?
とか思って撮ってみたけれど随分前にも目にしたような記憶がおぼろげながら。

240113016.jpg
冬枯れの並木道

240113017.jpg
遠くから目立つピカピカの給水塔

気分良く緩い下り坂を下っていたらいきなり遭遇した進入禁止標識。これ罠だろ!?と思うようなタイミングで現れたので、気付いて慌てて停まったけれど2、3m進んでしまった。後続の車が来ないことを確認して押し歩きで戻って側道へ。
↓場所はここ↓

240113018.jpg
とはいえ予告的な標識の設置場所もないか。。。

概ね想定通り、予約した11時より40分ほど早い10時20分頃CROSS COFFEEに到着したのでホットコーヒーをいただきながらまったり。店内に見知った顔はなし。
240113019.jpg
朝ごはんは済ませたのでコーヒーのみ

もうじき予約時刻というタイミングでおいとましてTRYCLEへ移動。ぼんやりしていて通り過ぎてしまって引き返すなど。
240113020.jpg240113000.jpg
新年初洗車

愛車がキレイになったところでマダナイに向けてリスタート。鶴川街道から甲州街道、山手通りというシンプルなルートにした。多摩川を越える際、後方にイジチさんがいたらしいけれど気づかなかった。
240113021.jpg
甲州街道ケヤキ並木
いくつかの幹には紅白縞の帯が巻かれていたけれど、あれは伐採予定なのだろうなあとか思いつつ。メンテするにもコストがかかるし倒木の可能性もあるから弱っているものや太くなり過ぎたものは伐採するしかない。残念だけれどそういうこと。

目白通りにぶつかったところで一旦マダナイとは逆方向へ向かう。昼食は行列ができることで有名なつけ麺のお店丸長目白店へ。到着は12時半頃で15名ほど並んでいたもののそれなりに回転が速いお店なので30分ほどで座席(とはいえカウンターのみ)に案内された。生憎チャーシューが品切れになってしまったそうだったので今回はやさいつけ麺(中盛り)を。
240113022.jpg240113023.jpg
やさいつけ麺(中盛り)
美味しゅうございました。
食べ終えて店外に出てみたらわたしが到着した時の倍くらいの行列になっていた。タイミング良かったな。。。

リスタートしてちょっと思い付きで普段と違うルートで向かってみようと思ったけれど西武線に並行して通る道が無いのでジグザグ走って思いの外時間をロスした感。やはり思い付きで物事を行うとロクなことにならん。
240113024.jpg240113025.jpg
そんなこんなでマダナイ着
最近わたしがお邪魔する時は大抵ひと組かふた組先客がいるのだけれどこの日は無人。雪が降る予報だからみんな家に引きこもっているのかなあ。とはゆりかさんの弁。朝から結構暇だったらしい。

まずは前回持参し忘れたお土産をお渡し。1月4日に新橋で飲み会があった際、時間潰しでうろついていた時に銀座博品館で見つけた、真っ黒でよーさんっぽいので迷わず連れ帰った(お金は払った)子。
240113026.jpg
ソーラー駆動で手が動く招き猫

240113027.jpg240113028.jpg
ブラジルとチーズケーキをいただきました
しばらくあれこれ雑談をしていたところ、アプリのプッシュ通知でイジチさん自宅周辺で雨が降り始めた。と発言していることを知り、自宅がそれほど離れている訳でもないので慌てておいとますることに。

当初は目白通りを進んで皇居東側を抜けてR15に入る、やや遠回りなルートを使う予定だったけれど時間経過で雨に降られてしまってはシャレにならないので山手通りからR1という最短ルートを使うことに。

240113029.jpg
西新宿JCTもステキな曲線

240113030.jpg
鎗ヶ崎交差点付近ではまだ日差しがあった

240113031.jpg
R1を南下している間に雲が広がる

多摩川に行き着いた頃雨粒がポツリポツリと顔を打つようになって来たけれど、このまま走れば逃げ切れると考え少々余裕ぶっこいて撮影なんぞを。
240113032.jpg240113033.jpg
いつもの富士山撮影ポイントから
雲の下から霞のようなものが垂れ下がって見えるのであちらの方は本降りの雨なのかも知れない。

240113034.jpg
15時半過ぎ、どうにか帰着
気分的には逃げ切れたのだけれど、走行中カメラのレンズに雨粒が付着してしまったのでなんだかしっかり降られてしまったかのように見える。

そんなこんなで洗車した当日本降りの雨を食らう憂き目には遭わずに帰着できたのでこの日のポタは無事終了。




挨拶がわりに気が向いたら押してやってください。
にほんブログ村 自転車ブログ ブルベへ
にほんブログ村

関連記事
タグ: ロードバイク  ポタリング  JR高島線  瑞穂鉄橋  竹家食堂  名前はまだない珈琲店 
2024Jan16Tue

【どちらも】密輸阻止と工作船阻止【水際】 

240108b40.jpg
北朝鮮不審船の展示
自爆からの自沈は当時報道で目にしていたけれど
サルベージしたものを展示していたことを知ったのは
結構最近になってからのこと

関連エントリ⇒MM⇒マダナイポタ

【横浜税関資料展示室】
何度となくその玄関前を通過していて気になりつつもそのままにしていた施設にいざ立ち入らんとす。そんな感じでお邪魔してみた。

240108b01.jpg
エントランスに展示してあった模型

240108b02.jpg240108b03.jpg
新旧税関の様子
ビデオ展示は故障中だった。この手の展示施設でのあるあるではあるけれど、イニシャルで予算をぶっこんでおいてランニングに金をかけたがらない、若しくはランニングコストの見積想定が甘い傾向ってどうなんだろうなあとか毎度感じる。

240108b04.jpg240108b05.jpg
覚せい剤密輸現場摘発状況の原寸大模型
コンテナの内部一面をダミーの壁でごまかし、それによって生じたスペースに麻薬を詰め込んで来日したものの即バレ状態。摘発当時の換算で末端価格150億円だそうで。使用回数は約833万回とのことなので一回当たり¥1,800-もするならおクスリ代欲しさにあれこれやらかす中毒患者が出てくるよなあと、妙な感心をしてみたり。

240108b06.jpg240108b07.jpg240108b08.jpg
床下に薬物だったり拳銃だったりの展示

興味をひかれた展示物が多かったのは違法コピー商品類。実際に正規品と摘発押収品とを並べて展示してあった。
240108b09.jpg240108b10.jpg
240108b11.jpg240108b12.jpg
どこがどう違うのかがわからん
つぶさに観察していると細かいところでいくつか差異が見られるのがわかるのだけれど、それでもどちらが正なのかがわからんという。

240108b13.jpg240108b14.jpg240108b16.jpg
この辺になると何がどう違うのか皆目見当が付かない

240108b15.jpg
唯一これだけは一目でわかった
非正規品の方は明らかに「それはないやろ?」というつくりをしていたので。

なかなか興味深い展示品群に満足して屋外に出てからしばし思案。時間に余裕があるのでもう少し散策することにした。

次いで赤レンガパークに向かい、押し歩きをしながらのんびり海沿いを進むと『工作船展示館』という大きな看板のかかった半割紡錘断面の細長い建物。税関資料展示室同様こちらも入館無料だったのでお邪魔してみることにした。何度か通りかかっても開館時間から外れているときだったり時間に余裕が無かったりだったので。

【海上保安資料館 横浜館】
入館していきなり視界に飛び込んでくるのはさび付いた工作船の舳先。
240108b17.jpg240108b18.jpg
船首部分、入射側の弾痕の解説
以前TVで何度も映像を目にした記憶がある、奄美大島沖で海保の巡視船と銃撃戦を繰り広げた北朝鮮工作船。自爆して自沈した工作船を引き揚げ調査して現在はここ横浜で展示している。

240108b19.jpg240108b20.jpg
積み込まれていた銃器類

引き揚げた機器類の内携帯電話や無線機等を解析してみたところ都内の反社会的勢力と頻繁に連絡を取り合っていて、違法薬物取引の疑いもあったものの決め手となる証拠に欠けていて立件できなかったのだとか。当時の映像を見ると、恐らく証拠隠滅のために積み荷を海洋投棄している様が映っているのでおそらく証拠となる品々は海中でバラバラに四散してしまっているのだろう。なんとなく直前に見学した麻薬密輸摘発の状況と重なって感じられた。

240108b21.jpg240108b22.jpg240108b31.jpg
工作船外観と内部

240108b23.jpg240108b30.jpg240108b24.jpg
240108b25.jpg240108b26.jpg240108b27.jpg
工作船に積み込まれていた小型ボート
沖合漁船程度のサイズと外観。更にゴムボートと潜水具、水中スクーターなどが装備されていて隠密上陸行動も行っていたと思われる。

240108b28.jpg240108b29.jpg
工作船に積まれていた機銃

240108b3.jpg240108b38.jpg
エンジン二基

240108b33.jpg240108b34.jpg240108b32.jpg
上部から甲板を見下ろす

240108b35.jpg240108b36.jpg240108b37.jpg
工作船解説
この展示の正面に大型ディスプレイが掛けられていて工作船との攻防の一部始終が収められた動画が流されていた。見れば見るほど海保側に犠牲者が出なくて幸いだったと思う。(負傷者はいた)

240108b39.jpg
船首出射側の弾痕

240108b40.jpg
工作船の構造的特徴

入場無料とはいえなかなか見ごたえのある展示物のあった二か所を巡って結構満足。その後更に押し歩いてハンマーヘッドパークに立ち寄ってからショップに向かうべくR15を引き返して北上してポタ再開となったのでした。




挨拶がわりに気が向いたら押してやってください。
にほんブログ村 自転車ブログ ブルベへ
にほんブログ村

関連記事
タグ: 横浜税関資料展示室  海上保安資料館横浜館  北朝鮮工作船 
2024Jan16Tue

【12連休】MM⇒マダナイポタ【最終日】 

240108a17.jpg
ハンマーヘッドデッキにて
抜けるような青空を背景にクレーン

<実走行ログ:24/01/08>

12/28から1/8までの長いようで短い連休の最終日。前日のモリトさんとの遣り取りがあったお陰で逗子のゆうき食堂に行きたさMaxだった。

ゆうき食堂で昼食をいただこうと、自宅を出発したのは10時頃。約40kmの道のりなので12時半頃にはお店に到着できるはず。そんなことを考えつつ。
240108a01.jpg240108a02.jpg
多摩川緑地駐車場入り口付近から

まずはR15に出て六郷橋を渡って南進。二日前の【BRM106逗子200】に参加した際のルート(ただし間違っていない方)をそのまま辿って逗子に行く気満々だったものの、その【逗子200】の終盤、稲村ケ崎での撮影の最中強風に煽られて転倒した拍子にディレイラーハンガーが曲がってしまい、リアを最軽側にするとスポーク側にチェーン落ちしてしまうようになってしまったので調整のためにショップに持ち込みたかったことを思い出し、しかも朝食抜きで移動を開始してしまったので腹が減ってしまい、結局横浜中央卸売市場本場内で遅い朝食を摂ることと相成った。

年末に閉店時刻を勘違いしていて立ち寄れなかった竹家食堂にお邪魔しようと思ったものの旗日であるこの日はお休みだったのでダメもとで敷地反対側にある釣りきんを覗いてみたら営業していたので迷わず入店。
240108a03.jpg
鮨らぁー麺 釣りきん 本店
屋号が示す通りお鮨とラーメンのお店。単品での提供もあるが基本はセット。ラーメンは魚介系の出汁でさっぱりした味わい。

ラーメンと鮨のセットは二種類あって五貫と八貫だったけれど朝昼兼のつもりだったので八貫のセットを注文(食券購入)
240108a04.jpg
240108a05.jpg240108a06.jpg
240108a07.jpg
ラーメンと鮨八貫のセット
大変美味しゅうございました。

引き返してまっすぐショップに寄るのも芸が無いのでしばらく横浜MM地区をぶらぶらしてからショップに赴き、その後はマダナイに顔出しすれば帰宅は夕方から夜になるので連休最終日を使い切った気になるのでは?と考えしばらく海沿いをうろうろ。
240108a08.jpg
大桟橋

240108a09.jpg
横浜税関資料展示室
初めて足を踏み入れた(※内容は別エントリ

240108a10.jpg240108a11.jpg
萬国橋

押し歩きで赤レンガパーク内の海沿いをてくてく歩く。風が穏やかで日差しが柔らかい。
240108a12.jpg
赤レンガパークのポケモンマンホール

240108a13.jpg
赤レンガパークからの大桟橋

240108a14.jpg
海上保安資料館 横浜館
ここも初訪問(※内容は別エントリ

240108a15.jpg
旧横浜港駅の線路跡

更に歩いてハンマーヘッドパークへ。最初記憶違いで西側から回り込めると思っていたけれど立ち入り不可だったので引き返して東側の歩道を押し歩きで進む。
240108a16.jpg240108a17.jpg
青空に映えるクレーン

240108a18.jpg
日本最大の消防船・ひりゆう

240108a19.jpg240108a20.jpg
現役の客船日本丸

散策を適当なところで切り上げてショップに移動。芸が無いけど来た道をそのまま引き返して行きつけのショップSNELでRD(ハンガー)の調整をしてもらい、マダナイに向けて移動開始。
普段ならR1から山手通りを北上するけれど、それではつまらないので東邦医大通り、沢田通り、桜新道、見晴らし通りと進んで大井町駅脇を抜ける。勤務先が引っ越す前の通勤(主に退勤)コースでもある。
240108a21.jpg
環七交差点にあった立て看板
※写っている人は無関係
本気で取り締まるつもりなら見直すけどな。多分日和ってなし崩し的に終わるんだろうなあという予感しかしない。今だってまともに取り締まれていないからなあ。

240108a22.jpg
大井町駅そばの自販機で生オレンジジュース

240108a23.jpg
解体されていない方の煉瓦車庫(跡)
(跡)としたのは今現在は車庫として利用されていない(レールが無い)から。

居木橋から御殿山通りを通って旧原美術館前から高輪を抜けて三田から赤羽橋、芝公園を抜ける。
240108a24.jpg240108a25.jpg
←赤羽橋から・(通称?)豆腐坂から→

240108a26.jpg
日比谷野音ではライブをやっているらしかった

内堀通りから目白通りに入ってひたすら目白通りを西進していたら日本女子大付属小学校付近で火災があったようで結構な数の消防車が集結していた。路上あちこちに延ばされた消火水ホースにはまだ圧がかかっていないものが多かったので到着間もないのだろう。煙の立ち方もまだ本格的に燃え始めたばかりのようだった。
240108a27.jpg240108a28.jpg
あとから報道を見たら目白御殿(田中角栄邸)だった

消防車、消防隊員、野次馬でわさわさしているエリアを早々に抜けてこの日の最後の目的地、名前はまだない珈琲店(通称:マダナイ)に到着。
240108a29.jpg
ブラジルといちごマフィン

先客の常連さんたちともあれこれお話をしつつだったのでそこそこ時間が経過。コーヒーのお代わりをいただくことにしたら昼の間時間差で来店していたというひとみさんのお土産のクッキーのおすそ分けをいただいてしまった。
240108a30.jpg240108a31.jpg
ルワンダとおすそ分けのクッキー

すっかり日が落ちた頃、翌日は【長期連休明け業務という現実】が待ち構えているので撤収。
240108a32.jpg
おいとまする際にいただいたお土産

帰路は最短距離を使い、山手通りからR1で帰るつもりで走っていたらRDに異変が。再び右シフトボタンが反応しなくなっていた。BRM106逗子200の際オフロスキwさんから頂いた電池も切れてしまったらしい。丁度五反田近くまで来ていたのでしばらくアウターローでくるくるハイケイデンスで回しながらROCへ行き、B1FのダイソーでCR2032を調達。
240108a33.jpg
¥100/2個

ついでなので左右両方の電池を交換し、無事シフトは復活。一般的にシフトの電池は二年くらい持つとのことだけれど【逗子200】ゴール後の休憩所でぜっとさんそんなもん¥100で買えるんだから年に一回正月に交換するとか決めておけば良いじゃん。と言っていたのを思い出し、毎年正月にはシフトレバーの電池を交換することをルーティンにすることを心に誓うなど。

以後は大きな問題もなくR1を南下、多摩川CRに遷移して自宅まで。
240108a34.jpg
ラジオ日本アンテナ

240108a35.jpg
無事帰着
こうして12連休最終日を惜しむポタは軽くアクシデントがありつつも無事終了。翌日から現実に引き戻されてしまったのであった。




挨拶がわりに気が向いたら押してやってください。
にほんブログ村 自転車ブログ ブルベへ
にほんブログ村

関連記事
タグ: ロードバイク  ポタリング  FOCUS  みなとみらい  名前はまだない珈琲店 
2024Jan13Sat

【毎年恒例】2024_BRM106神奈川200km逗子【定番200】 

240106043.jpg
お昼は久し振りにお邪魔したみやこ荘
アジタタキ丼イカメンチセット

2024年二走目のブルべはAJ神奈川のお正月定番【逗子200】です。
近年はあちこちのクラブでお正月期間中の開催が実施されるようになりましたがしばらく前までは年明け早々開催されるのはこれしかなく、関東近辺のランドヌール、ランドヌーズが一堂に会するある種賀詞交歓会的な趣きがあって、あまりにも短時間で募集枠が埋まってしまってエントリー叶わずあぶれてしまうことも多々ある、いわゆる【エントリー峠】があったもので、実際エントリー峠を越えられずに新年のご挨拶的にスタート地点にお見送りだけお邪魔したりすることもあったのですが最近は前述の通り他クラブでの開催(実際同日開催でR東京が同じく東伊豆を走るブルべを開催している)があったり、AJ神奈川には上限なしの女性エントリー枠が設けられたりしているのでそういうことも無くなりました。(※ブルべ老人会的な回顧)

それにしても今年の年末年始休暇は弊社としての出勤日である12/28と1/5を休みにしたので12/28-1/8までの12連休あったというのに12/30(31)、1/2、1/6と飛び石でブルべエントリーを決めてしまったのであまり『まとまった休み』という感覚が無かった。(※自業自得なうえに贅沢)

スタート時刻は7:00。自宅から逗子のスタート地点までは約40kmなので所要は2時間弱を見込み、途中で早めの朝食を摂ってから向かうことを勘案して4時過ぎに自宅を出発。
240106001.jpg
出発は4:18
<実走行ログ:2024/01/06>
 
R15を南下して川崎の道楽で補給。24時間営業のラーメン屋さんは本当にありがたい。
240106002.jpg240106003.jpg
朝ラーメン

6時前なのでいつものように東海道旧道を利用して生麦を抜ける。
240106004.jpg
JR国道駅

旧道利用の際の定点、道念稲荷神社前で一枚。
240106005.jpg
道念稲荷神社

240106006.jpg
帆船日本丸

240106007.jpg
真っ暗な汽車道方面
桜木町駅前を抜け、鎌倉街道で上大岡、釜利谷を通って六浦まで抜けたところでちょっとした勘違いから何故か朝比奈の坂道を登る羽目に陥った。そういえば何年か前にもおんなじ間違いをやらかした気がする。ミスコースのお陰で少々焦りが生じてショートカットしようと思ったら遠回りになるというオチまで付いたもののどうにかこうにか無事スタート地点に到着。鳥居付近にいた虫さん、クロさんと新年のご挨拶。

名前を列記して書き洩らしがあると失礼ですが、文字数もあるのでそこはそれ。マヤさんを始めとしたAJ神奈川スタッフの皆さんや知り合い多数と新年のご挨拶。それでも100人ほどの集団なので挨拶漏れも多数。
PBP以来自転車にはトータル400kmほどしか乗っていないというけーこ隊長BRM102羽田大鳥居200以来四日ぶりのオフロスキwさんひとみさんみいさんみいさん「今日は走るよ!」と。仙台からお知り合い(かつてAJたまがわの遠征ブルべにご参加くださったmameoさん)と一緒に走るのだとか。それに年末ご一緒したそよ子さんの姿も。彼女は虫さん、クロさんと色々盛り上がっていた。ぜっとさんカマノ隊長とそのお見送りにのんのんさんとお嬢さん。momさんの姿もあって、この五人とは年末のAJたまがわ大忘年会以来。他にも色々ご挨拶できたりできなかったりしているうちにブリーフィング。

今年もやっぱりマヤさんが最後の最後に笑いを取ったのだけれど肝心のネタはすっかり忘れてしまったので来年以降必ずメモしておこうと密かに誓った。
240106008.jpg
ブリーフィングの後7:00にスタート
参加者総数の約1/3、30名前後のランドヌーズが参加。ここまで女子比率が大きなブルべは他にはそうそうない。女子枠があることもさることながら主催がマヤさんだということも大きいと思われ。

<実走行ログ:2024/01/06>

まずはホンダさんの先導に従ってのパレードラン。
240106009.jpg
ゆるゆる走る
R134への合流地点の信号でも集団が多くなり過ぎないよう青信号でもホンダさんが停止を促して交通整理。

240106010.jpg
信号待ちの間に一枚

240106011.jpg
四日ぶりの逗子不如帰碑

240106012.jpg
葉山方面

稲村ケ崎で集団から離れ、公園に入って行ったらすぐ後ろから「とりさんなら絶対寄ると思った!」momさんが続く。
240106013.jpg240106014.jpg
稲村ケ崎からの江の島と富士山
mom「さて、あとの寄り道はいちご大福かなあ。
とり「え?サザンCがあるじゃないですか!?
mom「う~~~ん。余裕があったら、かなあ。

そんな感じでリスタート。気分良くR134を西進し、予定通り茅ヶ崎サザンCへ。手前の駐車場の砂が深くなっていることは学習済み。
240106015.jpg240106016.jpg
朝日に輝くサザンCと烏帽子岩
四日前に来たときはどんよりした曇天だったからキレイに晴れ上がった空に太陽が眩しい。

湘南大橋はセオリー通り歩道へ。歩道幅が広く、全長の長い橋梁は極力歩道走行するようにしている。それに湘南大橋からの富士山を撮影しようと思うと停止したくなるから車道走行では迷惑極まりない。
240106017.jpg
湘南大橋からの富士山
停止して撮影していたらそよ子さん「いい写真取れましたか~?」と言いながら通過して行った。

240106018.jpg
そして準定点の連杭

240106019.jpg
大磯吉田茂邸地区付近

240106020.jpg240106021.jpg
酒匂川から
今回はどこからでもキレイな富士山が拝めて非常にテンション上がる往路だった。

小田原を抜け早川口交差点を左折してR135へ。曲がる手前辺りでけーこ隊長に追いつきしばし会話しながらの走行。参加者が多い今回はPC1でのトイレ渋滞が予想されるので真鶴や熱海まで引っ張るつもりで無かったなら早川のコンビニに立ち寄った方が良いという話や今回の昼食はみやこ荘でアジタタキ丼とイカメンチを予定しているということなど。

R135に入ったところで先行させていただき、漁港を通り過ぎたところでコースアウトして2024初ズゴックマンホール。
240106022.jpg240106023.jpg
マンホールと小田原提灯灯台が入るアングル

コースに復帰して新春の日差しを浴びてキラキラ眩しい海を眺めつつ東伊豆の海岸線を南へ。
240106024.jpg
眩しいし、ともすれば暑い
この辺で既に暑くなり始めたのでオーバーグローブは外して指切りグローブ。ジャケットもベンチレーター全開放にしたけれど暑くて仕方なかった。

PC1(51.0km)ローソン西湘江之浦店
240106025.jpg
09:07着(close10:33)
先着していたそよ子さん「トイレ結構混んでいましたよ、この間(BRM1230)の時はこれを心配していたんですね。」その時はPCの2kmほど手前のコンビニで小休止を入れた。次いで「ゴール受付撤収の20時までには絶対に帰るので待っていてもらえますか。写真も見せて欲しいし色々話したいので。」と。これでブルべ四本目ですからねえ、顔見知りにあれこれ話したくなるのはわかるし微笑ましい限り。特に早く帰らなければならない用事もないので了承してリスタートしようとしたところ、三人くらいのパックになったランドヌールが通過。どう見てもヤハギさんっぽかったのでR東京の【網代200】先頭集団なのだろう。後を追うようにリスタート。

240106026.jpg
真鶴隧道
初見の時は銅板でも貼っているのかと思った緑色なのだけれど、どうやら塗装を施されているようで、いったいぜんたいなんでここだけポータルに色付けされているのか10年以上前にブルべを走り始めた頃からずっと疑問。ひょっとして根府川駅舎と色を合わせているのか?
最近『ポータル』という用語を覚えたので使いたくて仕方がないw。)

240106027.jpg
キラキラ光る海

240106028.jpg
青空背景の熱海城

240106029.jpg
来たよ~~~。2024間瀬初め

240106030.jpg240106031.jpg
お年賀にいただいた龍の最中といちご大福
店内の座席に座らせていただき一個目を頬張っていたタイミングでヤハギさん来店。R東京【網代200】は折り返しのPCが1kmほど手前なのでコースアウトしてここまで来た形。
ヤハギさんと軽く二言三言交わした後、後続の参加者が続々と入店してきたので長居することなくリスタート。
240106032.jpg
相変わらずキラキラ

伊東に向かう坂道を登って下ってする間、やたらと風が強くなってきて時折ハンドルを取られそうな勢い。それほど風が強いのだからさぞかし海も荒れているだろうと思ったら
240106033.jpg
宇佐美の浜は存外に穏やかだった

強風に煽られつつの走行で伊東市街地を抜けたところで国道から分岐した先の、三角波が立つお気に入りスポットに到着したのでしばし待機したものの今回は南側からの波が弱くてまったく三角波が立つ気配がうかがえなかったので残念ながらリスタート。
240106034.jpg240106035.jpg
単にキレイで穏やかな海であった

川奈の坂道を登って林の中のアップダウンを抜け富戸へと向かう道。このコース一番のお気に入りポイント。
240106036.jpg
坂の向こうに見える海

240106037.jpg
旧ドーロ商店前から眺める大島

急坂をえっちらおっちら登った先が折り返しの富戸駅。
写真Chk.(101km)富戸駅
240106038.jpg
11:38着(想定close13:44)
前後してオフロスキwさん他参加者数名その場にいたので邪魔にならぬようそそくさとリスタート、

240106039.jpg
富戸小学校前
この歩行尾車用押しボタン式信号に引っかかったのはおそらく初めての経験であった。時折後続の参加者さんたちとスライドしつつゆるゆる坂を登ってしばらく進む。ミラーにはオフロスキwさんと思しき人影。するといつの間にかRDがシフトアップできていないことに気が付いた。

RDのバッテリー切れかと思い停止。「大丈夫?」と、一旦10mくらい通り過ぎてから戻って来てくれたオフロスキwさん。「多分バッテリー切れなんですぐ何とかなりますよ」そう答えながらRDのバッテリーをFDのそれと入れ替える。この先FDはアウター固定でも走れるので問題はないはず。。。が、うんともすんとも言わない。「???」「予備の交換バッテリーは無いの?」「そうだったそうだった。。。」とトップチューブバッグを漁るも前回走り終えた後バッグから出した記憶が蘇る。

まずは落ち着いて状況確認。右レバーのスイッチを押してもRDのバッテリー残量インジケータは非点灯。左のそれを押すとRDのインジケータは緑点灯、左右両押しでFDのインジケータは、、、非点灯。これは右レバー内のeTap電池切れの可能性が高い。ということで自転車をひっくり返してブラケット下側にある蓋を外して電池交換。トップチューブバッグに入れっぱなしになっていたCR2032を取り出す。「ボタン電池の替えを持ち歩いてるんですねw」「ヘルメット尾灯にも使いますしねえ。」そして交換、、、が、右ボタン無反応。「うわーもしかして交換電池も死んでいたかな?」誤飲防止パッケージから出してジップ小袋に入れて一年以上トップチューブバッグに入れてあったし電極部に絶縁材を貼るのを忘れていたので自然放電してしまっていた可能性大。「だったら使いかけだけどこれ使ってみてくださいよ。」オフロスキwさんがヘルメット尾灯からCR2032を一つ取り外して渡してくれたのでそれを入れてみたら右ボタン復活!

そうか、こういう時はヘルメット尾灯から流用すれば良いのか!という非常に得難い、コロンブスの卵的教訓。オフロスキwさんには一生足を向けて寝られない。

そんなこんなで無事リスタート。が、しばらく進むとミラーにオフロスキwさんの姿が無い。(ひょっとして助けてもらうだけ助けてもらって、いざ向こうがトラブルの時に放置して先行している薄情者になってるのか、オレ?)そんなことを思いながらペースを落とし気味に走っていたら汐吹公園付近で追い付いて来たオフロスキwさん「ゼロコーラの自販機があったから補給で停まっていたんですよ。」との答えだったのでひと安心。

そんなタイミングで右手を見たら一瞬三角波が立って見えたのでオフロスキwさんには先行を促して停止、道の反対側の歩道に移動してしばし波を観察。
240106040.jpg
が、やっぱり南からの波が弱い
往路で見た時よりは若干波が高めだったけれど、五分くらい留まってみても結局三角波は立ちそうになかったので諦めてリスタート。

伊東を抜け宇佐美に入ったところでふしみ食堂の様子を見たら自転車は一台も見当たらなかった。珍しいこともあるものだと思いながらもスルー。ひとコブ越えて網代から多賀へ。朝けーこ隊長に話した通り今回はスタート前からアジタタキ丼とイカメンチの気分だったのでみやこ荘へ。
240106041.jpg
ふしみ食堂に参加者はいなかった

240106042.jpg
久々のみやこ荘

240106043.jpg
アジタタキ丼イカメンチセット

240106044.jpg240106047.jpg240106046.jpg
セルフで混ぜるアジタタキ丼

240106045.jpg
ご飯をお代わり(無料)してイカメンチを

240106048.jpg
大変美味しゅうございました

お腹を満たしたので後はゴールに向かうだけ。ペース的にはR134走行中に日没時刻を迎えそうなのでどこかで眺められないかとか考えつつ、真鶴駅手前から山側の旧道へ。三か所ほどあるピークを越えて根府川駅へ。
240106049.jpg
途中数か所で海の眺めが開ける

240106050.jpg
東海道線根府川橋梁

写真Chk.(152km)根府川駅
240106051.jpg
14:55着(想定close17:08)

この日の日没時刻は16:45分頃だったのでやはり予想通りR134走行中に日没を迎えそう。問題はどの辺まで進めるか、だ。
240106052.jpg
小田原方面

走行しながら時刻をチェック。当初想定では江の島漁港辺りまで進めるかと思ったけれどさすがに無理そうだったので赤信号に引っかかったタイミングで江ノ島水族館裏手の浜へ。
240106053.jpg240106054.jpg
240106055.jpg240106056.jpg
丁度日没
(少し早めに、、、)と考えて日没予想時刻より10分くらい早めに浜に出て正解だった。水平線近くに雲があったので夕陽が雲に遮られて見えなくなったのは日没予想時刻より5分ちょっと早かった。ギリギリのタイミングだったら間に合わないところだった。

満ち足りた気分でリスタート。暗くなり過ぎなかったら稲村ケ崎にも寄ってみようと思いつつ。
240106057.jpg240106058.jpg
江ノ電の行き先表示
藤沢行きはまた別のパターンが表示されていたけれど撮影は無理だった。

240106059.jpg
江ノ電スライド

240106060.jpg240106061.jpg
そして復路でも稲村ケ崎
朝と比較するとかなり海が荒れ気味なのがわかる。そして風にあおられて自転車が倒れてしまったおかげでディレイラーハンガーが曲がってしまった。。。

240106062.jpg
記憶にないくらい空いていたR134(東向き)
空いていて走りやすかったのはありがたかったけれど、風が強くて飛び砂が顔に当たって結構痛い。よく見たら前を走る車のタイヤ周辺に細かい砂が舞い上がっているのが見える。口を開けると砂が入って来そうなので鼻呼吸で済む程度の強度でクランクを回してゴールまで。

goal(203km)松汀園
240106063.jpg
17:20着(close20:30)認定時間10時間20 分
取り敢えず【BRM102】に続いて今回もそこそこ寄り道して時間を潰したつもりでいても10時間台で戻れたのでもうちょっと何か寄り道ネタを考えようかとも思ったけれど、日没を考えるとこのくらいで帰着するのが丁度良いのだよなあ。

240106064.jpg
お茶やお菓子をいただいてのんびり
ゴール受付にはまだオフロスキwさんが残っていらしたので改めて今回のお礼をば。彼は翌日AR日本橋、翌々日R東京の200のブルべにもエントリーしていて【三連休三連続200参加】予定なのだとか。いやはやタフ。翌日があるから(当然だ)という理由で早めに撤収する彼を目で見送り、momさんとお友達、みいさんとmameoさん、Hachiyamaさんとのあさん、ぜっとさんとカマノ隊長たち(そういえばみんな二人組だったな。。。)とも軽くあれこれ話していたところでそよ子さんが19時過ぎ頃帰着。しばし景色や食べたものの画像を見せ合ったり。ゴール受付が19時半頃から撤収作業に入ったところで軽くお手伝いの後こちらも撤収。

そよ子さんとは【BRM1230】と今回を合わせて完走祝い的に逗子の駅前で軽く飲み食いして久し振りに逗子から輪行で帰って今回の【逗子200】は無事終了。
参加の皆様、朝夕と昼の大きな気温差と強い風の中お疲れさまでした。
AJ神奈川スタッフおよび関係者の皆様ありがとうございます、今年もよろしくお願いいたします。




挨拶がわりに気が向いたら押してやってください。
にほんブログ村 自転車ブログ ブルベへ
にほんブログ村

関連記事
タグ: ロードバイク  ロングライド  ブルベ  AJ神奈川  逗子  間瀬  みやこ荘 
BRM(200,300,400,600)  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top
2024Jan12Fri

【令和6年の】2024_BRM102さくら200km羽田大鳥居【ブルべ初め】 

240102036.jpg
早春の三浦の風物詩
海岸での大根干し

関連エントリ

300kmブルべを完走して帰宅した大晦日から元日を挟んだ1月2日、早速2024年(※年度ではない、念のため)ブルべに参加してまいりました。12/30-31のブルべと同じくランドヌールさくら(Rさくら)主催の200km、スタート地点はなんと羽田大鳥居。自宅からスタート地点までの距離がたったの4kmしかないという、過去一番短いブルべ。何せ前日実走して改めて確認したけれど、所要時間15分。スタート時刻は7時丁度なので6時半頃到着しようと自宅を出たのは6時を回ってからのこと。
240102001.jpg
6時13分私的スタート地点発

<実走行ログ:2024/01/02>

240102002.jpg
払暁の大師橋

240102003.jpg
二日続けてここに来た

到着は予定通り6時半になる少し前。いやホント近くてウッキウキである。

大田区仲間のみいさんsin3さん、1230以来4日ぶりとなるオフロスキwさんたちと新年のご挨拶を交わしたりしつつブリーフィングを待つ。
ひとみさん、ヤガミさんからひと通り注意事項やコースについての説明の後車検、スタート。
240102004.jpg240102005.jpg
start弁天橋(羽田大鳥居)7:00

<実走行ログ:2024/01/02>

大鳥居前から弁天橋まで押し歩きして三々五々スタート。まずは産業道路を進み、大師橋で多摩川を渡る。
240102006.jpg
やはり斜張橋は良い

240102007.jpg
大師橋から拝む曙光

産業道路を進んで鶴見川を渡ったところで大回りして大黒埠頭を抜けてR15に合流し、横浜中央卸売市場前を通過してMM地区へ。
240102008.jpg
よこはまコスモワールド

山下公園脇を通過して本牧から首都高高架下、そのまま進んでR16には合流せずR357へ。
240102009.jpg
芽衣子さんではない

八景島から柴漁港、海の公園脇を抜け野島対岸をぐるっと回って追浜のトンネル群へ。野島を抜けなかったこと以外年末のFestive500の一環でポタしたコースと同じ。が、事前にコースをチェックした時に軽く疑問に思った曲がり角を左折して、R16への合流は定番の東芝ライテックの角では無く田浦消防署交差点
240102010.jpg240102011.jpg
画面左手には自衛艦隊司令部がある
普通なら直進するところをわざわざ迂回させたのはどういう意図があったのか、ゴール後にヤガミさんに確認してみたところ「折角横須賀を走るんだから『軍港の街』を実感して欲しかったんだけど、ヴェルニー公園は自転車だと立ち入れないから苦肉の策かな」的な回答。やはりこの護衛艦を見せたかったのだなと、コース設計者の意図を汲めた自分を内心で軽く褒めたw
色々考えはあるし、BRMの定義から言えば間違っているかも知れないけれど『コースを引いた人が見せたいと思った景色を見せるための区間』は個人的にはあっていいと思う。

R16に合流し、横須賀市街地に入ったら最初のPC。今回はPC、写真Chk.クイズChk.がゴールを含めて合計10か所もある。更に自分自身の寄り道も合わせると結構時間を食う200である。
PC1(49.9km)セブンイレブン横須賀中央店
240102012.jpg
09:21着(close10:24)

朝食は自宅で済ませて来ていたので飲み物だけ調達、一気に飲み干して即リスタート。すぐにコースアウトして三笠公園へ。
寄り道-1
240102013.jpg240102014.jpg
2024三笠初め

240102015.jpg240102016.jpg
馬堀海岸

朝の内こそ晴れていたものの時間を追うごとに雲が増えて来たので半ばあきらめていたけれど、馬堀海岸を進んでいるときには頭上に青空が広がっていたので少々期待しつつ破崎園地に向かってみたら、晴れていたのは進行方向(東)の上空だけだった。
寄り道-2
240102017.jpg240102018.jpg
さすがに富士山は拝めなかった

240102019.jpg
観音崎海水浴場

写真Chk.観音崎(59.0km)モチーフ:観音崎灯台入り口
240102020.jpg
09:56着(想定close10:57)
わたしの到着と入れ替わる形でsin3さんら数名の先頭グループがリスタートして行った。

寄り道-3
240102021.jpg240102022.jpg
240102023.jpg
海岸園地に向かう遊歩道の素掘りトンネル

寄り道-4
240102024.jpg
ゴジラの足跡
写真Chk.モチーフは受付時に周知されるのでキュウシートでコースチェックをしていた段階では観音崎にポイントがあることとそこまでの走行距離しかわからなかったのでこれがChk.のモチーフなのだと予想したんだけどな。

240102025.jpg
240102026.jpg240102027.jpg240102028.jpg
たたら浜

240102029.jpg
ウミウらしき水鳥

240102030.jpg240102031.jpg
浦賀水道越しの房総半島方面

240102032.jpg
東京湾フェリーの外装が黒くなってた

240102033.jpg
咲き始めた水仙
今年も房総水仙ロードに走りに行くかな?

240102034.jpg
カモメは海水より淡水が好きなのか
水深が浅いし流れが淀んでいるので海水より温度が若干高めなのだろう。

野比から国道に合流。交通量が多めながら渋滞することはなく概ね35~45KPH程度のペースで流れている。そんなときに目の前に現れた一台の原付バイクがほぼ35KPH固定で走ってくれていたので、ちょうど前を牽いてもらう形となって非常に助かった。
240102035.jpg
ありがたき原付

三浦海岸に差し掛かると砂浜に大根を干すこの時期ならではの景色が見えて来た。
寄り道-5
240102036.jpg
途中浜辺に寄り道

240102037.jpg
旧フジトモ商店さん

クイズChk.松輪郵便局(79.1km)問:ポスト収集時刻/
240102038.jpg
11:02着(想定close12:15)
オフロスキwさんともう一方先着していて、二言三言言葉を交わした後、わたしと入れ違い気味にリスタートして行った。

240102039.jpg
江奈湾

240102040.jpg
アロエが沢山(三浦バイオマスセンター)

城ケ島大橋を渡って城ケ島へ。橋の両側の眺めはどんより曇った空のお陰でイマイチ。
240102041.jpg
城ケ島駐在所
当初はここを写真Chk.ポイントにしようかとも考えたけれどさすがに色々差し障りがありそうなので断念したとはひとみさんの弁。

結局派出所前をそのまま直進した突き当りの駐車場看板が今回のモチーフ。
写真Chk.城ヶ島(86.9km)モチーフ:モチーフ城ヶ島西側駐車場看板
240102042.jpg
11:25着(想定close12:46)
マージンは1.5時間弱あるし、周囲の飲食店が思いの外営業していたので早めの昼食にしようと周囲を見回したところしぶき亭が営業中であることに気が付いたので迷わず入店。しぶき亭は2年半前に一旦閉業したものの、最近になって復活開業したのであった。閉業前に訪れて以来なので実に2年半ぶり。
寄り道-6
240102043.jpg
キレイに、小ぢんまりとなった新生しぶき亭

入店すると従業員のおばちゃんに「オートバイの人?」と問われたので「いえ、自転車です。」と返した。メニューは正月対応で種類少な目だったので漬マグロの乗ったマグロ丼を注文
240102044.jpg240102046.jpg
マグロ丼(小鉢・お新香・味噌汁付き)

240102045.jpg
おでん風に炊かれて鯵のしっかり染みた大根

240102047.jpg
メカジキフライはサイクリストへのサービス

来た道を引き返し城ケ島大橋を再度渡って三崎漁港方面へ。
240102048.jpg
移転してしまったちりとてちん
個人的には中途半端に自宅に近くなってしまったので非常に立ち寄りづらくなったけれど近々行ってみよう。※近くなったとはいえ30kmくらいは離れている。

三崎漁港を抜けしばらく進んで普段なら右折する突き当りを左折して油壷方面へ。突き当り正面のドイツ風パン屋さんはまだまだお正月休みだそうで、優雅だなあ。しばし進んだ突き当りが写真ポイント。旧油壷マリンパーク。一度行ってみたいと思いつつ結局行かずじまいで終わってしまった。
写真Chk.油壺(94.4km)モチーフ:油壺CAMP PARK
240102049.jpg
12:09着(想定close13:16 )
この施設も今年3月末日をもって閉鎖されるのでこれがモチーフになるのは今回限りのレアな(?)もの。折り返してきた道を引き返し、R134に合流してしばらく進んでソレイユの丘方面へ。この辺で軽く雨に降られ始めたけれど雨脚自体はさほど強くなかったので気にせず進む。気にしたところでレインウェアは携行していないからどうにもならんし。

丘を越えて海にぶつかったところで左折してしばらく進めば再び写真ポイント。
写真Chk.熊野神社(104.3km)モチーフ:石鳥居
240102050.jpg
12:52着(想定close13:56)
丘のピーク付近で一旦雨が上がったように感じたので浮かれてこんなツイートを流した途端、再び降り始めた雨は心なしか雨脚を強め始めていた。
こんなこと呟くんじゃなかったよ。。。
結果これよ。。。

徐々に強まる雨に打たれながら海沿いの道を長井港に向けて進む。
240102051.jpg240102052.jpg
雨に煙る相模湾

PC2(112.0km)セブンイレブン横須賀芦名一丁目店
240102053.jpg
13:17着(close14:28)
しっぽりと濡れそぼってしまっていたけれど、気温がそれほど下がらなかったのが幸い。長居をすると喪失熱量が大きくなるので発熱を促すためにそそくさとリスタート。

240102054.jpg
長者ヶ崎

240102055.jpg
真名瀬海岸

葉山を抜け逗子に出た辺りでようやく雨脚が弱まって来た。材木座海岸を通過する頃にはすっかり雨は上がってくれていた。
240102056.jpg
2024初不如帰

240102057.jpg
材木座海岸に全然人がいない

240102058.jpg
時折お日様
輻射熱、、、ありがてえ。。。

240102059.jpg
2024初江の島

寄り道-7
240102060.jpg
そして2024初サザンC
手前の駐車場から海沿いの道(一応太平洋自転車道ではある)に出るところの砂溜まりが記憶にあるより深くて少々焦るなど。

240102061.jpg
湘南大橋から準定点の連杭
橋の改修工事でもするのか、構台が設置されている。

240102062.jpg
ようやく路面が乾き始めて来た

PC3(147.2km)ファミリーマート大磯店
240102063.jpg
14:52着(close16:48)

240102064.jpg
やっとドライ路面

戸塚駅前の抜け方が今まで自分ではやったことの無いものだったのでなかなか興味深かった。駅前を抜け、最終のPCに到着。
PC4(172.9km)セブンイレブン戸塚矢部町北店
240102065.jpg
16:14着(close18:32)

240102066.jpg
目の前をNEXが通過

後はのんびり帰るだけ。2時間ちょいマージンがあったのでここから先の道路事情を勘案すればゆるゆる走ってもあと2、30分くらい詰まるはず。
240102067.jpg
大黒埠頭方面

さすがに交通量の少ない産業道路を適度なペースで飛ばす。都市発着ブルべで最終区間がそこそこグロスのペースを稼げるというのは珍しいしありがたい。
240102068.jpg
ライトアップされた大師橋

goal(202.3km)セブンイレブン太田萩中三丁目店
240102069.jpg
17:52着(close20:30)
概ね最終PCで想定した通りのペースで走れてゴール到着。目と鼻の先のゴール受付、萩中公園に向かう。

ゴールではひとみさん、ヤガミさん、みいさんの3人がお出迎え。なんだかんだ小一時間ほど居座ってしまってあれこれ雑談に興じてからおいとま。スタートの平和大鳥居よりも更に自宅に近い萩中公園からだったのであっという間に帰宅できてしまった。近場発着って素晴らしい。

<実走行ログ:2024/01/02>

240102070.jpg
10分ちょっとで帰着してしまった

そんな訳で新年早々のBRMは無事完走という形で終了。それにしてもRさくらのBRMって降雨確率高すぎでは?【霞ケ浦300】ではほんのパラパラ程度だったけどわたしが参加した三本とも降られたし、、、ってオレか?

なんにせよ、今回が初ブルべだったという参加者もちらほら見かけて非常に新鮮だった200でした。参加の皆様お疲れ様でした。
そしたRさくらのスタッフ及び関係者の皆様、正月早々ありがとうございました。




挨拶がわりに気が向いたら押してやってください。
にほんブログ村 自転車ブログ ブルベへ
にほんブログ村

関連記事
タグ: ロードバイク  ロングライド  ブルベ  Rさくら  大鳥居  三浦 
BRM(200,300,400,600)  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top
2024Jan09Tue

【大鳥居と】ご来光&初詣ライド記録【品川神社】 

ご来光ライド
<実走行ログ:2024/01/01>



ほぼ毎年恒例となっている専修寺関東別院(山門前が普段の私的スタート地点)での除夜の鐘撞き。その後炬燵に当たりながらアマプラであれこれ動画を観ていたらそのまま寝落ち。目が覚めたら6時15分を回ったところだったので慌てて起き上がって顔を洗い、ジャケットを引っかけただけという格好で下は作務衣、素足のままスニーカーを履いて通勤車である弐號に乗り込み猛ダッシュ。日の出予定時刻は6時50分で自宅出発時刻は6時30分。元日のこの時間帯は初日の出を拝もうと歩く歩行者が多い多摩川サイクリングロード(多摩川CR)ではあまり速度を上げられないのでなかなか痺れるタイミングではある。
それでもどうにかこうにか日の出予定時刻5分前には大鳥居前に到着し、堤防から川岸の石の上に降りて日の出を待つ。待機中にその旨ツイートを流したら、今年も来ていたHideさんからわたしのことを視認したと反応があった。
240101001.jpg
待機

240101002.jpg240101003.jpg
ご来光
今年は画像にも写っているスカイブリッジから眺めようかとも思ったけれどさすがに移動時間が足りず、それに空港ターミナルビル前の駐輪場は自転車で溢れそうになっていたらしいので行かずに正解だった。それにやっぱり日の出は大鳥居で拝みたい。

堤防から上がったところでHideさんに遭遇したので新年のご挨拶。軽くあれこれと雑談の後、ぼちぼち引き上げるという彼と別れて弁天橋上に移動。こちらの方が鳥居と日の出のアングルが格好いい。

240101004.jpg240101005.jpg
鳥居とご来光

240101006.jpg
一旦鳥居近くに戻って撤収

今年は【BRM102さくら200km羽田大鳥居】にエントリーしているので翌日おんなじ時刻に再びここにいる予定。

240101007.jpg
五十間鼻無縁仏堂

240101008.jpg
大師橋越しの富士山

240101009.jpg240101010.jpg
首都高大師橋の架け替えもう終わってたんだな

240101011.jpg
大師橋からの富士山
帰宅して早速ビールを飲み始める、ある意味正しいお正月を始めた。


初詣ライド
<実走行ログ:2024/01/01>

今年の初詣は品川神社に、、、と思ったのは高ハレさん「今年の元日は金運半端ないから金運にまつわる神社仏閣にお詣りすると良いぞ!」というツイートを目にしたから。とはいえ朝からビールを飲んでしまったので酔いがさめる午後から夕方にかけての時間帯に行けば人出も収まって丁度よかろうとか軽く考えていた。

午後から夕方にかけての時間帯に行けば人出も収まって丁度よかろう
誰だよ、そんなこと考えていたヤツ。。。オレだよ。。。
一瞬諦めて帰ってしまおうかとも思ったけれど、さすがに新年早々それもどうかと思いなおしてひたすら並ぶ。

240101012.jpg240101013.jpg
階段は入場制限されていた
境内では何度も行列が折り返されて文字通りの長蛇の列となっていた。並んでいる最中手持無沙汰だったのでiPhoneポチポチしながらTLチェック。すると地震に関してのツイートが多数あったけれど、立ったまま行列に並んでいたらまったく気付かなかった。行列に並んでいる人たちも特に変わった反応を示す人は見受けられなかったのでやはり皆同様だったのだろう。
この辺は東日本大震災の際丁度都心部(港区高輪→港区内幸町)を自転車で走行していたので微塵も揺れに気付かなかったという在りし日の記憶が蘇る。

240101014.jpg
神楽殿

240101015.jpg240101016.jpg
240101017.jpg
ようやく拝殿へ(拝殿内撮影不可)

240101018.jpg240101019.jpg
阿那稲荷神社上社

240101020.jpg240101021.jpg
240101022.jpg
240101023.jpg240101024.jpg
阿那稲荷神社下社

240101025.jpg
阿那稲荷神社の神水
なんだかんだで並び始めてから約2時間、ようやく目的を達して帰路に就いたけれど並んでいる間に能登がとんでもないことになっていたのでかなり複雑な気分の初詣なのであった。





挨拶がわりに気が向いたら押してやってください。
にほんブログ村 自転車ブログ ブルベへ
にほんブログ村

関連記事
タグ: ロードバイク  ポタリング  2024年  ご来光  初詣  羽田大鳥居  品川神社 
2024Jan15Mon

【2023】2/2‐2023_BRM1230さくら300km北千住・霞ヶ浦【ブルベ納め】 

【2023_Rapha Festive500】

231230000.jpg
2023年も無事完了

231230047.jpg
お久し振りの犬吠埼灯台


<実走行ログ:2023/12/30-31>
 
231230028.jpg231230031.jpg
貨物引き込み線にはロマンがある

231230029.jpg231230030.jpg
こういう多用途重機もロマン
一瞬引き込みクレーンかと思ったけれど楊重機能だけでなく色々複合的な用途が可能な重機のようだった。

PC3(151.2km)ファミリーマート神栖奧野谷店
231230032.jpg
15:07着(close17:04)
マージンは変わらず約二時間で順調そのもの。そよ子さんの申し出通りそこそこしっかり休憩したけれど、やはり銚子で夕食は早すぎる。と相変わらずメシのことしか頭にない。

231230033.jpg
海の見えない海沿いの道を南下
九十九里も同じような感じだよね

231230034.jpg231230035.jpg
風力発電風車がひたすら並ぶ

そよ子「あれって当たりですか外れですか?
とり「???『当たり』とは?
そよ子「風車の向きで向かい風か追い風かわかるかなあ、って
とり「風向きで首振って風車の向きがガバっと変わる訳じゃないですからねえ。基本的には浜風だから横風ですよ。

231230036.jpg
そよ子「海沿いなのに一瞬しか海見えませんでしたね~。

突き当りまで進んで利根川沿いを少々遡行。
そよ子「これ!ようやく海ですか?
とり「残念、これは利根川です。

231230037.jpg231230038.jpg
左岸利根川からの夕陽

231230039.jpg
銚子大橋で千葉県側へ

231230040.jpg
堤防上に整然と並ぶウミウ

231230041.jpg231230042.jpg
やはり斜張橋は良いものだ

231230043.jpg
利根川河口方面

231230044.jpg
千葉県に入る

利根川を渡り、進路を左に変えて銚子市街地を通り抜け犬吠埼へ。
231230045.jpg
銚子電鉄西海鹿島駅
走行しながらのシャッターではブレてしまうくらいの光量しかない時間帯になって来た。

前方に犬吠埼灯台が見えて来たので折角だからと一旦見通しの良いところで停まって撮影タイム。
231230046.jpg
犬吠埼灯台遠景

クイズChk.(181.7km)犬吠埼灯台
【問:灯台前郵便ポスト管理番号】
231230047.jpg
16:45着(想定close19:08)
ここでマージンは2.5時間近く。よほどのしくじりが無ければゴールは間違いないけれど、油断は禁物。

ドーバーラインを抜け、かつてのブルべ参加中、雨に打たれて疲弊したときに一人で利用したラブホテルSunsetの前を通過し、その時のことを話しつつその先でこの細い路地に入らせて、照明なんか何にもない真っ暗な海岸沿いの激坂を登らせる【チーバくん600】というおぞましいコースがあるんですよ。600kmなのにキューシートが300行以上あって、コマ図を自作して走るスタイルの人が準備が間に合わないという理由でDNSしてしまったという恐怖のコース。

そんなこんなを話しつつ飯岡漁港に差し掛かったところ幸いなことにしらす亭がまだ営業をしていたので急遽ここで強制イベント発動です。ご飯を食べます!と宣言して停車、入店。
231230048.jpg
12/30に営業していてありがたい

231230049.jpg
お任せ五種のおさしみ定食
大変美味しゅうございました

231230050.jpg
車で来ていたらあるいは

九十九里の海の見えない海沿いのコースを南下し、かつてこの周辺を一人で深夜ドライブしていて海岸に出ようとしたら砂に嵌ってしまってレッカーを呼んだことやブルべで走行中の明け方に公園のベンチで寝ていたら地元の爺さんにこれからここにゲートボール大会の受付を設営するから移動してくれと起こされたことなんぞを話しつつ。

PC4(231.2km)ファミリーマート九十九里片貝店
231230051.jpg
19:52着(close22:24)
ここでコース設計のヤガミさん登場。あれこれ話をしつつ
ヤガミ「この先ちょっとアップダウンあるんだよね。
とり「まあ御成街道だし仕方ないですよね。
ヤガミ「暗くてお墓のある道もあるから。
そよ子「え!?なんでそんな道通すんですか!
ヤガミ「仕方なかったんだよねえ。

ヤガミさんに声を掛けてリスタート。ここから先下総台地を横断するので確かにアップダウンが多い区間。真っ暗な中淡々と進むと登り坂の右手にヤガミさんが言った通り墓地が見えて来た。
そよ子「ちょっととりさん!置いてかないでください!!
とり「いや、離れちゃったらペース落とすから。放置しませんよさすがに。
そよ子「そうじゃないんです、お墓のそば走っているときはもっとゆっくり走ってください!!
とり「ああ、なるほど。じゃあペース落としますね。
しばしそんな感じでゆるゆる進むと今度は左手に墓地が。
そよ子「折角とりさんの陰に隠れて進んでいたのに何でこっち側にも!?
深夜ににぎやかなお人である。

とり「そういえば昔参加したブルベで深夜一人で走っている時にですね、、、
そよ子「それって怖い話ですか?
とり「いや、人によっては怖いかもしれませんけど。
そよ子「ダメです、絶対ダメ。そういう話って絶対怖いやつだ!!
そんなこんなで徐々に住宅が増え、街中走行に切り替わると怖さは無くなる代わりにペースが信号で犠牲になる。とはいえ残距離と残時間を考えたらかなり余裕なので特に焦ることもなく。

そよ子「ものすごくいいペースで走れているような気がしますけれどとりさん輪行で帰れるかもとか期待していたりしないですか?足を引っ張るようで申し訳ないですけど最後のPCとゴールの間で休憩一回あると嬉しいんですけど。
とり「ああ、オレ京急だから品川24時ちょい過ぎで終電終わるから北千住に多少早く着いても意味ないですよ。それにFestive500完了のために自走で帰らないと距離足らんのです。
ここでFestive500をご存じなかった彼女に内容を説明し、ひと安心してもらう。
そよ子「なら終電は気にしなくて大丈夫ですね。

そんなこんなで松戸から金町を抜け北千住へ。
goal(302.5km)ファミリーマート千住曙町店
231230052.jpg
24:31着(close27:00)
終わってみればゴールクローズまで2時間半残しの17時間31分(そよ子さんは17時間30分)という認定時間。GPSのログを見せつつ最長記録更新です♪と嬉しそうだったのが印象的。記録更新でニコニコしつつもその場にいたヤガミさんに墓場脇を抜けるコース設定に関してクレームを入れたところ元々は両側に墓地のある急坂を通す予定だったものを変更したのだと聞いてなんとなく納得していた。

ブルべカードに記入後ゴールコンビニの並びにある郵便局まで移動してそのまま自走で帰るわたしは直進、ゴールコンビニのある交差点向かいのネットカフェで休んでから帰るというそよ子さんは引き返すのでその場で解散。
231230053.jpg
東武伊勢崎線車両庫

231230054.jpg
千住大橋のせくすぃなリベット

231230055.jpg
大晦日未明のざぎん

さすがに少々腹が減ったので鮫洲駅前の道楽本店でラーメンを食べて帰ることに。
231230056.jpg
231230057.jpg231230058.jpg
ラーメンとチャーシュー丼セット
正直チャーシュー丼は余分だったと反省しながら帰宅。

231230059.jpg
帰着は2時ちょい前

そんなこんなで初めて300kmに参加するランドヌーズをフォローして走るミッションは無事認定のいただける完走で締めくくれてFestive500も無事完了して計画通り。素晴らしき2023年ブルベ納めとなりました。

当日同ブルベに参加したみなさまお疲れさまでした。
ランドヌールさくらスタッフおよび関係者のみなさまありがとうございました。
またよろしくお願いいたします。
(と言いつつこの3日後には既にBRM102さくら200km羽田大鳥居でお世話になっている。)




挨拶がわりに気が向いたら押してやってください。
にほんブログ村 自転車ブログ ブルベへ
にほんブログ村

関連記事
タグ: ロードバイク  ロングライド  ブルベ  Rさくら  北千住  霞ヶ浦  Festive500 
Rapha Festiv500  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top
2024Jan07Sun

【初300の】1/2‐2023_BRM1230さくら300km北千住・霞ヶ浦【お手伝い】 

【2023_Rapha Festive500】

231230021.jpg
丁度タイミングよく
ガルパンラッピング車両


<実走行ログ:2023/12/30-31>
 
きっかけは12月24日に開催されたランドヌールさくら(Rさくら)主催のBRM1224さくら200km北千住・筑波のゴール受付兼懇親会会場でのこと。
『世界のアッコ』ことakkoさんがひとりの女性完走者(そよ子さん)とあれこれ会話を交わしていて、彼女が今回二度目のブルべ参加&完走だということ、翌週開催の同じくRさくら主催のBRM1230さくら300km北千住・霞ヶ浦にエントリーしていて単独走行予定だということなどを聞いて「ちょっととりさん、この子初300なんだから前を牽いて面倒見てあげなさいよ!」という無茶振りをかましたところ、当のご本人も「え?良いんですか!?」という反応だったのでそのまま一緒に300kmを走る流れに。ポタすら一緒に走ったことが無い相手なので走力は良くわからないけれど、偶然彼女の初ブルべである昨年秋のAJ神奈川主催【箱根200】のゴール受付にお手伝いにお邪魔した際、クローズギリギリでゴールに飛び込んで来たことと今回のゴール時刻を勘案すればギリギリ隊な人なのかなとは感じたけれど、見た感じ疲弊しきったようでもないのでフラットな【霞ヶ浦300】なら風さえ強くなければどうにでもなるだろうと判断。
まあ、フラットなコースは走力云々の前にとにかく風次第ではある。

スタートは7時に北千住、荒川河川敷虹の広場で自宅からの距離は約30kmなので途中補給込みで1.5時間強を見込んで5時ちょい前に出発。

231230001.jpg
ログを確認したら4:57だった

231230002.jpg
早朝の銀座を抜ける

231230003.jpg
最近気づいたけれど首都高江戸橋ランプって廃止されたのね

231230004.jpg
秋葉原のなか卯で鴨うどん

231230005.jpg
千住大橋を渡る

なんとなく勘違いしていてスタート地点はこの千住大橋付近だと思っていたけれど、よくよく考えれば中川に河川敷無かったな、、、という訳でさらに2kmほど北上してスタート地点へ。

スタート地点にはモロさんがお見送りに来てくれていた。かつてRさくら主催第一回BRM1105さくら200km長瀞の際「(スタート地点の光が丘公園まで)お見送りに行きますよ!」と言っておきながら体調不良でパスしてしまったという出来事に対しての汚名返上的w

モロさん、15氏、オフロスキw氏そしてそよ子さんたちと雑談を交わしていたらブリーフィング開始。
231230006.jpg
ブリーフィング

ブリーフィング終了後「これから車検を受けてスタートしてください!」というひとみさんのコールに参加者が三々五々移動を始めたところに「はい、車検お願い。」墨田Pさんがボールペンを渡してくるなど。あらかた車検が済んだところでわたしもひとみさんに車検をお願いしてブルべカードにサインを貰い、スタート準備完了。いざ【初心者アテンドライド】に出発。

先述の通りそよ子さんの走力は不明だったのでひとまず普段のペースをざっくり聞いてみた
とり「普段平地巡行で何キロくらいのスピードで走ってます?
そよ子「25キロくらいですかね、後半タレちゃって23とかになりますけど。
なるほど、なら取り敢えずこちらが前を牽くのだから普段の一割増くらいのペースで様子見しよう。ということで前半は平地巡行27KPHを目安に走行することに。

231230007.jpg
堀切橋で荒川左岸へ
錆の浮いた京成線のワーレントラス鉄橋が味わい深い。

231230008.jpg
情報提供を求める立て看板
『白色さま』ではなく『白色よう(=白っぽい)』なのはわかるのだけれどなぜかツボにはまってクスッとした。

231230009.jpg
そよ子「気持ちの良い道ですね~!

途中「この辺わたしの実家のすぐそばなんです!」そういえば1224の懇親会の際そんな話をしていたなあ、と。

PC1(44.2km)セブンイレブンつくばみらい東板橋店
231230010.jpg
09:31着(close10:12)
約45分のマージンはなかなかに順調なペース。平坦コースということで心配していた風の影響は今のところ感じない。

土浦市街を南から北に抜ける。
そよ子「かすみがうらマラソンなんてあるんですね、もうすぐなんですかね?
とり「いや、年が明けてからしばらく先ですね。昔走った時参加賞でTシャツ貰ったんですけど色が丁度運転免許証写真のバックとおんなじで、それ着て撮ると生首が浮いているように見えるんですよ。
そよ子「それ後でぜひ見せてください!

231230011.jpg231230012.jpg
田舎道を進む

231230013.jpg
あれって筑波山ですよね?」「そうですよ

231230014.jpg
恋瀬川ってエモいネーミングだよね

PC2(90.3km)セブンイレブン小美玉野田店
231230015.jpg231230016.jpg
11:56着(close13:00)

そよ子「コース確認していて思ったんですけど、この先茨城空港のそばを通るんですよね?
とり「通るけど滑走路から少し離れたところを通過するから飛行機は見えないかも、うまく行けば戦闘機は見られるかも知れないかな?百里基地の。
そよ子「百里基地!知ってます、近いんですか?
とり「いや、茨城空港と百里基地って滑走路おんなじだから。
そよ子「便数少なくて駐車場利用がメインになっているって聞いたことあります。
※1月2日の羽田空港での事故の際、振替着陸地になったりしているのであながち無駄な存在ではなかった。

231230017.jpg
その茨城空港ターミナル前を右折
そよ子「言われなかったら空港建物だと思えない地味な雰囲気ですよね。
とり「まあ、市役所庁舎って言われても違和感ないかなあ。

茨城空港を過ぎて東進し、北浦東岸を南下。
231230018.jpg231230019.jpg
鹿島臨海鉄道大洗鹿島線の高架

北浦湖畔駅西側の高架下を通過したとき丁度汽車が入線してきた。
231230020.jpg231230021.jpg
ガルパンラッピング車両

231230022.jpg231230023.jpg
鹿行大橋と北浦大橋

231230024.jpg

231230025.jpg
南の方はちょっと雲が多い

231230026.jpg
JR鹿島線の高架を潜る
単線なのでアスペクト比がなかなか新鮮な感じ。

クイズChk.(135.1km)鹿島神宮
【問:鳥居前自販機物件コードNo.は?】
231230027.jpg
14:10着(想定close16:00)
約二時間のマージンなのでどこかでお店に入って食事休憩も可能だろう。事前に考えていたペースだと早めに銚子市内で夕食でもと漠然と考えていたけれど想定よりもペースが結構早めなので銚子の先で何か考えようとか考えつつ。
そよ子さんの方はぼちぼちダメージの蓄積が来たようで「次のPCで少しゆっくり休んでも良いですか?」と。ちょっとペース抑えようかとか考えつつ。




挨拶がわりに気が向いたら押してやってください。
にほんブログ村 自転車ブログ ブルベへ
にほんブログ村

関連記事
タグ: ロードバイク  ロングライド  ブルベ  Rさくら  北千住  霞ヶ浦  Festive500 
Rapha Festiv500  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top
2024Jan05Fri

【年の瀬の】相模運輸倉庫専用線跡【ダイヤモンドクロッシング】 

【2023_Rapha Festive500】

231229024.jpg
相模運輸倉庫専用線跡
この先何年残っているかねえ

※画像モチーフは今回とほぼおんなじ


<実走行ログ:2023/12/29>

毎年年末恒例、12/24-31の8日間の期間中で累計500km以上自転車で走ろうというオンラインイベントRapha Festive 500に今年もSTRAVAでエントリー。
今年の年末は12/30-31にランドヌールさくら主催の【BRM1230さくら300km北千住・霞ヶ浦】に参加予定なので自走往復と合わせて約360kmが(DNSやDNFしなければ)確定。12/28までにポタや通勤ライドで約60kmほど走行済みだったのでこの日に最低80kmほど走っておけば間違いなく今年も達成できるはず。ということで途中横浜中央卸売市場の竹家食堂で昼食をいただきながら久し振りに田浦のダイヤモンドクロッシングを眺めてこようと計画、のんびりお昼前に自宅を出発。
231229001.jpg
スタートは11時半ごろ
後に若干後悔することになった。

231229002.jpg
準定点:JR国道駅、機銃掃射弾痕

一旦東海道旧道に入ったものの生麦魚河岸通りは夕方まで原則自転車走行不可で押し歩きしなければならない旨書かれた立て看板があったので歩行者の姿はまばらだったものの第一京浜国道に移動、しばらく進んで新子安の先で浜通りに逸れた。

231229003.jpg231229004.jpg
富士見橋からの水辺

横浜中央卸売市場に入場して竹家食堂前まで行ってみたところ、既にシャッターが半分降ろされてしまった状態で、よくよく確認してみたら13:30閉店だと思い込んでいたのに実際の閉店時刻は12:30なのであった。
※忘れないように強調しておく。

どうしたものかと逡巡しながら市場を出たら、出たところの角のお店に『五島うどん』という表記があったので迷わずそちらに。
231229005.jpg
横浜市場食堂つるや

海鮮がメインのお店ながら五島うどんも供してくれるので五島うどんのぶっかけと(鶏)唐揚げ丼のセットを注文。
231229006.jpg231229007.jpg
ぶっかけ五島うどんと唐揚げのセット(¥1,000‐)
唐揚げ丼は一見ミニ丼に見えて結構な深さがあるので思いのほかボリューミーなもの。うどんともども大変美味しゅうございました。
因みにうどんの注文は14時まで。
※これまた忘れないように強調しておく。

231229008.jpg
よこはまコスモワールドの観覧車

231229009.jpg
横浜開港記念会館(三塔:ジャック)

MM地区から山下公園前を抜け、ちょっと道を勘違いして遠回りしつつも港の見える丘公園へ。
231229010.jpg
2023_ガンダム納め

231229011.jpg
2023_ベイブリッジ納め

根岸から坂を下ってR357方面へ。(コース確認していないけれどこの辺は年明けの【BRM102さくら200km羽田大鳥居】はこの辺走るんかなあ?)とか思いつつ。
※ちなみにこの時点ではまだコース確定していなかったらしい。とはいえ後半部分。

231229012.jpg
野島掩体壕

231229013.jpg
追濱トンネルと廃線跡らしき高架

この高架がなんなのか、結構前から気になっていてあれこれ調べているけれどどうにもよくわからない。古い航空写真では1945年~69年までは線路のようなものが写っているけれど(44年以前の写真は見つからなかった)1974年以降には写っていない。ちなみに赤く印を入れた辺りが上の画像の位置。
スクリーンショット 2024-01-05 174343
この写真の画面外左の方にも右の方にも線路らしいものは写っていないのでこの存在は個人的にひたすら謎。まあ道路の向かいにあるイシカワ製作所の工場関連施設だったのかな?とか。

東芝ライテック工場脇から一旦R16へ、船越隧道を抜けてすぐ長浦港方面へと逸れ、田浦駅前を通過。
231229014.jpg
田浦駅前の案内地図看板
まだ目立った傷みとか見られないので当分の間線路の表記が残ったこの看板は残るのだろうなという勝手な印象。

231229016.jpg231229015.jpg231229017.jpg
地図看板には表記されていない廃線
海上保安部建物は仮囲いに囲まれていておそらくは解体され新築されるのだろうけれど、仮囲いの中の範囲にある線路は舗装で潰されてしまうのだろうなと思うと少々残念。そうやって徐々に廃線跡が消失していくのだろう。

231229018.jpg
231229019.jpg231229020.jpg
231229021.jpg231229022.jpg
ダイヤモンドクロッシングあれこれ

231229023.jpg231229024.jpg
弾薬庫(S-1埠頭)方面に伸びる線路

231229025.jpg231229026.jpg
横須賀線から分岐した支線の鉄橋
田浦駅の南側で分岐した支線は専用のトンネルを抜けてこの橋を渡り、先の弾薬庫方面への線路になる。

廃線を堪能し、引き返す。距離的には目論見通りになりそうなので復路は特に面倒くさいことは考えず、オーソドックスなルートを使って横浜を抜けて第一京浜国道へ。途中、これまた久し振りなので道の反対側に渡って定点の日本丸で記念撮影。
231229027.jpg
お久し振りの定点:日本丸

231229028.jpg
帰着は17時半頃

231229029.jpg
予定通り残り350kmちょい

あとは翌日開催の【BRM1230さくら300km北千住・霞ヶ浦】を完走&往復自走出来たら今年もFestive500完了の運び。




挨拶がわりに気が向いたら押してやってください。
にほんブログ村 自転車ブログ ブルベへ
にほんブログ村

関連記事
タグ: ロードバイク  ポタリング  Festive500 
Rapha Festiv500  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top
2024Jan04Thu

【風に日和って】2/2-2023_AJたまがわ大忘年会【帰りも輪行】 

231217028.jpg
修善寺駅利用の際の定番
鯵寿司


<実走行ログ:2023/12/17>

231216049b.jpg231216049.jpg
しいたけマドレーヌ実食
甘く煮付けたしいたけが丸ごと入っているマドレーヌだった。

さて、湯上りに部屋でのんびりまったりしていたらすぐに夕食時刻。食堂に移動して、ホテル側が確保してくれていた一画で夕食&歓談。
231216050.jpg231216051.jpg
晩ごはんあれこれ(ブッフェスタイル)

231216052.jpg
231216053.jpg231216054.jpg231216055.jpg
食後に宴会部屋に移動して二次会
まあ、どこのクラブの忘年会も同様ですが、二次会こそが本番ですよね。

231216056.jpg231216057.jpg
なかなか珍しいお酒もいただいた
普段洋酒はあんまり飲まないからねえ。どちらもかなりスモーキーなお味でした。

何時ころまで騒いでいたのかは覚えていない。いつものように寝落ちしていて気が付いたら布団の中で朝だった。

さて、お目覚めは朝(当り前だ)
部屋の全員がまとめて朝食会場に赴かねばならないので全員目覚めて揃ったところで朝食会場に移動
231217001.jpg
朝食

231217002.jpg
窓外の駿河湾はかなりの荒れ気味

231217003.jpg
前夜配布されたおやじ氏の手土産品
は補給食として携行していくことに。結局自走しなかったので帰宅後のおやつになった。

231217004.jpg
ひと晩お世話様でした
宿を出る前に『強風のため駿河湾フェリー欠航』との情報を得ていて、実際表に出たら結構な勢いで風が吹いていたのであっさりと自走帰宅は諦め、輪行することに決めたけれど空に雲がほとんどなかったので富士山くらいはしっかり眺めて帰ろうと考えて西伊豆スカイライン経由修善寺からの輪行を画策。土肥からひたすら坂道を登る。

231217005.jpg

山に遮られているおかげか風はさほど強いものとは感じられなかったけれど
231217006.jpg
駿河湾は波頭が白かった

グリーンヒル土肥を過ぎてすぐ、トンネル横の旧道に入り、土肥峠を指して進む。
231217007.jpg231217008.jpg
前日からの強風の影響か

勾配が緩やかなのでのんびり気分よく。どちら方向にもほぼ車が来ないのでさらに気分は軽く、時折視界が拓けて駿河湾が見える。
231217009.jpg
土肥方面を眺める

231217010.jpg
『古くからの往来』感がある

231217011.jpg
勾配が急だったらツルンといきそう

先の見通しが良い区間に差し掛かったところ3、4人のサイクリストが先行しているのが見えた。おそらく忘年会参加者だろうけれど誰かな?とか思いつつ。
231217012.jpg231217013.jpg
土肥峠着

峠の表示のすぐそばに駐車スペースがあって斜面に階段が取り付けられていたので展望台かと思って登ってみた。
231217014.jpg231217015.jpg231217016.jpg
まったく展望がない
231217017.jpg
縦走路の休憩所だった
あるいは車をここに停めてここからスタートするも良し、か。久し振りにトレランでもやるかという気になる。

ぐるっと回りこんで船原峠から西伊豆スカイラインへ。いや、ここは遮るものが無くてめっちゃ風強いんですけど。
231217019.jpg231217018.jpg
船原峠にて

松原峠から先は勾配と風に翻弄されつつの走行。いやはや、ディープリムで走行すると煽られてしまって怖いのなんの。改めて修善寺から輪行しようと心に誓う。
231217020.jpg231217021.jpg
達磨山登山口手前
物凄い強風に煽られながらの撮影だった。
右の画像を撮っていた時、先ほど土肥峠手前で見かけた人たちであろう坂道を登って行くサイクリスト集団と、反対向きにこちらに向かって来る一人のサイクリストの姿が目に入った。

リスタートして坂道を下り始めたところ、こちらに向かって来たのはAJたまがわ東葛藩のナカムラさんであることが判明。
「あれ?どうしたんですか?」
「ホテルに車を置いてここまで走って来たので富士山を見たから引き返すところです。」
なるほど。

達磨山東麓を巻いて小達磨山に向かう。風は相変わらず相当強く、山の周囲なので風向きはまちまちでバランスを崩さないようしっかり身構えて進む。
231217022.jpg
正面に富士山

231217023.jpg231217024.jpg231217025.jpg
小達磨山と富士山

小達磨山を通過して戸田峠を通り抜け、ほぼノンストップでダウンヒルを駆け下りて修善寺へ。相変わらずバランス維持のために身体全体を緊張させていたので修善寺の門前町まで降りた時には体全体がこわばっていた。

そこでそばでも手繰ろうかと思ったけれど、かなり消耗していたので気分が乗らずにそのまま修善寺駅へと向かう。駅に着いたら10分ほどで特急踊り子が発車するとのことだったので慌てて乗車券を購入して輪行準備。どうにか整ったところに駅前で昼食を摂っていて同じく輪行するというmoritoさんと出くわした。切符を買わずに車内で購入するという彼は改札を抜けてすぐの車両に乗り込み、指定席が先頭車両だったわたしはそのまま先へ。
231217026.jpg
ちらっとmoritoさん

乗り込む前にバタバタしながらも購入した鯵寿司と、前夜の忘年会で残ってしまった缶ビールでほっと一息。ビールはリュックに入れておいたけれど外気温が低かったのでぬるくはなく丁度良い冷え具合。
231217027.jpg231217028.jpg
缶ビールと鯵寿司

231217029.jpg
熱海駅付近

のんびり車窓の景色を眺めて川崎まで、往路では横浜駅で乗り換えたのになぜ川崎まで切符を買ってしまったのか反省しつつJR川崎駅から京急川崎駅まで歩いたのち京急線に乗り換えて一駅乗って自宅まで。

三週連続の忘年会は三回とも違う相棒で参加することになったのだけれど(神奈川:Tyrell_FSX・千葉:RIDLEY_KANZO-A・たまがわ:FOCUS_IZARCO MAX)一番走行距離が長くなるだろうからとたまがわ忘年会にFOCUSを選んだのに一番短い距離しか乗らなかったw
まあ、自分にとって一番輪行しやすい機材だったので結果オーライではあったかな。

という訳で忘年会参加者の皆様お疲れさまでした、特にお酒をはじめとしたあれこれをご提供してくださった方々には感謝の念しかありません。ありがとうございます。






挨拶がわりに気が向いたら押してやってください。
にほんブログ村 自転車ブログ ブルベへ
にほんブログ村

関連記事
タグ: ロードバイク  AJたまがわ  忘年会  土肥  西伊豆スカイライン 
イベント  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top
2024Jan03Wed

【魅惑の】1/2‐2023_AJたまがわ大忘年会【柱状節理】 

231216033.jpg
横倒しの柱状節理を洗う
旭滝の流れ
最高に素敵な滝でした

<実走行ログ:2023/12/16>
 
昨年は開催されなかったAJたまがわの大忘年会が今年は開催kされる運びとなり、会場は数年ぶりの土肥伊東園ホテルと相成りました。
当初は当然ながら自走で行く気満々でコースも引いていたのですが、前夜の痛飲と朝目覚めた時の強風に伴う窓外の激しい物音に辟易とさせられ早々に自走を断念。輪行で半分くらいショートカットして函南から走ってお茶を濁すことに。清水まで出て駿河湾フェリーを使えばほぼ輪行だけで到着できるコースになるけれど、自走を諦めたそもそもの理由が強風なので万が一フェリーが欠航になったりしたら目も当てられない。

が、輪行するからのんびりで良いなんぞという考えでいると往々にして陥穽に嵌りがちで、ご多聞に漏れることなくバタバタと自宅を出る羽目に陥ったのが10時過ぎ。どうにか最寄り駅から目当ての電車に乗り込めて、横浜駅で熱海行き普通列車のグリーン席を確保。普段貯めているばかりのことが多いJREポイントを活用するまたとない機会でポイント利用だと料金もお得なのでありがたい。

231216001.jpg231216002.jpg
遅い朝ご飯はシウマイ弁当

一階も二階も八割方埋まったグリーン車でのんびり。ビールでも飲みたい気分だったけれど降りてから自転車漕がなきゃならんのでお茶で我慢。
231216003.jpg
真鶴駅舎の屋根に虹

終点熱海駅で沼津行きに乗り換え、一駅進めばひとまずの目的地函南。元々のコースも函南駅至近をかすめるような設定になっていたのでGPSのルートマップは元のコースをそのまま使えるので無駄がない。
231216004.jpg
231216005.jpg231216006.jpg
熱海駅に停車中だった黒船列車

231216007.jpg231216008.jpg
こいつに乗り換えます

231216009.jpg
函南駅ホームの屋根
古い方の屋根支柱はレール鉄骨を流用している味わい深いもの。
駅に到着したので早速輪行解除。過去何度か利用したはずの駅ではあったけれどほとんど記憶にないので周囲を確認してみたら日本土木遺産の案内板があった。
231216010.jpg
日本土木遺産案内板
231216000.jpg
一般立ち入り禁止の丹那トンネルを案内されてもな
もう一方の桑原川橋梁はすぐぞばだったので立ち寄ってから移動することに。駅前の坂を下って行って橋を渡れば右手にそれは見えた。

231216011.jpg231216012.jpg
桑原川橋梁
『橋梁』というより水路トンネルのように見えるが実際のところ架橋した上に丹那トンネルから排出された土砂を約20m盛土して線路を通しているのでそう見えるだけらしい。表面(ポータル)を自然石で化粧した三連アーチ橋(拱渠・きょうきょ=水路や道路を鉄道線路がまたぐ際に設置されるアーチ型の橋梁)で、三連のものは珍しいのだとか。

来た道を少々引き返し、緩い坂道を下ってた県道が当初引いた自走コース。しばらくコースなりに走って行き、コースを引いた際の主目的だっためんたいパークに到着。
231216013.jpg
かねふくめんたいパーク伊豆

231216014.jpg
生憎富士山は雲の向こう

231216015.jpg231216016.jpg
目論見通り鬼盛り!めんたい丼をいただく
美味しゅうございました

食事を終えコース確認でスマホをいじりながら歩いていたら二人のサイクリストが近づいて来るのが視界の端に入った。片方の人がこちらの顔を覗き込むようなしぐさを見せたのでそちらに目をやると、なんと二週間前に「良いお年を!」とあいさつを交わしたオモテ先生なのでした。お友達と一緒に走ってきてここでご飯を食べて帰ろうということにして立ち寄ったのだとか。

「パッと見たらFOCUSが停まっていてAudax Japanの反射材が付いていたからもしやと思って店内をみたらとりさんが食事していたので驚きましたよ。今日はどの辺を走ったんですか?」
「これから土肥でたまがわの忘年会なんです。風が強かったから自走しないで函南まで輪行したからまだ10kmも走っていないですw」
「風強かったですよ!なんなら軽く雨も降ったし。」
と、先生のお連れさん。やはり輪行は正解だったのだ。ちなみにオモテ先生はAJ神奈川主催の2024年初頭のブルベ、【逗子200】、【追い風400】には仕事の都合で参加できないとのことだったけれどスタートかゴールに顔出しするかもとのこと。
231216017.jpg
オモテ先生とお友達の自転車

お腹を満たし、偶然の邂逅に驚いたのちゴールに向けてリスタート。
231216018.jpg231216019.jpg
狩野川沿いを進む

231216020.jpg231216021.jpg
石堂橋と大仁橋
狩野川に架かる橋はワーレントラス式のものが多いような印象

231216022.jpg
修善寺をかすめる
※ここを通っているのはミスコース

特に北向きでブルべ中頻繁に通過するルートで度々その表示を見かけるものの北向きだと軽い下り基調の区間だし、わき道に逸れてどのくらいの距離進まなければ良いかわからなかったので訪問したことの無かった旭滝に、今回は時間の余裕があるので立ち寄ってみようと思い立ってそちらに向かってみたらほんの少々進んだだけで到着してしまった。これならブルべ中立ち寄っても大したロスにはならないからちゃんと調べておけば良かった。いやはや素晴らしく好みドストライクなロケーションでした。
231216024.jpg231216029.jpg
231216025.jpg
231216026.jpg231216027.jpg231216028.jpg
231216030.jpg231216032.jpg231216031.jpg
231216033.jpg231216034.jpg231216037.jpg
231216035.jpg231216036.jpg
旭滝あれこれ
降雨の影響で足元がぬかるみ気味だったしサイクルシューズでの石段の昇降は危険と判断して展望台までは登らなかったけれど次回訪問の際には上まで登ってみたいもの。

231216038.jpg231216023.jpg231216039.jpg
旭滝に隣接する大平神社
階段下から拝殿を見上げると旭滝と並んで見える。

旭滝をリスタートしてほどなく、ここも毎回気になっていた『しいたけマドレーヌ』のお店へ。
231216040.jpg231216041.jpg
6個入りを一つ調達

231216042.jpg
いつか立ち寄りたい施設

231216043.jpg
ところどころ色鮮やか

231216044.jpg
伊豆といえばわさび田

231216045.jpg
15℃もあって登りはガチで暑い

231216046.jpg
なんか押井守監督の『人狼』みたい
これ、いたずら書きとかされたんか?とか思うような絵なんだけどこれで正規なの?

231216047.jpg231216048.jpg
そんなこんなで17時過ぎ頃無事宿に到着

伊東園ホテルなので夕食会場は入れ替え制で我々は19:30からとのことだったのでお風呂に入ってのんびり部屋飲みしつつ時間つぶし。



挨拶がわりに気が向いたら押してやってください。
にほんブログ村 自転車ブログ ブルベへ
にほんブログ村

関連記事
イベント  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top
2024Jan01Mon

【苺と鰻の】2/2-2023_AJ千葉忘年会【食べ合わせ】 

231210015.jpg
潮来の伊太郎
なんだかんだ初めて目にした
歌自体も子供の頃ちらっと聴いただけだったし


<実走行ログ:2023/12/10>

前夜(というか当日未明)3時ころまで宴は続き、わたしは布団にも入らず椅子に座った状態で寝落ちしていて目覚め、改めて布団に潜り込んで目覚めたら朝食スタート時刻から一時間ほど経過してしまっていた。同室の面々のうちひであさんだけは「ほかの同室者まだ寝ているけど朝食大丈夫ですか?」と受付に問うたら通してくれたとのことで朝食済み。残りのメンバーで食堂に移動、テーブルに着いていて既に食後の語らいなんぞをしていたみいさん「遅いよ!」と笑われながらもあれこれ調達。
231210001.jpg
朝ごはん

まっすぐ帰るのも芸がないけれど特にノープランだったわたしは潮来市街地の洋菓子店に立ち寄ってから帰るというみいさん、リュウさんのミニベロコンビにどこか適当なところから輪行で帰るつもりだというべいさんと共に付いていくことにした。

ホテルから坂道を下って北浦湖岸へ、前日鴨を見に行ったルート。
231210002.jpg
相変わらず鴨だらけ

231210003.jpg
よく見たら白鳥も混じってる

231210004.jpg
岸から飛び立ち&着水のダイナミックな瞬間

231210005.jpg
遠くにJR鹿島線の橋梁

231210006.jpg
みいさん、リュウさん、べいさん

231210007.jpg
太鼓橋みたいなのが見えて来た

231210008.jpg
献上菓舗さわた
みい「会社の人と話しててさ”今度潮来に行くんですけどどこか良いお店無いですかね?”って聞いたら”潮来なら『さわた』があるじゃないですか!”って言われてそうだった!って思ったんだよね。」
マドレーヌが有名なお店なのだそうで。

231210009.jpg
自転車乗りにも優しい

サコッシュに入る程度にあれこれ購入して一部を近所のコンビニで購入した缶コーヒーと共にいただく。
231210010.jpg231210011.jpg
美味しゅうございました

潮来から輪行するというみいさん&リュウさん、潮来から輪行する誘惑にあらがってひとまずR51を南下しながら考えるというべいさんと別れ、軽く前川沿いを走ってから帰ろうと考えて川沿いを進むことにした。今まで通過はしたことがあっても潮来自体をつぶさに見て回ることは無かったし。
231210012.jpg
前川

231210013.jpg
夜はイルミネーションキレイだろうなあ

231210014.jpg231210015.jpg
お初となる潮来の伊太郎
歌の出る歌碑だったけれど橋幸夫の歌はボタンが壊れて(あるいは封印されて)いて流れない。

231210016.jpg231210017.jpg
水雲橋というのか
普段なら橋の中央部まで行くところだけれどなぜかこの日は気が向かなかったのでパス。

231210018.jpg
潮来花嫁さんの歌碑はばっちり歌が出る

それにしても人影のない街である。さわたにも車で来店している人が何組かいたので人自体がいないわけではないのだろうけれど、普通朝のこの時間帯って一人や二人散歩している人を見かけそうなものだけれど、そういうのが一切ない不思議な光景だった。
231210019.jpg
本当に無人

231210020.jpg
観光船引き揚げ場所

231210021.jpg
人がいない

231210022.jpg
道がグラベルに切り替わったと思ったら
231210023.jpg
工事中通行止め&要迂回
ここで気持ちが萎えて、わざわざ迂回する気にならなかったので引き返して帰路に就くことに。

231210024.jpg
常陸利根川

231210025.jpg
常陸利根川との合流地点の水門からの前川

231210026.jpg
『未来型超高速船』という響きが良い

231210027.jpg
しばらく常陸利根川沿いを進む

常陸利根川を渡ってしばらく南下、一路R51との合流を目指し、合流してからはひたすらR51を千葉市方面に向けて走る。
231210028.jpg
与田浦にも鴨がたくさん

231210029.jpg
水郷大橋で利根川を渡る

231210030.jpg
沈舟

231210031.jpg
鴨のつがい
少し離れたところに群れがいたけれど、この雌雄のつがいは離れてポツンと仲良く。

231210032.jpg
千葉国へ

しばらくR51を南下して成田に向かうものの日差しがきつくて暑いくらい。(なんだこの暑さ、もう12月だぞ?)とか思いつつ進んでいたら『凍りイチゴ削り』の看板が目に入ったので成田ファームランドに立ち寄り。お昼時だったのでご飯を頂いても良かったけれど、成田を通過するなら折角だからお昼は久し振りに鰻にしようと考えていたので丸ごと凍りいちご削りだけ。
231210033.jpg231210034.jpg
成田ファームランド
231210033b.jpg
20個分のいちごを使ったという丸ごと凍りいちご削り

クールダウンしてリスタート。予定通り駅にほど近い老舗川豊別館に立ち寄り。
231210035.jpg
川豊別館
231210036.jpg231210037.jpg
上うな重と肝吸い
大変美味しゅうございました。

リスタートしてしばらくR51を進み、酒々井からR296で船橋に抜け、船橋からはいつもお馴染みのコースで自宅まで帰るパターン。
231210038.jpg
歪んで見えて不安になる橋
通過してみたら左右のアーチが正対しておらずオフセットしていたので梁材は水平に架かっているのに遠目では傾いて見えるのだった。ほんの数mの違いなのになぜわざわざオフセットさせたのだろう?構造計算とかめっちゃ面倒くさくなりそうだけれど、この方が材料コスト下げられたのかね?基礎地盤の強度の問題とかあったのだろうか。

船橋に入り、すっかりルーティンとなっているルートを辿る。
231210039.jpg
行徳可動堰/行徳橋越しの夕陽

231210040.jpg231210041.jpg
いつもは通過してしまうのでたまには

231210042.jpg
ようやく東京都に㏌

231210043.jpg231210044.jpg
今井橋からの富士山とスカイツリー

231210045.jpg
新今井橋からの今井水門
大好きな水門の一つ

231210046.jpg
新大橋からの清洲橋

231210047.jpg
夕暮れ時の銀座を抜ける

銀座から第一京浜国道(R15)をひたすら南下、無事自宅まで帰着。
231210048.jpg
帰着は18時ちょい過ぎ
お疲れさまでした

そんなこんなで三週連続一泊二日の忘年会第二弾、AJ千葉忘年会が無事終了。
参加の皆様お疲れさまでした、楽しかったです。




挨拶がわりに気が向いたら押してやってください。
にほんブログ村 自転車ブログ ブルベへ
にほんブログ村

関連記事
タグ: ロードバイク  AJ千葉  忘年会  潮来 
イベント  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top