FC2ブログ
03« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»05

日記超。-改・弐-

  : 

自転車だったりマラソンだったりトライアスロンだったりお酒だったり。

2024Apr16Tue

【のんだくれ共の】2/2-フレッシュ日本橋 2024(集まれ!2024 年も日本の道はここに始まる)【優雅なライド】 

240330064.jpg
富士山がキレイに見えたライドでした


<申請ルート:実走行2024/0330-31>


思いがけず『当たり』を引いた昼食でお腹を満たしたので満を持してリスタート。
240330045.jpg
南国風味の道を進む
軽く向かい風を感じた区間があったもののほどなく追い風に切り替わる。信じがたいことに御前崎前後で追い風基調が止むことがほぼ無く、終始軽い気持ちでのペダリングが続いた。

240330047.jpg
富士山を眺めつつ大井川を渡る
藤枝市街地を抜け内陸へ向かい、旧東海道を進む。

240330048.jpg
岡部宿の松並木

240330049.jpg
岡部宿大旅籠柏屋

240330050.jpg
【岡部一ト火(ひととひ)灸療院】
なんとなくネーミングが気になったので撮ってみたけれど、調べてみたら400年の歴史を持つ灸療院であった。

今回はいつもの宇津ノ谷峠越え、、、ではなく国道トンネルを抜ける。東西どちら向きでもトンネルを抜けたことが無く今回が初めてだったのでなかなか興味深く新鮮だった。そしてやっぱり峠を越えずにトンネルを抜けるのは楽だったw

トンネルを抜け丸子宿へ。
240330051.jpg
丁子屋前を通過

240330052.jpg240330053.jpg
富士山を眺めつつ今度は安倍川を渡る

PC3(182.4km)
240330054.jpg
ローソン静岡西脇店16:06着

藤枝の手前辺りからべいさん「いちご街道でいちごを味わいたい!」わがまま口にしていたものの時間帯的にいちご街道沿道の、その場で食せるようなめぼしい販売所は軒並み終業してしまっていたけれどその中で一軒まだ営業しているところを見つけて滑り込み。
240330055.jpg240330057.jpg240330056.jpg
石垣いちご生ジュースとべいさんからのおすそ分けあまおう
我々がリスタートしようとしていた時に店員さんが閉店準備をいそいそと始めていたので非常に良いタイミングで滑り込めたものである。

240330058.jpg240330059.jpg
いちご街道東端は結構な渋滞

清水市街地を抜ける際、当初ルート案では【自転車進入不可】な区間を抜けるようになっていた箇所があったもののそばりさんが事前にそれに気が付き、周知してくれていたので当日になって標識を目にしてバタバタしたり、気付かず進入したりすることもなく無事側道を通過。今回『ブルべ前はキュウシートを読み込みストリートビューで確認し、ルート上でネックになりそうな物事はすべて把握したうえで本番に臨むスタイル』そばりさんにミスコースの指摘等で一再ならず助けられることになり、Fleche参加経験が複数回あるため「何かあったら初参加のそばりさんをしっかりフォローしてあげよう!」と、『経験者ならではの余裕』をぶっこいていたおっさんズ(というかミスコースは大抵わたしw)はなかなか立つ瀬が無かったりする。

清水市街を抜け興津健康ランド方面に向かうと正面に鉄骨やぐらが見えて来たので
とり「べいさん、【ちきゅう】のやぐらですよ、あれ。今日は埠頭に停泊しているんですね。」
べい「なにそれ。」
とり「世界一深く掘削できる船ですよ!」※7,000mまで掘れる
べい「へー。」
温度差。。。

240330060.jpg240330061.jpg
清水港興津第二埠頭に停泊中の
地球深部探査船「ちきゅう」

240330062.jpg
そしてお馴染み『するけん』こと駿河健康ランド

240330063.jpg
興津川は前日までの雨で濁流に
流量もかなり多い。

由比BPは自転車通行不可なのでいつものように海側の歩道を進む。
240330064.jpg240330065.jpg
富士山に向かって進む

240330066.jpg
薩埵峠を見上げる

240330068.jpg
由比宿を抜ける

240330067.jpg
由比宿を抜けてからのルートは海側
山側より距離が短く要らんアップダウンが一つ減るので好きw

240330069.jpg
新蒲原駅と富士川駅の中間付近から

240330070.jpg
富士川橋は歩道を走行
狭いけどところどころすれ違い用スペースがあるので路肩に余裕のない車道を通るよりは安心。

富士市街に入り、コース沿いにあったガストに入店、夕食タイム。
240330071.jpg
チキンステーキセットと単品追加のハンバーグ

PC4(243.7km)
240330072.jpg
セブンイレブン沼津白銀店20:10着

平地中心で策定されたコース、かつこれまでは追い風の猛烈なアシストで体力の消耗が最低限で済んだ走行ながらここから先はどうしても坂を越えなければならないのでさすがにべいさんも肚を括って登り始めるが、諸々勘案の上この先御殿場駅付近のスーパー銭湯で汗を流し、仮眠を取ってから先に進もうということになりそちらに向かう。ここでちょっと複雑だった御殿場駅方面に向かうルートを進む際にも事前のコースチェックをしてきていたそばりさんのおかげで迷うことなくすんなり移動できたのであった。

スーパー銭湯に到着し、受付。ここでも事前計画時にここを利用するかも知れないという話題が出た時点で色々下調べを行ってクーポンを入手していてそばりさんの恩恵に浴することとなったおっさんズ。なぜこうも初心者におんぶに抱っこなのか、、、というよりこれまで経験してきたFlecheがいかにグダグダであったかということの証左と言えなくもない。まあ今までそういうFlecheを走って来てしまったしそれで何とかなって来た(※モロさん、べいさんはそのグダグダさ故に出走経験が豊富であっても完走経験が極端に少ないw)から仕方ない。
いや、こうして思い返してあれこれ列記すると今回の我々のチームはそばりさんがいたからこそ完走できたのだと結論付けてもなんら言い過ぎ感が無い。

仮眠とはいえ一か所で2時間以上留まって休憩しはいけない(=建前として常に移動し先に進み続けなければならないけれど安全面も考慮して2時間未満の大休止は認める)のでさっと汗を流して休憩所で横になって軽く目を瞑る程度。それでも十分さっぱりして気分がリフレッシュできた状態でリスタート。

PC5(279.8km)
240330073.jpg
セブンイレブン駿東小山店23:51着

ここまで来たらあとは下り基調の緩やかな勾配のフラットな道と多少のアップダウンはあっても基本真っ平らなコースしかない(はずであった)。

快調に下り基調の道を進み、PCのコンビニに辿り着いてみたら、、、終夜営業を行っていない店舗。近年人手不足もあって終夜営業を取りやめるコンビニ店舗が増えている。最近は傾向が変わりつつあるとはいえコンビニの存在に大きく依拠しているブルべの証跡のありようは変わって行くのだろう。これも世の趨勢次第だとは思うけれど。

PC6(305.0km)
240330074.jpg
ファミリーマート小田原中町店01:16着
証跡に時刻の写り込んだカードの写真や集合写真を撮って移動。証跡云々以前に補給物の調達も兼ねていたところなのでリスタートして最初のコンビニに立ち寄り。

240330075.jpg
AJ神奈川のBRMでPCとして利用する機会が多い

これまで同様(御殿場区間ではモロさんが先頭だった)わたしが前に出ようとしたらべいさんに制止された。
べい「あ、とりさん!とりさんに先頭を任せると牽き殺されそうだからボクが前に行く!」
と、高らかに宣言。というか人をなんだと思っているのかw

相変わらずの追い風基調で気分よく流せているけれどどうやらべいさん的にはもう一声追い風の恩恵が欲しかったようで「江の島遠い~~~!」とひたすら泣き言を口にしていたのはここだけの話として秘す(ぇ?)。

PC7(335.3km)
240330076.jpg
マクドナルド江の島店04:01着
22時間ポイント証跡は当初計画通りのタイミングでゲット。後はゴール方面に向かってひたすら進むのみだけれどこの先横浜市中心部に向かうとなるととにかく信号の繋がりがよろしくないので正直集団走行でグロス12.5KPHを大きく上回れることは無さそう、すなわち思った以上にギリギリになる可能性があるということ。

そんな懸念を、先ほどの『(とりが先頭だと)牽き殺されそう』という理由でゴールまで前を牽くと宣言したべいさんに伝達してリスタート。

海沿いのR134から腰越で離れて内陸へ。湘南モノレール軌道下のアップダウンを進む。ご丁寧に鎌倉山標柱前も抜ける。
とり「なんでこんなところ通すんですか!最後の最後に。」
べい「最短なんだから仕方無いじゃん。」
とり「この辺は以前のAJたまがわのコースで使っていたんだけど坂道多いから変えたんだよね。」
Hachiyama「あ~。そういや昔ここ通ってましたよね。」
とり「ぴかさん(AJたまがわ初代代表)がさ、”最後にアクセント的なアップダウンを~”みたいなことを言ってここを組み込んでいたような記憶。」
べい「そんなはた迷惑なアクセントを!あ、そうだ。とりさん、来年のたまがわブルベでこの坂を通すルートを復活させてよ!ボクたちだけこんなに苦労するのはなんか癪だし。」
とり「ひたすら追い風に恵まれまくった代償だと思ったらよろしいですやん。それにそれって八つ当たりですよw」
死なばもろともな精神、、、か?

べい「とりさんさあ、さっき言ってた【信号の繋がりが悪い地獄の区間】ってまだ?」
とり「とっくに入っていますよ、さっきから信号に引っかかりまくってるじゃないですか。」

そんなこんなの会話の後、ちょっと道を間違えたりしつつどうにかこうにかオンタイムでゴールに到着。まずはみんなで揃ってお買い物を済ませて証跡レシートをゲット。

goal(361.7km)
240330078.jpg240330100.jpg240330101.jpg
ファミリーマート横浜高島2丁目店06:00着
いやはや本当にお疲れさまでした。
一応わたしはチーム名にちなんでノンアルビールを購入した。

そばり「皆さんありがとうございました、おかげさまで初Flecheを無事完走できました!」
べい「今回はずっと追い風に恵まれてなんとなく和気藹々とした雰囲気だったけれど、Flecheってのは本来もっと殺伐としているんだよ。ペースが合わなかったりメカトラがあったりで間に合わなくなりそうなメンバーを切り捨てて行ったりさ。」
とり「特に速い人たちはゴール後Twitterのフォローをリムったりってのも聞くねえ。」
初参加初完走者に対して容赦のない言葉を浴びせるベテラン勢w

ナイスプレイスである代々木の国立オリンピック記念青少年総合センターへ移動するにあたり、べいさん、モロさん、わたしは一旦自宅に戻ってから、そばりさんは自走でそのまま会場へ移動、Hachiyamaさんは京急線雑色駅前の隆の湯でひと風呂浴びてから、、、と、各々行動が分かれる。Hachiyamaさんが向かうという隆の湯はわたしもちょくちょく利用する銭湯だったけれど休日は朝風呂が7時から営業しているということを知らなかったので以後何か機会があったら利用してみようと心に刻む。

隆の湯前までHachiyamaさんを案内してわたしも一旦帰宅。さっと入浴を済ませて移動開始。
240330079.jpg
03/31/7:15頃

会場入りし、顔見知りの他の参加者に声を掛けたりかけられたり、雑談をしながら受付完了を待つ。
240330080.jpg
Photo Chk.証跡確認中のリーダー

240330081.jpg240330082.jpg
A埼玉のダイスケさんとクロサワさん
大層お疲れのご様子。
クロサワ「今回休憩のために初めて快活クラブに入ったんですけど入会手続きしたり館内珍しくてあれこれ見ていたら寝る時間が無くなりました。」
お疲れ様です。。。

無事受付が済んだので代々木駅近くの昼からアルコール類を提供してくれているお店に移動してまずは軽く乾杯。
240330083.jpg240330084.jpg
正式な打ち上げはまた日を改めて

改めてチームメンバーの四人に深く感謝を。
また日本橋だけではなくその他クラブ管掌の2024Fleche/Traceに参加したすべてのチームの皆様お疲れさまでした。

<おまけ>
べい「これで取り敢えずボクもR5000表彰の申請ができますよ!」
※R5000:4年間で規定のイベント(BRM、PBPやFleche)を完走し、その合計距離が5000kmに達していたら表彰してもらえる。

と喜びつつ自身の走行実績を検索していて、要件の一であるBRM1000kmの完走認定が期限切れ(直近の完走が5年前)だということに気付いて落胆している人。
240330085.jpg
今年を含む3年間でBRM1000kmを完走しませう♪



挨拶がわりに気が向いたら押してやってください。
にほんブログ村 自転車ブログ ブルベへ
にほんブログ村

関連記事
タグ: ロードバイク  ロングライド  ブルベ  Fleche  2023  日本橋 
Fleche/Trace  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top
2024Apr15Mon

【のんだくれ共の】1/2-フレッシュ日本橋 2024(集まれ!2024 年も日本の道はここに始まる)【優雅なライド】 

240330032.jpg
信じがたいことに
ひたすら追い風だった御前崎

Fleche Velocio【Audax Japan/Fleche 解説コーナーより
(Fleche・フレッシュとは)チームで走るブルベです。3~5台の自転車でチームを組み主催者が決めたゴール(ナイスプレイス)へ自分たちが決めた360km以上のコースを24時間で走ります。

というイベントに昨年に続いて今年も参加してきました。
メンバーはべいさん(リーダー)、モロさんHachiyamaさんそばりさん、わたしの計5名。コースは10年前に走ったコースをベースに引き直したもの。ちなみに当時の実走行ログはこちら。計画はルートラボを使用していたので申請コース図は既に逸失。

10年前のルート⇒実走行ログ
※ログが古いからなのかBlog埋め込みパーツにすると表示が不具合になるのでLinkにしてある

今回、ゴール後の動きを考慮してゴール地点を横浜に設定、そのためスタート地点は鎌倉をゴールに設定していた10年前の名古屋から今回は三河安城に変更することになった。10年前のログをベースにべいさんがリバイスした申請用コース図がこちら。
<申請ルート:実走行2024/0330-31>


申請時点ではPC2のみが写真Chk.ポイントだったもののPC6ファミリーマート小田原中町店が終夜営業ではなかったためここも写真Chk.ポイントに切り替えた。

計画自体、ただ24時間で360km以上の距離を走ればいいという訳でもなく色々細かい制約が付いて回る。証跡に関してもレシートならば5人全員のものが概ね1~2分以内に揃っていないと集団で移動したとは認められず、写真に関しても通常のBRMのようにただモチーフを撮影するのではなく、メンバーが一緒に走っていることがわかるよう集合写真(全員が1フレームに納まらなければ撮影者を入れ替えて2枚)とする必要があるし、最も重要な枷となるのはスタート後22時間経過時の通過ポイントルールで、22時間丁度にいたポイントの証跡を確保するのは勿論のこと、そこからゴールまでは最低でも25kmを走破しなければならないので実質的にこの最後の区間にFlecheというグループライドイベントの肝があると言っても過言では無い。
今回は計画通り走れたら22時間ポイントは江の島のマクドナルド、ゴールは横浜駅前のファミリーマートとなる。

以下実走行記録(前日含む)

朝6時に三河安城をスタートするので当然ながら前泊が必要となる。年度末の代休消化でFleche前の木曜、金曜も休みにしてあり木曜日は横須賀美術館でロボット展を鑑賞。土曜日は早め異動でひつまぶし再びとか目論んでいたものの前夜からの激しい風雨のため、自宅から最寄り駅までの移動ですら苦労しそうなので断念。天気予報を見る限り昼過ぎには雨も落ち着きそうだったので午前中はあれこれ雑務を片付け、午後になってから移動開始。新横浜からこだまで一本。
二人掛けシートの後方大型荷物スペースを確保して乗車。
240330001.jpg
新横浜から乗車

隣席は空席のまま。駅売店で買い込んだ缶ビールを呷りつつまったりと過ごしていたらこだまは小田原に到着。何組かの乗客が乗り込んで来て、その最後尾と思しき人からいきなり「あれ?とりさん!?」と背後から声を掛けられた。声の主はけーこ隊長で、偶然にも座席が隣同士。大型荷物スペースで自転車の配置をやり繰りした後あれこれ会話をしながらの列車旅。彼女も今回のFlecheにAJ西東京スタッフ中心のチームで参加。豊橋スタートで神奈川県伊勢原市をゴールに設定して走るのだそうで。今回のコースのことや10年前のことなどとりとめもなく話していたらすぐに彼女が降りる豊橋、そしてその次はわたしが降りる三河安城。誰かとお話しながらだとあっという間ですね。
240330002.jpg240330003.jpg
三島駅構内からと新富士駅付近から

因みに同じ列車の別の車両にはべいさんそばりさんも乗っていて、名古屋経由で移動していたモロさんも数分違いで到着していて、Hachiyamaさんは既に到着済みでホテルにチェックイン済みだったので参加メンバー全員が三河安城に無事集結。

240330004.jpg
この日の宿

まず全員が宿にチェックインし、そばりさんを除いたおっさん四人で近所の居酒屋に繰り出し、軽く前夜祭。
240330005.jpg240330007.jpg
落ち着いた良いお店でした
※何故か茹で落花生しか画像が残っていない。

ひとしきり盛り上がった後「〆にラーメンでも食べよう!」ということになり、夜鳴きそば(ラーメン)サービスがあるドーミーインに投宿しているHachiyamaさん以外の三人で中華料理店に入りそれぞれ注文。わたしは酔った勢いと(どうせ大した辛さでも無かろう。)という舐めた態度で激辛(台湾)ラーメンを注文したら立ち上る湯気にむせてしまうくらい辛い品が供されてかなり苦労した。
240330006.jpg
侮りがたい辛さの激辛ラーメン
汗と涙の噴出が止まらなかった。
汗だくになったのでホテルの大浴場がありがたかった。

それにしても今回利用したABホテル、素泊まり価格かと思ったらサービスで朝食と夕食が付く非常にリーズナブルな宿だった。今回は生憎どちらも利用できなかったけれど、何かの折に是非利用したいもの。

明けてFleche当日の朝。集合(Start)場所は宿から5分ほどのところ。ブルべカードやフレームタグの受け渡しがあるので5時半に到着すべく現地に向かう。

Start:デイリーヤマザキ安城箕輪店
240330011.jpg
240330008.jpg240330009.jpg
モロさんのバッグから歯ブラシがコンニチハ!

240330010.jpg
スタート証跡ゲット
いざ、2024Fleche開始。

まず先頭を走るのはべいさん
元々
べい「今回のメンバーの中じゃボクが一番走力劣っているんだからボクがちぎれてしまうような速度で走ったら『全員完走』はおぼつきませんよ!」
とり(&モロ)「だったらべいさんのペースで走れるよう、全コースべいさんが先頭を走ればいいじゃないですか。」
べい「そんなことできるわけないでしょ!」
という会話があったのだけれど、全区間とは言わないまでも最初のPCまでは前を牽く気になったらしい。

240330013.jpg240330014.jpg
前を牽くべいさんの雄姿

240330015.jpg
信号待ち
信号待ちで停車するとやんわりと優しい風が後方から吹いているのがわかる。
とり「べいさん!早速追い風ですよ!」
べい「こんなのはね、ボクが望む追い風じゃないの。もっとガンガン吹いてくれないと!!」
人は贅沢を言い始めると際限が無くなるものである。

240330016.jpg
豊橋市公会堂

240330017.jpg
豊鉄市内線
(一時間くらい前にけーこ隊長たちはスタートしたんだなあ。。。)なんぞと思いを馳せつつ。けーこ隊長たちのチームは我々より東の豊橋スタートだけれど我々より西の伊勢原でのゴールを予定していて、スタート直後は西進して伊良湖を回ってから東に向かうのだとか。

PC1(43.7km)
240330018.jpg
ファミリーマート豊橋西口店08:31着
追い風に背を押され、特に強度も上げていないのにすんなり走れて気分が良い。PC1リスタートからわたしが前を牽くことに。

240330019.jpg
浜名湖

240330020.jpg240330021.jpg
西浜名橋

240330022.jpg
弁天橋からの新幹線

240330023.jpg
舞阪宿の松並木

240330024.jpg240330025.jpg
ステキな鉄骨トラスの掛塚橋で天竜川を渡る

240330026.jpg
PC1-2の中間地点で小休止
追い風のお陰で心にゆとりが生まれて非常に走りやすい。走りやすいのであまり疲れず更に気分が良くなる好循環。

リスタートして一路次のPCである御前崎を目指す。
240330027.jpg
潮騒橋

浜岡原発を回り込んで海側のアップダウン路に。
べい「(風力発電の)風車の向きからしたらやっぱり追い風だよね?」
とり「べいさん、あれは風向きで180度回頭することないんですよ、風見鶏とは違うんですw」
240330028.jpg
なかなか荒ぶる御前崎の海

240330029.jpg
御前崎レーダーサイト

240330030.jpg240330031.jpg
御前崎灯台

PC2(126.4km)
240330032.jpg240330102.jpg
御前崎12:15

240330034.jpg240330033.jpg240330035.jpg
澄み渡る空と海、やや荒め

御前崎グランドホテルプール
240330036.jpg240330037.jpg
この寂寥とした雰囲気は。。。
てっきり廃業してしまって荒れ放題なのだと思い込んでしまっていたけれど現在もしっかり営業されている。多変失礼な感想を抱いてしまったけれど、HPに見られるきらびやかさはさすがに無い。

PC1をリスタートした段階では御前崎到着を13時前後と踏んでいたけれど、あまりにも快調な追い風のおかげでペースが早まってしまい、正午過ぎの丁度飲食店が最も混雑してしまう時間帯。御前崎の主だった店舗はどこも混雑してしまっていて待ち時間が長い。
240330038.jpg
ここも30分待ちくらいだった
様々なブルベでPCとして利用するためおなじみになっている御前崎のセブンイレブンの向かい、海鮮なぶら市場ものぞいてみたけれど客でごった返していたので断念。

240330039.jpg
遠くに見えるのは御前岩灯標
沖合約3kmに設置され、周囲の浅瀬への警戒を促す。

(焼津に行くまでの間に何かしら店はあるだろう。。。)と思いつつ進んでいると道路左側に営業中の食堂が。
240330040.jpg240330041.jpg
240330042.jpg
いかにも地元民向けといった感

240330043.jpg240330044.jpg
わたしが注文した上刺身定食(ごはん大)
大変美味しゅうございました。
ネタも品数も申し分なく、むしろ大盛にしてもなおごはんが足りないくらいだった。ほかのメンバーも満足していてなかなかどうして穴場的な食堂なのであった。






挨拶がわりに気が向いたら押してやってください。
にほんブログ村 自転車ブログ ブルベへ
にほんブログ村

関連記事
タグ: ロードバイク  ロングライド  ブルベ  Fleche  2023  日本橋 
Fleche/Trace  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top
2024Apr01Mon

【胃と目をいたわる】日本の巨大ロボット群像展【ポタリング】 

240328052.jpg240328086.jpg
宮武一貴氏画
5.8m×2.6mの
大型イラスト二点

年度内に消化しておかなければならないものが残っていたのと、週末にFleche(360km以上を5台以下の自転車(二人乗り、三人乗りも可なので縛りが人数ではない)で24時間走行するグループライドイベント)の前日移動も鑑みて3/28(木)・29(金)両日で代休を取得。終日フリーとなった木曜日は朝から曇天、夕方から雨が降る予報となっていたので遠出には向かないものの軽く走る分にはちょうど良い。ということで4/7に最終日を迎える横須賀美術館の展示『日本の巨大ロボット群像』展示を観に行くことにした。横須賀美術館までの距離を、きちんと調べることなく35~40km程度と踏んで、途中朝食や寄り道を考えて3時間強を見込んで開館時刻の10時を目標に6時半頃スタートするつもりがいつものごとく手間取ってしまって小一時間ほど出遅れてしまった。
240328001.jpg
3/27/07:35出発

<実走行ログ:2024/03/27>

まずはR15を南下、ここのところお気に入りとなっているJR高島(貨物)線瑞穂鉄橋を眺めに。
240328002.jpg
千鳥橋を渡ってすぐの高島線踏切にて

240328003.jpg
瑞穂鉄橋を北側から

240328004.jpg240328005.jpg
こちらは南側から

折り返して瑞穂大橋を渡ってコットンハーバーへ。
240328006.jpg240328007.jpg
瑞穂大橋から

『コットンみらいロード』を抜けて市場方面に向かおうとしたところ、入り口付近に数名のアンケート調査者的な人たちの姿。そのうちの一人に声を掛けられたので話を聞いてみたら今のままだと土地返還期限が来るので二年後にはこの道が通れなくなってしまうとのことで利用者アンケートを集めて必要性を行政に訴える活動なのだとか。後日軽く調べてみたら開通が2019年なので7年間の時限措置だったのか。わたし自身はここが通れなくなって困ることはほぼ無いのだけれど、これも何かの縁なのでアンケートに回答。土地返還、通行止めが回避できると良いですね。まあ当然ながら地権者側にも言い分はあるのだろうけれど。
240328008.jpg
京浜ドック跡には水が溜まっていた

240328009.jpg
ここが二年後封鎖される可能性

市場脇に抜けて横浜卸売市場本場敷地内へ。
240328010.jpg
釣りきんで贅沢な朝食

240328012.jpg240328016.jpg
ラーメンと握り八貫のセット

240328011.jpg240328013.jpg
240328014.jpg240328015.jpg
八貫セットは日替わり+定番の内【神奈川・子安】の三品

お腹を満たしてリスタート、一旦R15に戻ってMM地区を抜ける。
240328017.jpg
お久し振りの定点・帆船日本丸

関内からR16を南下、磯子からR357に合流して金沢、野島を抜け普段の追浜のトンネル群を抜けるルートではなく遠回りして筒井隧道経由。
240328018.jpg
『アス比がおかしい』筒井隧道

船越でも少し遠回りして海自艦隊司令部の方を回ってみたら何かの行事(?)の最中だった。
240328019.jpg240328020.jpg
出航の式典かな?

240328021.jpg
S-1埠頭の潜水艦

田浦消防署脇からR16に復帰した後、トンネルを抜けてすぐに再び長浦港方面脇道へ逸れて相模運輸倉庫専用線跡を眺めに。線路は年々砂利に埋没していてそのうち消えてしまうのかねえ。海上保安部建物が改築工事中なのでその目の前の線路も場合によったら舗装で埋め殺されるかも知れんし。
240328022.jpg
埋没しているレール

240328025.jpg
240328023.jpg240328024.jpg
ダイヤモンドクロスの様子

240328026.jpg
横須賀線からの引き込み線跡もこのままかな

三年前に初めて見かけた時はキレイに雑草が刈られていたけれどそれ以後いつ見に行っても雑草ボウボウなのであの時は良いタイミングだったのだなとしみじみ。
21020737.jpg21020742.jpg
その時の様子

240328027.jpg
現役の横須賀線トンネルも趣深い

安針塚駅入り口交差点からR16に復帰したものの渋滞が激しかったので新横須賀隧道手前から横須賀駅方面へエスケープ。ついでにヴェルニー公園内ヴェルニー記念館で戦艦陸奥の模型を見物。
240328028.jpg240328029.jpg
S:1/100の大型模型

240328030.jpg
スチームハンマー

240328031.jpg
館内のベンチは仏国ブレスト市からの寄贈品

240328032.jpg
ヴェルニー公園から見た護衛艦いずも

少々のんびりし過ぎたきらいもあるのでさっさと移動。元々は開館時刻の10時に美術館入りするつもりだったのに既に11時近い。
240328033.jpg
とはいえやはりここには寄る

R16に復帰して南下。一縷の望みを抱きつつ立ち寄ってみたけれど、曇天なので破崎園地からは当然ながら富士山は拝めず、そのまま走水に向かう坂道を下ってしばらく進んだ先、暖簾が出ている味美食堂前に順番待ちの客がふた組四人いることに気が付いた。時刻は11時15分頃。てっきり11時30分開店だと思っていたけれど11時からだったようで。どうせなら早めの昼食をここで摂ってから美術館へ、、、ということで列に並ぶ。週末ならもっと並んでいただろうけれど幸いにして平日だったので待ち時間約20分ほどで入店できた。
240328034.jpg
240328035.jpg240328036.jpg
味美食堂でアジフライ定食

満足しつつ、パラパラと落ちて来た雨粒に若干不安を掻き立てられつつ美術館に移動。到着してみたら  35 ~40kmほどと思い込んでいた距離が約50kmだった辺り、わたし的にはいつものあるあるなのではあった。 
240328038.jpg240328039.jpg
平日ながら結構混雑

レーダーに映らないながらもパラパラ落ちてくる雨粒を恨めしく思いながらもこの美術館の自転車置き場は屋内なので濡れる心配はない。問題は帰る時。
240328037.jpg240328040.jpg
自転車置き場

いよいよ美術館入口へ向かうが入場に30分毎の時間制限があるようで少々狼狽えたがどうやらそちらは併催のジブリ関連の展示の方らしく、【巨大ロボット群像展】鑑賞者はすんなりチケットカウンター前に通された。

【日本の巨大ロボット群像】展
240328090.jpg
入り口の加藤直之氏のイラスト
よりによってこの一枚だけピンボケ。。。(ノД`)・゜・。

240328041.jpg240328044.jpg
一般入場¥1,300-+音声ガイド¥700-

音声ガイドのプロローグを聴いた後いよいよ場内へ。場内は基本的に撮影全面OK。但し自撮り棒使用、動画撮影は不可。
240328042.jpg240328043.jpg
鉄人28号あれこれ

240328045.jpg
ゲッターロボ合体シークエンス

240328046.jpg
マジンガーZ・光子力研究所断面

240328047.jpg
240328048.jpg240328049.jpg
240328050.jpg240328051.jpg
マジンガーZ・設定ボードあれこれ

240328052.jpg
宮武一貴氏作のイラスト

240328053.jpg
コンバトラーV合体シークエンス

240328054.jpg240328055.jpg
ライディーンの設定ボード(加藤直之氏)
【ゴッドボイス】

240328056.jpg240328058.jpg
240328057.jpg
宇宙戦艦ヤマト関連も
『ロボット』とは異なるものの【スタジオぬえワークス】として展示されていた。他に初代のマクロスの展示もあったけれどそちらは撮影不可。

240328059.jpg240328060.jpg
加藤直之氏のオリジナルイラスト
機動歩兵関連はSFマガジン誌上等で見かけた記憶。

ガンダムコーナー
240328061.jpg
240328062.jpg240328063.jpg
壁と床に実物大イラスト
企画時のガンボーイ等のイメージイラスト変遷の展示もあったけれどそちらは撮影不可。

240328064.jpg240328065.jpg
セルアニメの画面構成展示
背景の岩山だったり針葉樹だったりの重ね方で奥行きを感じさせる画面を構成している。

240328069.jpg
240328066.jpg240328067.jpg240328068.jpg
宮崎駿ルパンの展示もあった
こちらも一部撮影不可

240328070.jpg240328071.jpg240328072.jpg240328073.jpg
メガゾーン23コーナー
当時レンタルビデオで観たっけなあと懐かしく。

240328074.jpg
240328075.jpg240328076.jpg
ボトムズコーナー
水樹「ごほん、ごほん」
銀河「おや?水樹さん、どうされました?」
水樹「ごほん、ごほん、あれ?なんだか急に、、、むせてしまって。。。」
という小芝居が音声ガイドに挟まれたり。

240328077.jpg240328078.jpg240328079.jpg240328080.jpg
内部機構透視図
ガンダム・マジンガーZ・ライディーン・ヴァルキリー


240328082.jpg240328083.jpg240328084.jpg240328085.jpg
永野護コーナー
エルガイム・FSS・GM

240328086.jpg
宮武一貴氏作のイラスト-2
昨年都内で開催された展示の時には公開されていなかったものだそうである。描かれている『ビッグオー』の展示も撮影不可。

240328087.jpg
ダイガード
この作品は大好きで北米版ながらDVD-Boxを所有している。確かニコニコで観て気に入ったんだった。

『機動戦艦ナデシコ』コーナーはTV版の小振りなキャラ集合イラストパネルが一枚きり、代わりにでかでかと『ゲキガンガー3』の展示がメインになっていてなんというか闇を感じさせる展示であった。

240328089.jpg
ジャイアントロボ

240328092.jpg240328094.jpg
締めくくりはザブングル

240328198.jpg240328199.jpg
図録とペーパークラフトを購入
展示内容は不満なところが無い訳でもなかったけれど概ね満足。懐かしさに満たされた約二時間。

すっかり満足して館外に出ると、やはりそれなりには雨が降ったようで道路には小さな水溜まりも。自転車は屋内だったので無事。
240328095.jpg240328096.jpg
雨上がりの桜

240328097.jpg
自衛隊のヘリが2機

ウェット気味ではあるけれど道端に小さな水溜まりがある程度なので不快になるほどの後輪跳ね上げは無く、そこそこ快適なライドで帰路を進む。朝チェックした天気予報では日没後に雨が降りそうな感じだったので遅くならないうちに帰宅したいもの。とはいえ全く寄り道する余裕が無い訳ではないので横須賀の中井パンに立ち寄りおやつを調達。時刻は14時半頃なので小一時間走って横浜山下公園辺りで食べようという腹積もり。
240328098.jpg
240328099.jpg240328100.jpg
ポテチパン・ちくわパン・ラスクを購入

往路をそのまま引き返すのは芸が無いので少々ルートを変更しながら山下公園へ。
240328101.jpg
桜越しのガンダム

240328102.jpg240328103.jpg
曇天にも映える

240328104.jpg
ガンダムは遠くから眺めるだけで終わる
(※3/31まで)

氷川丸近くまで押し歩きして氷川丸脇のショップでカフェラテを購入し、のんびりポテチパンとちくわパンをいただいた。
240328105.jpg
ポテチパンの向こうに氷川丸

240328106.jpg
すぐ近くまで寄って来た人馴れしたスズメ

240328107.jpg240328108.jpg
ベイブリッジ下に巨大客船の姿

満足してリスタート。ラスクは自宅まで持ち帰り。MM地区を抜けてのんびりR15を北上。
240328109.jpg
川崎の自由の女神

240328110.jpg
帰着@17時ちょい過ぎ
雨が降り始める前に無事帰宅し、翌日移動して翌々日の同曜日朝三河安城をスタートする【Fleche2024・AR日本橋】の準備をば。帰宅してしばらく経ってからではあるけれど外は結構な風雨であったようでかなり五月蠅かったのでやはり早めに帰宅しておいて正解だった。

約100kmのポタリング、朝昼おやつと満ち足りた食、十分楽しめた企画展示。非常に充実したいち日になりました。やはりこまめに休みを取って平日遊ぶべきだよなあとしみじみ。



挨拶がわりに気が向いたら押してやってください。
にほんブログ村 自転車ブログ ブルベへ
にほんブログ村

関連記事
タグ: ロードバイク  ポタリング  巨大ロボット    中井パン