FC2ブログ
02« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»04

日記超。-改・弐-

  : 

自転車だったりマラソンだったりトライアスロンだったりお酒だったり。

2023May24Wed

【ダメな大人の】トレース日本橋2019走行記録-02【ヒドイいたずら】 

Trace201984.jpg
思いっきり背中に落書きされてしまった酔っ払い
この後復活して起き上がり
河岸を変えてカラオケに興じた後
どうにかこうにか無事帰宅いたしました。


釜めしを食べ終わってまったりしつつリスタートの準備をしていたら反射ベストを着用した男女混成の集団が。Flecheのチームかと思ったらこちら同様Traceのチームでのみおんさんマツモトさんが所属しているチームだった。高崎辺りからスタートして碓氷峠を登るらしい。
軽く立ち話&情報交換の後彼らは店内へ、わたしたちは宇都宮を指して移動開始。

Trace201951.jpgTrace201952.jpg
安中市原市付近
天気がいいと杉並木の色も映える

Trace201953.jpgTrace201954.jpg
伊勢原市内のラーメン店で補給
この先のスケジュールをあれこれ検討。
モロ:このままでいくと際限なく遅くなるのでこれからはタイムコントロールしますよ。仮眠予定の「ベルさくらの湯」は24時までで出なきゃならないですからね。仮眠を正味三時間取ろうと思ったら入浴とか準備とか考えたら宇都宮駅前に18時に着かないと餃子を食べてから仮眠する時間が確保できません。

「餃子」「仮眠」というワードに敏感に反応した面々。リスタート後は結構ガチ目に走る。
ラーメン休憩の後PC2があったけれど印象に残っていない(笑)

Trace201955.jpg
渡良瀬川渡る
足利市内に突入。

Trace201956.jpg
魅惑の看板
”予定変更してさ、ここでDNFして飲み歩いて一泊しても良いんじゃない?”
誰からともなくこういう提案が出て、みんなまんざらでもない辺りがこのメンバーである。まあ少々時刻が早すぎたのでそのままスルー。

Trace201957.jpg
足利学校前を通過

Trace201958.jpg
出流原(いずるはら)弁天
名水で有名な弁天池がある(帰ってから調べた)

足利から佐野を抜け東武佐野線沿いに北上して葛生へ。
っていうか葛生って現・佐野市だった。
Trace201960.jpg
葛生(原)人の骨発掘は1950年
ただし、現在では動物の骨や15世紀の人骨の誤認で原人の化石骨は全く無いことが判明しているのだとか。
※これも帰ってから調べた。

旧葛生町中心部のコンビニで小休止。
会長:今はさびれちゃっているけどここはセメント会社の企業城下町みたいなものだからねえ。
田中会長の奥様にゆかりがある地がここ葛生なのだそうである。
Trace201961.jpgTrace201962.jpg
旧葛生郵便局局舎
名栗にも似た様式のものがある。

Trace201963.jpg
ユニークなつくりのガソリンスタンド

日が傾き始めた中、宇都宮での餃子と仮眠を目指してひた走る。
Trace201964.jpg
結構真面目に走ってる

Trace201965.jpg
「ポカリスエットの麦茶割り」は美味しくなかった
実は今回ドリンクボトルを忘れてしまいまして。
ポカリスエットの900mlボトルがボトルケージに丁度合うのでスタートのコンビニで購入してそれを使用していたのですが休憩が多くてあまり減らず、葛生の時点で半分ほど残っていたのでものは試しと麦茶を注ぎ足してみたら非常に不味い代物が出来上がってしまいました。
水分補給のために仕方なくちびちび消費しましたが、やっぱり安易な思い付きはロクな結果を招かないものなのだなあと。

そんなこんなでいよいよ宇都宮市に突入。
Trace201966.jpg
栃木県こども総合科学館のH2ロケット
このままなら予定通り18時前には宇都宮駅前に辿り着けるというタイミングでりんぱぱさんが落車をぶちかますという事故が発生し、身体は擦り傷と打ち身程度だったものの自転車が自走不可能なダメージを負うこととなってしまった。それでも不幸中の幸いは宇都宮駅から1.5kmほどのところだったのでりんぱぱさんは押し歩きで移動。19時頃宇都宮駅前の餃子店へ。

Trace201967.jpgTrace201968.jpg
宇都宮餃子館東口イベント広場店
餃子をつつきつつあれこれ話をしていたところ、隣のテーブルに偶然ランドヌールが。
ぐったりと憔悴しきった感じはいかにもFleche参加者だなあと思ったらまさにそうだった。
まあ、たまがわジャージが目立ったのでたまがわチームと間違われてしまったのはご愛敬。
それにしてもFleche参加者とTrace参加者でかくも表情に違いが出るのかというくらい隣同士のテーブルでテンションが全く異なる状況だった。

自走不可となったりんぱぱさんと、自転車に乗ること自体が3、4か月ぶりな上に不慣れな新車投入で脚が終わってしまったというリュウさん「新旧AJ副代表コンビ」が離脱することになり、以後はモロ隊長、田中会長、べい理事そしてわたしという四人編成で進むことに。ちなみにここまでの道中で度々”これってDNFする方が難しいよね!”とうそぶいていたのがリュウさんである。もともと300kmくらいのコースを申請していたけれど、PC4まで走れば規定の走行距離200kmを超過するのでそこをゴールと定めることにして仮眠場所へと移動。
当初予定のさくらの湯では24時になったら嫌も応もなく退出しなければならないので24時間営業の南大門へ行くことに。
Trace201969.jpg
お馴染み南大門

古河で始発電車に乗り込むために2時頃出発することを考えていたものの、南大門では1時以降追加料金¥1,400-が発生してしまう。一時間のために¥1,400-はさすがにもったいないと判断し、のんびりゆるゆる走ることにして、追加料金発生前にチェックアウトの後ロビーに集合してリスタート。

まずはPC3へ。
Trace201970.jpg
さくらの湯至近のPC
まあ、もともとそういう計画だった。 

<実走行ログ:宇都宮⇒古河(2019/04/21>

ひたすら深夜から未明にかけてのR4を南下。
-2~‐1%の緩い下り勾配に加えて追い風気味。無理してクランクを回さなくともすんなり進む。

”これこそが本当の「下り基調」ってヤツだよね~!”
べいさんがウッキウキで語る。

Trace201971.jpg
R4を南下

しばらく進んだところで先頭を牽いていたモロさん”ヤバいですね、このままだと早く着きすぎちゃって古河の駅前で寒い中時間を潰さなきゃならなくなります。”と、目に付いたコンビニに時間調整のために立ち寄る。

いったいぜんたいどこまでユルくできるのか。

Trace201972.jpg
べい理事:ダメですよこれ、人を堕落させるイベントだ!(笑)

時間調整の後リスタート。
のんびり走っていてもペースが上がってしまうのはさすがの下り基調。
ビバ、真の下り基調!!

R4を離れ、工場やら倉庫やらがぽつりぽつりとある寂しいエリアを走行し、暗闇の中にともる光のオアシス的なコンビニがPC4改めゴールである。
会長:なんだか「いかにもゴールに到着した!」っていう感動が薄いコンビニだよなあ。
わたし:いやっほぉ~~~!ごぉぉぉぉる!!
理事:無理やり過ぎる。
Trace201973.jpg
PC4改めゴール(210kmくらい?)

そこから約9km移動して古河駅前へ。
駅までの距離を6、7kmほどと勘違いしていたのでのんびりしすぎていて、改めて距離を確認したのち若干飛ばし気味に走る。
理事:昨日、今日二日間で一番真剣に漕いでる気がする…。
そんなこんなで無事古河駅前に到着。
Trace201974.jpg
始発まであんまり余裕が無い

そこそこタイトなタイムテーブルではあったものの手際よく輪行準備を済ませ、駅前のコンビニでアルコール類と軽いつまみを調達してから駅のホームに移動、グリーン券を購入して入線してきた上野東京ラインに乗り込み、ひと通り落ち着いたところでお互いの完走の労(?)をねぎらう。
Trace201975.jpg
かんぱ~い!
モロさんが浦和、理事が東京、わたしが品川でそれぞれ下車し、会長は大船まで。
ナイスプレイスの日比谷図書館に11時過ぎくらいに再集合することを再確認して解散。

無事帰宅してシャワーを浴びたり洗濯物を回したりと雑用を済ませて日比谷に向けて移動。
Trace201976.jpg
日比谷図書館
うっかり有楽町から歩いてしまったけれど、日比谷公園南端のここに行くには新橋の方が近かった。。。orz

日比谷公園周辺をゴールに設定したチームもあるので自転車に乗って集合した人もちらほら。
ゴール受付を済ませ、各チームやコースを紹介するレセプション開始。
Trace201977.jpg
チーム&コース紹介風景

レセプションはノンアルなので終了後は有志でアルコールありの打ち上げに移動。
とはいえ昼からお酒が飲めるお店はまあまあ限られているので場所は新橋の牛〇となった。
DNF者二人を含む「ホッピーでハッピー」チーム全員とFlecheを走った別チームのみいさん、momさん、Akkoさんや飛び入り参加のひとみさんばんばんさんも加わった結構な大所帯で飲んで食べて大騒ぎ。
Trace201978.jpgTrace201979.jpg
Trace201980.jpgTrace201981.jpg
Trace201982.jpg
ビール飲んでホッピー飲んで肉を食らう

結構な長時間滞在してしまい、最終的な会計金額を見て一同騒然となる一幕も。
その後二次会のカラオケに流れたりして昼過ぎから夜までひたすら遊び倒した完走後なのでしたが、これはやはりTraceだったからこそのことであって(もし仮に我々が参加したのがFlecheだったとしたら、多分精魂尽き果てていてこんな流れにならなかったはずだろうなあ。)とか思ってみたり。

そんなこんなで前夜祭を含めて都合三日間、のんびりゆるゆる自転車を漕いでお酒を飲んでという楽しいイベントなのでした。制限時間を最大限活用すれば途中できちんと一泊宴会を張れるというステキイベント、来年以降も走りたいけれど今年PBPを完走出来たらR5000申請のためにFlecheを走りたい気持ちもあって今から少々悩ましい。

Trace201984.jpg
一次会で落ちてしまっていた間にリュウさん、りんぱぱさんらに落書きされてしまったわたしの背中。AJたまがわのユーロシャツ(前開きカッターシャツ)はいま製作ラインナップにない品物だというのに。。。
ただでさえゆるゆるなイベントだというのにさらにそれをDNFしてしまったおっさん二人は無駄に元気があり余り過ぎていてはた迷惑この上ない存在なのでありました。
関連記事
挨拶がわりに気が向いたら押してやってください。
にほんブログ村 自転車ブログ ブルベへ
にほんブログ村

タグ: トレース  AR日本橋  2019  ロードバイク  ロングライド  ブルベ    観光   
Fleche/Trace  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

コメントの投稿

Secret

△top

この記事に対するコメント

△top

トラックバック

トラックバックURL
→http://trinity001.jp/tb.php/1412-1d171b1c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top