FC2ブログ
02« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»04

日記超。-改・弐-

  : 

自転車だったりマラソンだったりトライアスロンだったりお酒だったり。

2023May24Wed

【ゆるふわ】白石峠と山伏峠【坂練】 

21061222.jpg
個人的には初めて訪れた秩父高原牧場
アプローチの坂道はなかなかヒドいモノでしたが
登坂中も頂部も眺めは非常に気分良い

「土曜日に白石峠から山伏峠に回って沖山ベース(旧ときがわベース)と山伏ベースのハシゴをしたいけれど予定空いてますか?」というひとみさんからのお誘いに対し、どちらも気にはなっていたけれど立ち寄ったことのないスポットだったこと、一週間後には二か月半ぶりとなるBRM参加、しかも600kmが控えているので走力に不安があり、とにかく週末二日間はどこかに走りに行くつもりでいたわたしはその提案に乗らせていただき、6月12日(土)9時30分に東武東上線小川町駅集合で走りに行くことに。
自宅から小川町駅までの距離は80km強なので所要時間を4時間と見込み、30分の余裕を見込んで自宅スタートを5時丁度で計画。
前夜酒量を過ごすことも無く早め(と言っても24時頃)に就寝し、目覚めは4時丁度。ボチボチ準備を始めつつのんびり過ごしていたらいわゆる「エイリアン・アプダクション」と呼ばれる空白の時間が生じてしまった。最後に記憶にあるのは4時30分過ぎ、次に時刻を認識したのは5時15分を回ったところ。実に約45分間。
いったいぜんたいその間わたしの身に何が起こったのか知る術もないけれど、過ぎ去った時間は戻って来ないのでこれからのことを考えた。すごく前向きだぞ、オレ。
グロス20KPH以上で走れば遅滞なく約束の小川町駅には到着できる。
まだ慌てる時間帯じゃない!)

ということでバタバタと準備を整え出発
21061201.jpg
専修寺関東別院前@2021/06/12/05:30過ぎ
一週間後のブルべ参加を見据えて使用予定の重たいジェームスくんで。

<実走行ログ:2021/06/12/05:30頃>

環八を北上し、直進不可である甲州街道との交差点手前で脇に逸れ、裏道を北上。
21061202.jpg
久々の「スカイタワー西東京」

どうにかこうにか小川町駅前到着は9時20分過ぎ。
間に合った。偉いぞ、オレさま。
駅を出てすぐのところで輪行解除していたひとみさんと無合流し、近くのコンビニに移動してスタート前の軽い補給と走行中の水調達。
21061203.jpg
駅前コンビニにて
今回、もう一人参加する予定(?)だったあっこさんは坂道だらけのコースに腰が引けてしまってDNSなのだそうで。

ひと通り準備を済ませスタート前に空模様チェック。
天気予報では降水確率が随分と低かった割には少々雲が濃い。集合場所まで来る間にほんの時折小さな雨粒が落ちて来ていた。
「空模様微妙だけど降ったりしないよねえ。」
「天気予報じゃ降るとは言っていませんでしたけれどね。」
「レインウェア持ってきていないから降られたらアウトだわ。」
「同じく。とはいえピーカンで炙られるよりはマシかと。先週の伊豆で結構ヒドい目に遭ったし。」
そんな会話の後いよいよスタート。

<実走行ログ:2021/06/12>

駅前をスタートしてまず右折して東進し、ほどなく左折して松郷峠に向かう。AJたまがわの定番BRM【定峰200】のコースにも組み込まれている、小振りながらそれなりにしんどい峠。
21061204.jpg
松郷峠を越える

松郷峠からの長いダウンヒルを気分よく下って都幾川にぶつかったところが沖山ベース、、、なのだけれど
21061205.jpg
あれ?看板も違う(昔のものに戻っている)
(看板は架け替えられていたはずだけれどいったい?)
「看板の色ってこんな感じじゃなかったよね?」
「もっとこう、黄色というかオレンジみたいな感じだったような。。。」
その後ネット検索をしてみたところ3月に「内装改修工事の為当面休業する」という告知の貼り紙があったらしいということまではわかったけれど、その後の状況は不明なまま。

営業していないのでは立ち寄ることもできないのでそのまま白石峠へと向かう。
都幾川左岸沿いを遡行し、分岐を山の方へ。
21061206.jpg
白石峠への分岐

えっちらおっちら登って行くと後方からいかにもヒルクライマー的な体形のサイクリストにサクサクパスされる。まあ、あと20kgくらい身体が軽くならんとあの人たちには張り合えませんね、張り合う気は無いですけれど。
わたしの方が先行してひとみさんとも若干距離が空いたところで進行方向右手にわたしの知る限り白石峠唯一の水場。今回2ボトル運用で丁度一本が空になったタイミングだったので一旦停止して給水。
21061207.jpg21061208.jpg
木の根付近から染み出す岩清水
勤務先近くのコンビニでの品揃えとコスパの関係で普段エビアンばかり飲んでいるので軟水を口にするとやや甘さすら感じる。

そんなこんなでしばらく時間を潰していたらひとみさんが追い付いてきてパスして行ったので見晴らしの良いところで一枚撮影してから追いかけた。
21061209.jpg
水場付近からの眺望

ピーク手前のパラグライダー上付近で追い付いたのでピークまでは軽く話をしつつ。
ひとみさんは今回の目標を『押し歩きせず、足付きなしで登り切る。』ことにしていたとのことで、見事ピークまで足付きなしでクリア。

21061210.jpg
白石峠ピーク
結構な数のサイクリストがいた。

東屋付近に停車していた移動売店でガリガリ君(九州みかん味)を購入してのんびり。
21061211.jpg
くまモンが親指に隠れてしまった。。。

落ち着いたところで定峰峠を指して下り坂を気分よく。バンプで跳ねた拍子にケージに嵌まっていたはずのドリンクボトルをすっ飛ばしたりしつつ。
当初の計画では沖山ベースでそれなりにしっかり補給してから走り始め、定峰峠茶屋では水分補給程度であったけれど、沖山ベースが営業していなかったので定峰峠茶屋で昼食を摂ることに。
21061212.jpg21061213.jpg
定峰峠茶屋で山菜うどん

落ち着いたところで腹ごなし。
東秩父方面には降りずに途中で林道に入り、今年はポピー祭りが中止となってしまったので既に花は摘み取られてしまったとのことだったけれど「天空のポピー園」へ向かう、、、
21061214.jpg
通行止め
次善の策として更に先に進んで定峰峠の坂道を下りきる手前の県道を登ることに。実は二本木峠なのであった。
当初7、8kmでゆるゆる登るはずだったところを2、3kmで一気に登らなければならない上にスタート地点の標高も違うし嫌な予感しかしなかったけれど、いざ走り始めたらそのまんま予感は的中してひたすら10%前後の勾配の坂道が続いて休みどころがない。
ゆるゆるポタのつもりがなぜか(?)ガッツリ坂練に。
21061215.jpg
取っ掛かりから10%勾配である

21061216.jpg21061217.jpg
竹の青葉の色合いがやんわりしていて気分良い

朝の内は雨を心配するような空模様だったけれど午後はすっかり晴れ上がり、直射日光に炙られてしまった一週間前の忌まわしき記憶が蘇ったものの木陰が多くて助かった。
21061218.jpg
風もあったのでコンディションは上々

21061219.jpg21061220.jpg
眺めの良い道である

二本木峠ピークには向かわず秩父方面へ。
21061221.jpg
秩父高原牧場経由で定峰峠登り口に向かう

21061222.jpg
キツイ坂を登り切ったご褒美

21061223.jpg21061224.jpg
秩父高原牧場は初めて

少し下ったところが「天空のポピー園」
21061225.jpg21061226.jpg
手前は花が積まれていたけれど奥の方にはまだ残っている

ポピー園からの急坂を下り、秩父札所一番の四萬部寺前を通過。門前の旅籠「一番」の佇まいに一瞬心を奪われたものの撮影もできずにスルー。次回以降通った時のの宿題。
21061227.jpg
鎮座する武甲山を指して進む

秩父の市街地東側を南下してR299へ。
ゆるゆると長い登り坂を登って正丸交差点から山伏峠方面へ。
正丸交差点のところってかつて分校があったのだなあと。
21061228.jpg
芦ヶ久保小学校入山分校校門跡

21061229.jpg
締めくくりの山伏峠へ

かつて【雁坂峠越え秩父往還】に参加した際深夜に走った(歩いた)記憶が蘇ったり。秩父側から登った山伏峠は記憶にあるよりずっと楽な登りで拍子抜けした。
21061230.jpg
お久し振りの山伏峠
予定通りなら一か月後にここで再び写真を撮るw

ピークから一気に下って今回の最後のお目当て「山伏ベースへ」
21061231.jpg
オレの半分弱くらいの所要時間であるw

21061232.jpg21061233.jpg
サービスでいただけた「ゆずジャムトースト」
パッと見マーマレードみたいだけれどジャムだった。ゆずの風味がしっかり立っていて美味。

21061234.jpg
こちらはわらび

ライドの〆はかき氷。
21061235.jpg
黒蜜きな粉、ってかでかいw
ボリューミーで大変美味しゅうございました。

すっかり堪能したところで今回の坂練(?)終了。
飯能駅から輪行で帰るひとみさんと別れ、自走で自宅を指して帰路に。
相変わらず立川周辺で少々迷子になりつつもどうにかこうにか府中を抜け多摩川沿いへ。
21061236.jpg
府中の青葉で小腹を満たす

是政橋で一旦多摩川を渡り、そこからいつものように多摩川右岸をひたすら下ってガス橋から右岸に復帰して専修寺関東別院前へ。
21061237.jpg
専修寺関東別院前@2021/06/12/20:30頃
トータル走行距離約230km、出発が5時半頃なので所要は丁度15時間でグロスのAve.は15.3KPH、ブルべ本番でもギリギリ隊なタイミングなのでしたが、微々たるものとはいえそれなりに走力が戻って来た感覚はあるので一週間後のBRMは無事終了して欲しいモノ。

関連記事
挨拶がわりに気が向いたら押してやってください。
にほんブログ村 自転車ブログ ブルベへ
にほんブログ村

タグ: 松郷峠  白石峠  定峰峠  秩父高原牧場  山伏峠  沖山ベース  山伏ベース 

コメントの投稿

Secret

△top

この記事に対するコメント

△top

トラックバック

トラックバックURL
→http://trinity001.jp/tb.php/1598-bc4f7aac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top