FC2ブログ
03« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»05

日記超。-改・弐-

  : 

自転車だったりマラソンだったりトライアスロンだったりお酒だったり。

2023May24Wed

【生存報告】濃厚この上なかった6月後半-01【第二弾】 

19062015.jpg
徳之島大会に先立って放送された「報道ステーション」にて
「日本最大級の海中鍾乳洞」として紹介された(らしい)ウンブキ
昔から大好きなスポットなので注目が集まるとなんとなく嬉しい。

【2019/06/16(日)】
元々BRM616近畿200花巻に参加する予定だったものの、事前に確認した天気予報では徹頭徹尾雨に降られることが確定的。
遠征ブルべで雨に祟られることはそこそこ経験があったけれど、最初から最後まで雨に降られることが確定的とかかなり心が削られる。前夜祭と後夜祭を楽しみにして走った昨年の十和田200でさえ相当な覚悟が必要だったのだ。
そんな訳でオダックス近畿担当さんには大層申し訳ない気持ちを抱きながらもDNS連絡を入れ、予定が空いてしまった開催当日は車で信州方面へ遊びに行くことに。

19061601.jpg
中央道双葉SAからの富士山
残念ながら頂は雲に隠れてしまっていた。

19061602.jpg19061603.jpg19061604.jpg
杖突峠展望台から諏訪湖と茅野市街方面の眺め

19061605.jpg19061606.jpg19061607.jpg
道の駅南アルプス長谷でパン活

19061610.jpg19061620.jpg19061621.jpg19061617.jpg
高遠しんわの丘ローズガーデンで薔薇を愛でる

19061624.jpg19061628.jpg19061629.jpg19061630.jpg
お昼は高遠そば ますやで三種のそば

19061631.jpg19061636.jpg19061640.jpg19061635.jpg
伊那に足を延ばして深妙寺で時期早目のアジサイを

19061642.jpg
帰路も往路と同じ双葉SAから富士山を眺めた

【2019/06/20(木)】

いよいよ始まる毎年恒例徳之島への旅。
今年は6月20日から25日までの五泊六日。
ところが天気予報を確認したら大会本番(6月23日)を挟んだ一週間はいち日たりともお日様マークのつかない雨予報。
昨年の台風直撃ほどのことにはならないとは思いつつもやや気重な旅立ち。
そもそも朝一発目から、スカイマークの便を予約していたのにスターフライヤーのカウンターに向かっていたので搭乗手続き締め切り間際に羽田のターミナルを端から端まで突っ走る羽目に陥ったりしたのでかなり気分は低調。
…だったけれど、いざ島に着いたらやっぱりものすごく楽しかった(笑)

19062001.jpg19062002.jpg19062003.jpg19062004.jpg
空路はそこそこ天気良かったのにね

19062005.jpg
今年もお世話になります

19062018.jpg19062006.jpg19062007.jpg
早速自分用のお土産を物色

19062008.jpg19062009.jpg
徳之島コーヒーで休憩

19062010.jpg19062011.jpg19062012.jpg19062013.jpg
大和の模型やゆかりの品の展示を見学したり
※雨降りだったので戦艦大和を旗艦とする艦隊慰霊碑には立ち寄らなかった。

19062014.jpg19062015.jpg19062016.jpg19062017.jpg
「報道ステーション」で特集されて一躍名が売れた「ウンブキ」

19062019.jpg19062020.jpg19062021.jpg
雨の中ハブ捕りに同行させてもらう
生憎捕獲の瞬間には立ち会えなかったものの、数時間前に捕ったばかりという一匹に触らせてもらった。何とも言えない完食であった。。。

19062022.jpg
木曜日入りの面々で盛り上がった時にいち枚

徳之島二日目以降は次回以降のエントリで。

関連記事
挨拶がわりに気が向いたら押してやってください。
にほんブログ村 自転車ブログ ブルベへ
にほんブログ村

タグ: 観光  徳之島  高遠  伊那 
旅・散歩  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

コメントの投稿

Secret

△top

この記事に対するコメント

△top

トラックバック

トラックバックURL
→http://trinity001.jp/tb.php/1427-f83a7d84
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top