FC2ブログ
02« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»04

日記超。-改・弐-

  : 

自転車だったりマラソンだったりトライアスロンだったりお酒だったり。

2023May24Wed

【60時間制限】SR600KW走行記録-01【二本目】 

191116044.jpg
丹生都比売(にうつひめ)神社
鳥居をくぐった先の太鼓橋
今回はどこの神社にもお参り出来ていないのが少々残念

関連エントリ⇒SR600KW走行記録概要

2009年に新設された新たな山岳パーマネントブルべのカテゴリーであるSR600。
日本で開催されるようになったのは2012年で、当初は積算標高10,000m超10,500m未満で50時間、以降500mを超える毎に上限60時間まで1時間ずつ加算されるという、コースの累積標高に応じて制限時間が異なる形式となっていましたが、2017年以降のものに関しては累積標高によらず制限時間が一律60時間となりました。
わたし自身は2013年に走ったSR600Fujiを皮切りに2016年までに5回出走し、完走3回(ランドヌール2回、ツーリスト1回)、DNF2回という結果を残していますが制限時間が60時間となった一昨年、昨年は未挑戦のまま。

気持ちの上では、タイヤトラブル等によってツーリスト認定となったものの翌年以降は制限が60時間に緩和されたので一年違えばランドヌール認定だったNihon Alpsを今一度走りたい気持ちはありましたが、道路事情によって今年はおそらく走れそうにない。
(PBPにも挑戦するし、今年もSR600挑戦は見送りかな。)
そんなことを思っていたのですが、個人的に非常に思い入れが深い地域を走るSR600_Oiraseが今年から新設されるということを伝え聞いて早速エントリーし、無事第一号の認定をいただけたのが9月のこと。制限が60時間になったことで生じる時間的なマージンを上手に活用できれば非常にゆったり走れるのではないかという感触を得たのでその実証も兼ね、11月でも冬季閉鎖になる区間が無く全区間走行可能だという【紀伊山地の世界遺産】を走ってみることにしました。

前置きが長くなりましたが、そんなこんなの理由でSR600KWを走ってみようと思い立った訳です。加えてオダックス近畿の管掌するブルべに参加したのはDNFに終わった2013年のFlecheのみ。今年花巻で開催された200のBRMにエントリーしていましたが、それも悪天候のためDNSとなってしまっていたし。
そんなSR600KWのこまごましたレポを以下。

装備、携行品に関しては「概要エントリ」に記載したので割愛。
今回のテーマは「無理をしない走行計画」だったので途中通過地点での仮眠宿を押さえるという、ある意味ランドヌールとして当たり前に行う行為を行ってみた。
今年の興津600ではサクマさん、虫さん、クロさんと一緒に行動をしたので途中宿を押さえたけれど、単独参加のブルべにおいて事前に宿を確保するというのは初めての経験。
走行ペースに関しては累積標高がほぼ同程度のOiraseの実績を踏まえ、大休止を除いたグロスのペースを初日:15KPH、二日目・三日目:13KPHで計画。
スタートを11月16日8時に設定し、初日の宿まで240kmを15KPHで16時間、そこから二日目の宿までの220kmを17時間。最終の140kmを10.5時間で大休止を各々6時間ずつとして最終的な所要55.5時間という目論見。最終的な結果から考えると走行ペース自体はほぼ間違いなく計画通りだったのではあるけれど、物事は計画通りに進まないことが世のことわり。

<実走行ログ(Edge520)>
※「概要」エントリにはeTrex30のログを使用。

191116001.jpg
2019/11/15/15時過ぎに六郷土手発

六郷土手-(京急)→品川-(東海道新幹線)→新大阪-(地下鉄御堂筋線)→なんば-(南海電鉄)→泉佐野
191116002.jpg191116003.jpg191116004.jpg
ラピートβに乗って泉佐野へ
(βとαの違いって何ぞ?)と思ったけれど、単に関空方面行きがβでなんば方面行きがαなのであった。

泉佐野駅到着は21時丁度。前泊宿は駅から徒歩五分弱ほどのところにあるドミトリー
191116005.jpg191116012.jpg191116013.jpg
Greenwood Hostel
四人部屋、素泊まり一泊¥2,700-
サクッと輪行解除して、ざっくり翌日の出発準備を整えてから軽く夕食。

宿の隣が飲食店だったので面倒が無い
191116006.jpg
浜ちゃ

191116007.jpg191116008.jpg191116009.jpg
おでんとか串焼きとか軽く
※SR600KWはオダックス近畿管掌のブルべなので前夜の飲酒はご法度である。

宿に戻ろうとしたとき、ふと路地のはす向かいに目をやったら白い提灯に「ラーメン」の文字。店構えがスタイリッシュな感じだったので(てっきりショットバーの類かと思ったらラーメン屋さんであったか!!)と喜び勇んで入店しようと思ったら入り口横の立て看板のところに立てかけてある赤いフレームのラレーに気が付いた。
入店してカウンター席に着いて中にいた店主に”表のラレーってマスターのですか?”と問うたら果たしてその通り。わたしがカンパのサイクルキャップを被っていたので自転車乗りだと察してそのことを尋ねようとしたタイミングだったらしい。
191116010.jpg
小はれ

更にあれこれお話させていただいたら、泉佐野周辺発着の200のブルべにはいくつか参加したこともあるらしい。お店の休みが日曜日だけなのでなかなかそれ以上の距離には参加できないのだとか。
191116011.jpg
鶏白湯麺をいただいた
ゆずの風味が効いたコクのあるスープが非常に美味しい。
気分よくおいとま。

後日インスタで繋がったご主人からラーメン屋ではなく居酒屋であるということをご教示いただいたけれど、ホームページを拝見したら普通に料理がおいしそうなお店で是非また行きたくなった。
宿に戻ってシャワーを浴びて24時頃就寝。

明けて11月16日(土)
5時過ぎに目覚めて着替えを済ませ、荷物の最終整理をしてからサドルバッグ、フロントバッグを装着しまずは近所のローソンへ移動してイートインで朝食。
191116014.jpg191116015.jpg
6時過ぎ頃宿をスタート

7時頃、スタート地点を指して移動を開始したものの地図をよく確認せずに移動したら道を間違えりんくうタウン駅周辺を軽くうろうろしたものの7時半頃にはスタート地点のコンビニに到着。
走行中不要になる荷物をヤマト運輸の配送センター止めで送付。120サイズの料金は¥1,510-で、三日間コインロッカーを使うのと変わらない。

コーヒーをすすったりツィートをチェックしたりしながら時間を潰し、スタート申請時刻の8時丁度にレシートをゲットして約五分後にスタート。

PC1(スタート地点7-11りんくう松原店
191116016.jpg
2019/11/16/08:00
しばらくは市街地走行だったけれどすぐに民家が途切れ始め、田畑が目立つようになって来た。

191116017.jpg
結構あちこちで野焼きの煙が漂っていた
呼吸がしんどい。

191116018.jpg
8時過ぎで気温9℃
予報より暑くなりそうな予感がひしひしと。

191116019.jpg
田舎道をのんびり

191116020.jpg
この地域の神社には長屋門的な門がある
こういう「様式に関してのあれやこれや」に関しては学生時代に建築構法や建築史でやったはずだけれど卒業してから全く触れていないから記憶がすっかり欠落している。
最近になってようやく勉強不足が口惜しく感じることが多く、目に付く度に学んでいるところ。因みにこの門の正式名称は「随身門」といい、左右に随身像を配するのは寺院の仁王に倣ったものともいわれる。

191116021.jpg
色づき始めている山

191116022.jpg
和歌山県に突入

191116023.jpg
あちこちで吊るし柿を見かけた
富有柿の産地である。

191116024.jpg191116025.jpg191116026.jpg
幹線道路から葛城山方面へ方向転換
右を見ても左を見ても、前も後ろも「和泉ナンバー」なので東京民的には恐怖しか感じない幹線道路とは一変して、一気に交通量が減るのでありがたい。

191116027.jpg
はい、10%です、ありがとうございます!(死

191116028.jpg
秋の七草筆頭ススキ
(ススキ、キキョウ、ナデシコ、オミナエシ、フクバカマ、クズ、ハギ)

日差しのお陰もあって10%前後の登坂で一気に汗が噴き出す。
防寒キャップが暑すぎるので耳を覆っていたのをまくり上げ、反射ベストやジャージのファスナーは15cmくらい下げた状態。
前方にハイランドパーク粉河の案内地図とゲートが見えて来た。
191116029.jpg191116030.jpg191116031.jpg191116032.jpg
ようやくピーク!
と思ったらまだしばらくアップダウンが続く。木立の中の尾根筋アップダウンを走る感覚は房総の大福山や埼玉の奥武蔵グリーンライン的な印象。

ピーク手前で二人連れのサイクリストとスライド、うち一人はSR600KWを知っているようで挨拶を交わした後お連れさんに”SR600や、あれ。”的なことを話しているのが切れ切れに聞こえた。
そうこうするうちにスタート後、最初のPCに到着。
PC2(23.6km)葛城山
191116033.jpg191116034.jpg191116035.jpg
2019/11/16/10:15

急勾配で荒い路面のダウンヒル。
ピークで顔を合わせたサイクリストが半袖半パン姿のわたしを見て”その格好じゃ下りで冷えますよ!”と忠告してくれたけれど冷えるくらいまで速度上がらんではないか。
191116036.jpg
葛城山南側斜面は一面柿農園
途中何人かのサイクリストに遭遇したけれど、直登をずっと逆走ポジションで登って来たおっさんなんやねん。なんで路面の荒いダウンヒルでコントロールが大変な方のオレがわざわざ進路を変えて逆走車とスライドしなければならんのか。

191116037.jpg
嗜好的にそそられる橋

191116038.jpg191116042.jpg
やはり随身門のある神社が多い

191116039.jpg191116040.jpg191116041.jpg
青々とした竹林だったり色づき始めた山々だったり
雲一つない青空に映える。

PC3(48.4km)丹生都比売(にうつひめ)神社
191116043.jpg191116044.jpg191116045.jpg191116046.jpg
2019/11/16/11:52
敷地内に三人グループのサイクリストがいて、軽く挨拶を交わした後証跡画像を撮影していたら”ブルべ装備だね、あの人。”的な会話が聞こえて来た。
葛城山やここ、そして熊野本宮大社前でもこちらがブルべ中であることを把握しているサイクリストに声掛けされたし、ブルべに対しての認知は確実に広がっているので普段はもとよりとりわけブルべに関する走行をしている際には「李下に冠を正さず」という心がけが肝要。

191116047.jpg191116048.jpg
色鮮やか

191116049.jpg
里山の秋

PCからしばらくは林の中をえっちらおっちら登る。
191116051.jpg191116050.jpg191116052.jpg
ピークの笠松峠

191116053.jpg
ピーク付近の竹林

紀の川を指して一気に駆け下りるダウンヒル。
191116054.jpg191116055.jpg
紀の川の眺め

紀の川沿いの平坦な道、中央構造線の外帯の北線をのんびり進んで行ったら徐々に交通量が増え、軽く渋滞していてその先には道の駅柿の里くどやまがあった。丁度この土日(16、17)の日程で「大収穫祭」なるイベントが開催中だったので少々早めの昼食をいただくことに。
191116056.jpg
なかなか盛況

191116057.jpg191116058.jpg191116059.jpg
柿カレーと牛スジ
柿カレーは具材に柿が使われていて柔らかく煮込まれていた。カレーそのものはしっかりスパイスの効いた中辛で、柿は噛み締めるとほんのり甘みを感じるけれど特に違和感は無く、普通に美味しいカレーだった。牛スジはしっかり煮込まれてトロトロになっていてこれまた美味しい。

191116060.jpg191116061.jpg
イノブタ汁
しっかり旨味が出ていて臭みも無く、じんわり沁みる味。

191116062.jpg191116063.jpg
和歌山ジュース
このジュースは何年寿命が延びるのか。

191116064.jpg191116065.jpg
南海高野線紀の川鉄橋
かつて台風の影響で線路が曲がってしまってニュースになったことがある。⇒当時の記事

191116066.jpg191116067.jpg
榮山寺(PC4の隣)の紅葉

PC4(78.7km)モンベル五條店
191116068.jpg
2019/11/16/13:55着

191116069.jpg191116070.jpg
紀の川でのカヤック遊びが楽しそうだった

191116071.jpg
随所にこういう岩盤の露呈がある

191116072.jpg
「くまそば」
「準備中」ではなく「冬眠中」ですと。

191116073.jpg191116074.jpg
いかにも古くからの家並みといった風情


191116075.jpg
吉野神宮

191116076.jpg191116077.jpg
紅葉は五分染まり

吉野神宮から千本桜方面へじわじわ登って行くと徒歩の観光客の数が増えて来る。何かあったらすぐ停止して足を着けるように速度を落として慎重に進む。
191116078.jpg191116079.jpg191116080.jpg
191116081.jpg191116082.jpg191116083.jpg
191116084.jpg191116085.jpg191116086.jpg
吉野山金峯山寺

191116087.jpg191116088.jpg
門前町の風情

191116089.jpg191116090.jpg
参陵隧道を抜ける

PC5(99.4km)吉野山・コウヤマキの群落
191116091.jpg
2019/11/16/15:13

場所によっては往路と百メートルほどしか離れていないところを通って吉野山を下る。
191116092.jpg191116093.jpg
秋というより冬枯れの木立

191116094.jpg191116095.jpg
近鉄吉野線吉野駅付近

191116096.jpg
差し色的な紅葉

191116097.jpg
ひなびた街並みの細い路地のような道が続く

191116098.jpg
水道橋

191116099.jpg
奈良県川上村「土倉翁造林頌徳記念」岸壁碑文

191116101.jpg
吉野川の流れ
しばらくは吉野川の流れを左手に眺めながら遡上して行く。
関連記事
挨拶がわりに気が向いたら押してやってください。
にほんブログ村 自転車ブログ ブルベへ
にほんブログ村

タグ: ロードバイク  ブルベ  SR600  紀伊山地  世界遺産  A近畿 
SR600・Permanent  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

コメントの投稿

Secret

△top

この記事に対するコメント

△top

トラックバック

トラックバックURL
→http://trinity001.jp/tb.php/1457-07c249b1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top