FC2ブログ
02« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»04

日記超。-改・弐-

  : 

自転車だったりマラソンだったりトライアスロンだったりお酒だったり。

2021Mar13Sat

【絶景と】富山の休日-02【国宝と】 

21022865.jpg
雨晴海岸
女岩と富山湾越しの立山連峰
ずっと見たかった景色

富山の休日-01 より

高岡市民病院前からバスに乗り30分ほど走ったところで雨晴海岸(岩崎バス停)到着。
って言うか市民病院前じゃなく米島口辺りで乗り換えられたやん。。。
いや、待ち時間が少ないのが市民病院乗り換えなんだろうけれど。

それにしてもこの辺のバス路線は地域の総合病院を繋いでいるのね。
今回利用した路線は『高岡駅⇔高岡市民病院⇔伏木駅⇔高岡ふしき病院⇔氷見駅⇔氷見市民病院』だった。そんでもって基本的にはJR氷見線と完全に競合していて便数も停留所もバスの方が多いから、これでは氷見線廃れるわなあと。

バス停から少し戻って川沿いに海岸に出て女岩近傍まで。
「女岩に昇らないように!」という立て看板があったけれど、なるほど潮が完全に引けば容易に歩いて女岩まで辿り着ける。
21022862.jpg21022863.jpg
女岩を至近距離で

21022865.jpg21022867.jpg
雨晴海岸義経岩付近から

21022868.jpg21022869.jpg
臨時快速「べるもんた」
朝乗れなかったヤツ。

21022870.jpg
雨晴駅方面
驛事務所で帰りの汽車の手配をしようと確認。
さっき氷見に行ったべるもんたの折り返しに乗れるのではないかと思って駅務室のおじさんに問うてみたら”あ~~~あれはね、高岡か氷見か伏木じゃないと座席予約できないんだよね、さっき行ったのはガラガラだったけど。”ですと。
仕方がないので今回は氷見線の利用を諦め、再びバスで移動。
運転士さんは往路の時の人だった。

高岡市内に戻り、今度は「坂下」バス停で下車。
目指すは奈良、鎌倉と並び『日本三大佛』と称される高岡大仏。

21022871.jpg
21022872.jpg21022873.jpg
味わい深い佇まいの商店

21022874.jpg
坂の先に大仏様の姿が見える

21022875.jpg21022876.jpg
正面で待つこと10分弱
丁度人通りが途絶えた。

21022877.jpg21022880.jpg
21022878.jpg21022879.jpg
お参りを済ませ御朱印を拝受

少々時間に余裕があったので駅の反対側、徒歩25分ほどのところにある国宝瑞龍寺へ足を延ばしてみた。
17時くらいまでは余裕で見学させてもらえるだろうと考えていたら閉門は16時半とのこと。受付で拝観料と御朱印代の計¥800を支払い、係の人に「閉門後の出口」を教わる。
”お出になるまでこちらで待機していますのでごゆっくりご覧ください。”とおっしゃっていただけた。
(とはいえ多少なりとも気が急いてしまうのが人情というもの)
21022881.jpg
総門

21022882.jpg21022883.jpg
沿革と伽藍配置
少々罰当たりなことを考えてしまったので心の内にしまって反省。

21022884.jpg21022885.jpg
山門

21022887.jpg210228911.jpg
210228915.jpg210228916.jpg
仏殿

210228912.jpg210228913.jpg
禅堂と大庫裏

210228914.jpg
法堂

210228917.jpg21022886.jpg210228919.jpg
210228908.jpg210228918.jpg
21022888.jpg210228909.jpg
210228907.jpg210228910.jpg
ひと気が無く空気がひんやりしていて気持ちが引きしまる

21022889.jpg21022890.jpg
21022891.jpg21022892.jpg
21022893.jpg21022894.jpg
禅堂(内部)

21022898.jpg210228906.jpg
21022899.jpg210228901.jpg
210228902.jpg210228903.jpg210228905.jpg210228904.jpg
法堂(内部)

21022895.jpg21022896.jpg
石廟

16時20分頃から17時丁度頃まで駆け足で見て回って再び受付へ。
預けた御朱印帳を受け取る際に”おや、お早かったですね。もっとゆっくりされても良かったのに。”と言われてしまった。
う~~~む。
もっとゆっくりしても問題なかったのであれば次に機会があってもやはり閉門間際に訪問してひとがいない中じっくり見て回ろうか。

日没までまだ少々時間があったので前田利長公の墓所も訪ねてみようと思い、八丁道を東にてくてく進む。
210228921.jpg210228922.jpg
210228920.jpg210228923.jpg
八丁道

210228924.jpg
八丁道終端から墓所まで

210228925.jpg210228926.jpg210228927.jpg210228928.jpg
前田利長公墓所
武将のそれとしては最大規模のもの。

陽が落ちて来たので富山に戻るべく高岡駅へ。
駅前で飲み食いしてからでも良かったけれど、高岡でのお楽しみは土曜日に待っている。
210228929.jpg
いしかわ鉄道の車両
元は北陸本線だった路線が北陸新幹線開業と同時に第三セクターに移管され、石川県内がIRいしかわ鉄道線に、富山県内があいの風とやま鉄道線に、新潟県内がえちごトキめき鉄道となり、相互乗り入れも行っている。

レンタカーであちこち回るつもりだったけれど、電車とバス、路面電車の乗り継ぎでも思いのほか色々堪能できた一日なのであった。


関連記事
挨拶がわりに気が向いたら押してやってください。
にほんブログ村 自転車ブログ ブルベへ
にほんブログ村

タグ: 観光  富山  高岡  雨晴海岸  高岡大仏  瑞龍寺  写真日記 
シャシン  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

コメントの投稿

Secret

△top

この記事に対するコメント

△top

トラックバック

トラックバックURL
→http://trinity001.jp/tb.php/1591-10a2e044
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top