FC2ブログ
02« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»04

日記超。-改・弐-

  : 

自転車だったりマラソンだったりトライアスロンだったりお酒だったり。

2023May24Wed

【右尻長野】SR600Fuji-03【左尻グンマ―】 

210711110.jpg
今までやってみたいと思いつつ
やはり人目をはばかりできなかったが
渋峠が24時間通行可能になったため
念願(?)叶ったのであった。


ゆっくり寝て起きて1時過ぎ。まだ少々時間があるのでしばし悩んで二度寝。この時朝風呂も考えたのだけれど宿の湯は硫黄泉なので入ってから渋峠登坂だと自らの臭いに悶絶させられる可能性がある。かつてSR600Nihon Alpsを走った際、ミストな雨に見舞われ身体が冷え切ってしまった乗鞍からのダウンヒル後に乗鞍温泉で身体を暖めてからリスタートした時、我が身から立ち上る硫黄系の臭いに辟易とさせられたことを思い出す。

そんなこんなで二度寝の後2時半に目覚め、準備を整え3時に宿の玄関先へ。
210711081.jpg210711082.jpg
草津温泉リスタート@21/07/11/03:00頃

210711083.jpg210711084.jpg
渋峠登坂開始直後はまだ薄暗い中

210711085.jpg210711086.jpg
徐々に東の空が赤みを帯びる

210711087.jpg
210711088.jpg210711089.jpg
すっかり明るくなった

【日の出前後】
地平線には雲があった為日の出時刻をやや過ぎてからの朝日となった。
210711090.jpg210711091.jpg
210711092.jpg210711093.jpg
210711094.jpg210711095.jpg
210711096.jpg210711097.jpg

210711098.jpg210711099.jpg
210711101.jpg210711102.jpg
白根山ピーク付近を通過

白根山ピークを越えると一旦ダウンヒル、登り返してしばらく進み、またダウンヒルと登り返しの後『国道最高地点』となる。
210711103.jpg
何度見てもこの下り&登り返しのセットに軽く絶望する

210711104.jpg
分水嶺を越える

PC3(207.8)日本国道最高地点〔標高:2,172m〕
210711105.jpg
2021/07/11/05:40

210711107.jpg210711108.jpg
最高地点から下界を眺める

最高地点から群馬-長野県境へ移動。
210711109.jpg
前輪:長野 / 後輪:グンマ―

そして

210711110.jpg
右尻:長野 / 左尻:グンマ―

記念撮影を終えリスタート。横手山方面は少々ガスっているようだ。
210711111.jpg
表示された気温は12℃

しばし逡巡の後、防寒の為のレインウェアは引っ張り出さずに半袖のままで下ることにした。一気に標高が下がるのだしこらえきれなくなったらその時で良い。同様に雨用フルフィンガーグローブも取り出さないまま。とはいえこれは少々失敗したと後から思ったのであった。
走り出してすぐ、懸念していたガスは散ってくれたので見通しが良く、非常に気分の問ダウンヒルになった。

下っている時にはなるべく速度を殺したくないので、残念に思いながらついつい志賀高原に点在する池や沼は素通りしてしまう。とはいえ登り返し等で減速した時に何枚か。
210711112.jpg210711113.jpg
目に優しい景色

コンクリート舗装の為、骨材が露出していてゴツゴツとして走りづらく、手首へのダメージが大きく長いダウンヒルの後あっという間にPC到着。
初日は約200kmで二つしかなかったのに二日目はまだ40km弱しか走っていないのに二つである。

PC4(234.6km)道の駅北信州やまのうち〔標高:569m〕
210711114.jpg210711115.jpg
2021/07/11/06:40

210711116.jpg
Hotのある自販機
ここまで下りると気温は20℃近くなっているけれど、12℃だった渋峠からスタートしたダウンヒルですっかり手指がかじかんでしまったので温かい缶コーヒーはありがたい。

しばらくは下り基調と平坦路が続くのでのんびりリスタート。
途中、なんとなく目に付いた駅で鉄分補給。
210711117.jpg
210711118.jpg210711119.jpg
長野電鉄桜沢駅
リスタートして五分もしない内に電車が通過したので時刻表を確認しておけば良かった。

210711120.jpg
ぶどう畑の中を進む

ぶどう畑の中に一軒、営業中のパン屋さんがあったので朝食を調達。
210711121.jpg
210711122.jpg
まだ焼いている最中なのでやや少ない

パン屋さんのはす向かいにコンビニがあったので、パンを二つ購入してそちらに移動。
210711123.jpg
キャベツ安っ!

お腹を満たし、水の補充も済ませたのでリスタート。
210711124.jpg
暑くなりそうな空

210711125.jpg
北信濃くだもの街道
走りやすくて気持ちの良い道。

210711126.jpg
あちこちに趣深い神社が

小布施の街中を抜けいよいよ菅平高原へのアプローチ開始。
210711127.jpg210711128.jpg
まだ日が高くないので木陰が多くて助かる登坂

長い坂道を淡々と登る。
210711129.jpg
目の前にこういう道があると萎える
とはいえこの区間は休みどころがそこそこあるから一本調子ではなく、案外嫌いではない。

210711130.jpg
菅平入り口の碑

菅平のピーク手前1kmほどのところに大きな水場があって、過去何度も水分補給と水浴びを堪能したのでそれを楽しみにえっちらおっちら登り、記憶にあるのと近い場所に水場があったもののあまりにも記憶にあったものよりも貧弱なのでスルーしてしまったら、その水場こそが目当てのそれだったらしく、すぐにピークに到着してしまった。
210711131.jpg
こんなに小さかったか?
と思って過去の記録を紐解いてみた。
130629205.jpg130812209.jpg
右:SR600Fuji(2013)
どちらも2013年の画像でどちらも夜間撮影なのでイマイチわかりづらい。と、思ったけれどSR600Fuji(2013)の記述を見ると『ピークから4kmほど手前にある』とある。あ?れ??


210711132.jpg
「もうすぐピーク!」という時に現れると萎える

そんなこんなで菅平高原到着。

PC5(269.5km)菅平高原(須坂・上田市境)〔標高:1,321m〕
210711133.jpg
2021/07/11/10:00



関連記事
挨拶がわりに気が向いたら押してやってください。
にほんブログ村 自転車ブログ ブルベへ
にほんブログ村

タグ: ロードバイク  ロングライド  ブルベ  A埼玉  SR600  Fuji  渋峠  菅平 
SR600・Permanent  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

コメントの投稿

Secret

△top

この記事に対するコメント

△top

トラックバック

トラックバックURL
→http://trinity001.jp/tb.php/1613-7b96372c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top