FC2ブログ
02« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»04

日記超。-改・弐-

  : 

自転車だったりマラソンだったりトライアスロンだったりお酒だったり。

2023May24Wed

【わんこを愛でて】週末ゆるポタ一泊二日 #02【わらび餅】 

211113076.jpg
中央線で甲信方面に向かう際
いつも気になる廃ホーム
スイッチバック駅だった旧勝沼駅の名残

<実走行ログ:21/11/13>

味噌ラーメンでお腹を満たしてリスタート。なんだかんだ言って大菩薩ラインは道の駅たばやま手前が最も勾配が厳しい区間なので(※個人の感想です)胃がこなれるまで紅葉を愛でつつのんびり進む。
211113042.jpg211113043.jpg211113044.jpg
色とりどり

211113047.jpg
通行止めの吊り橋
毎度気になるけれど閉鎖されたままでもさほど支障が無いならこのまま朽ちるにまかされるのか、安全面を考慮していずれ撤去されるのか。一度渡ってみたかった。

211113048.jpg
山間部は日陰になるのが早い
14時過ぎだというのに日差しが無いとかなり肌寒いというか風が非常に冷たい。

211113049.jpg
低い太陽に向かって走る形なので眩しい

6~7%の勾配の坂道をのんびり登る。前述の通り個人的に柳沢峠は道の駅たばやま手前さえ頑張れたらあとはダラダラ長い坂道しかないという認識。

211113053.jpg
真っ青な空

211113054.jpg211113055.jpg
味わい深い木と岩肌のコントラスト
日が低い時期の陰影の付き方が好き

211113056.jpg
211113057.jpg211113058.jpg
かつて道路だったところ
線形改良で道が付け変わった後放置されたので崩落土砂で埋もれている。

211113059.jpg
花魁渕上流
花魁渕にはいつも寄ろうと思っているのに時間的に余裕が無くてパスしているのでいずれちゃんと観に行きたい。

211113060.jpg
ひときわ目を引くマムシグサの実
周囲の彩度が落ちているので毒々しい赤がやたらと目立つ、というかホントに毒あるし。

211113061.jpg211113062.jpg
青空とのコントラスト

211113063.jpg
沢音を聞きながらの登坂

昨年沢べりで小休止した懐かしい区間を通過してしばらく進むと大きく緩やかな左カーブの先で犬が吠えているのが聞こえる。(わんこ、今日はご機嫌斜めかな?)そんなことを思いつつ名水わらび餅湯宿はまやらわに到着。
211113050.jpg211113050b.jpg
はまやらわ入り口

211113050c.jpg
さっきまで吠えていた割には機嫌は悪くなさそう
凛々しい顔立ちだよねえ。

お店の人に注文を伝えてわんこの隣に腰掛けしばし戯れる。
211113051.jpg211113052.jpg
相変わらず人懐っこい

わんこと戯れていたら注文の品が供された。今回は『冬季限定』という温わらび餅(黒糖)を注文してみた。
211113064.jpg211113065.jpg
トロっとしていてほんのり甘い
ホイップクリームが添えらているのも初めての味わい、美味しゅうございました。

わんことの別れを惜しみつつリスタート。峠のピークは目と鼻の先。
211113066.jpg
月が顔を出していた

211113069.jpg
ピーク手前で5℃
指切りグローブでは少々厳しい気温。ボチボチ冬装備が必要かな?というか朝晩は路面凍結の心配も出て来る。

211113067.jpg211113068.jpg
そんなこんなでピークに到着

211113070.jpg
エースくん初柳沢峠

211113071.jpg211113072.jpg
ここまでキレイな富士山を拝めたのは初

211113073.jpg
もう一枚記念撮影
峠の東屋よりも、100mほど下ったカーブの方が障害物が無くてすっきりした富士山が拝める。当然ながら通行車両には細心の注意を払いつつ。

線形改良が進んで非常に走りやすくなった山梨側のダウンヒルを気分よくすっ飛ばし、塩山市街地に向けて下る。
211113074.jpg
甲府盆地

211113075.jpg
干し柿もあちこちで見かけた

柳沢峠から下ってフルーツラインに入り、しばらく進んだところで塩山方面から逸れて中央線沿いの路地に入る。目的地は勝沼ぶどう郷駅脇にある旧勝沼駅跡。中央線を利用する度にいずれ行きたいと思いつつなかなか実現しなかった、旧国鉄、SL時代のスイッチバック駅ホーム。SL発着時の問題で本線の勾配区間に駅ホームを作れなかったため、本線より低い位置に水平なホームを設置してこの駅に停車する列車だけが引き込み線を使ってスイッチバックする形式だったそうである。
211113076.jpg211113077.jpg211113078.jpg211113079.jpg
211113080.jpg211113081.jpg
今は桜が植えられていて春には桜色で彩られる
それにしても軌道部分は線路と枕木は撤去されているもののバラストが残っているので少々走りづらかった。とはいえこの程度を『走りづらい』なんぞとは片腹痛いお話なのであったと翌日痛感することになったのである。

211113082.jpg
富士山の先っちょとお月様

今回もうひとつ目論見があって、地元産果物をふんだんに使ったフレンチトーストのお店カフェ・ラぺにお邪魔というものだった。つい一週間前にフレンチトーストを食べたばかりなのでこちらも味わってみたくなったといった感じ。
ところが到着してみたところ、タッチの差でラストオーダーが終わってしまったとのことで涙を呑む結果に。
211113083.jpg
17時丁度がラストオーダー

まあ間に合わなかったもんは仕方ない、、、ということですぐそばの瑰泉へ。
211113084.jpg
今宵の宿到着
17時半頃チェックインを済ませ、後はひたすらのんびり。温泉にのんびり浸かりしっかり疲れを癒す。広々とした露天風呂は湯温が低めなので一時間でも二時間でも入っていられそうな感じ。入浴中に寝落ちして溺れることが無いように注意せねば。

すっかり暖まって食堂でお酒を飲んだり馬刺しをつついたり。
211113085.jpg211113086.jpg
取っ掛かりの馬刺しと〆のそば

すっかりいい気分になって仮眠コーナーに移動。
横になって翌朝の計画をゆるゆる確認していたらいつの間にか寝落ちしていた。


関連記事
挨拶がわりに気が向いたら押してやってください。
にほんブログ村 自転車ブログ ブルベへ
にほんブログ村

タグ: ロードバイク    観光  柳沢峠  大菩薩ライン  勝沼駅跡 

コメントの投稿

Secret

△top

この記事に対するコメント

△top

トラックバック

トラックバックURL
→http://trinity001.jp/tb.php/1679-6d85a833
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top