FC2ブログ
02« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»04

日記超。-改・弐-

  : 

自転車だったりマラソンだったりトライアスロンだったりお酒だったり。

2023May23Tue

【心には】休日ぶらぶら【あの夏の日】 

220327023.jpg
『あの夏の日』
チコリンさんからミニベロをお借りして
ゆるゆるポタリングした先で目にしたモアイ像
雪原に屹立するモアイというのも
これまたなかなかの味わい

【2022/03/27】
土曜日の晩の酒席の際、その場に居合わせた某氏の「ボクの彼女の実家、島松の方なんですよ。」という発言を耳にして(そういえば三年半前にチコリンさんに『旧島松駅逓所』に連れて行ってもらったなあ。)と思い出し、日曜日に軽くドライブがてら眺めに行こうとGoogle Mapsでルート確認やらなんやらをしていたら『錨』とだけ書かれたスポットが目に入った。クチコミを読んでみても来歴不明の謎の存在のようだったので折角だから駅逓所に行くついでに眺めてみようと。

交通量がそこそこある国道から脇に逸れ、まだまだ雪が残る田園地帯の一本道をのんびり走っていたら左前方に確かにそれはあった。
クチコミにあった通り、それは結構な大きさでホントになんでこんなところにポツンと置かれているのか謎過ぎる存在ではあった。海が近い訳でもないし。
220327001.jpg220327002.jpg
謎の『錨』

錨を眺めてから再び移動。五分とかからず旧島松駅逓所に到着したけれど、豪快に雪に覆われ冬季閉鎖中なのであった。
220327003.jpg
『北海道稲作発祥の地』碑とクラーク博士の碑

220327005.jpg220327004.jpg
220327006.jpg220327007.jpg
建物自体は見事に雪に埋もれている
内部見学再開したら再訪したいもの。

220327008.jpg220327009.jpg
井戸と駐蹕(ちゅうひつ)所碑
駐蹕:天子、転じて位の高い人が一時的に乗り物を停めることを指す。
因みに『蹕』というのは単独だと貴人、要人が移動する際に先行して通行人等を避けさせる『先払い』のこと。

220327010.jpg220327011.jpg
脇を流れる島松川
雪解け水で水量多め。もうすぐ春。

駅逓所内部をのんびり眺めたかったのだけれど当てが外れて空振りしてしまったので大曲のホームセンターに移動、個人用のもの、業務用のものあれこれを買い込み札幌市内へ。

なんとなくお寿司がつまみたくなったのでお昼はトリトンへ行くことに。北広島には店舗が無いので札幌市清田区のお店へ。
220327012.jpg
トリトン清田店

220327016.jpg
220327014.jpg220327017.jpg
220327018.jpg220327019.jpg
220327020.jpg220327021.jpg
あれこれ頂いて満足
美味しゅうございました。
車での移動だったのでノンアルだったのが非常に惜しい。
それにしても酒も頼まず軽くのつもりだったのになかなかいいお値段になってしまった。。。

お腹を満たしてさてどうしたものかと考え、20年ぶりに定山渓でも行ってみようかと思い立ち、札幌市街を避け大回りに真駒内経由で行くことに。
深く考えていなかったけれど、図らずもちょうど三年半前にチコリンさんとのポタリングで訪れた真駒内滝野霊園前を通過するルートなのでありました。園内道路はしっかり除雪されていたので当然ながら立ち寄り。

モアイ像
220327022.jpg220327023.jpg
220327024.jpg220327031.jpg
↓三年半前↓
AfterAH240035.jpg

頭大仏
220327025.jpg220327030.jpg
↓三年半前↓
AfterAH240036.jpg

220327026.jpg220327027.jpg
↓三年半前↓
AfterAH240037.jpg

220327028.jpg220327029.jpg
↓三年半前↓
AfterAH240038.jpg

園内散策するにはまだまだ雪が深いので早々に切り上げ再び移動。滝野霊園は小高い丘の上にあるので緩い下り坂をのんびり進み、札幌芸術の森を過ぎて住宅が増えて来たところで寝転んだ大仏様。
ここもチコリンさんに連れて来ていただいたスポットである。
舎利山佛願寺 大涅槃聖堂(涅槃大仏)
220327032.jpg220327034.jpg
↓三年半前↓
AfterAH240068.jpg

涅槃堂内は撮影禁止だったものの、どうしても撮っておきたいものがあったので係の方にお願いしてみたら快諾してくださった。三年半前も係員さんに良くしていただいた記憶があるし、必ず再訪しようと心に誓う。
220327035.jpg220327036.jpg
折角なのでお線香を焚いてみた

という訳で今回の目的地であった『20年振りの定山渓』を指して移動してみたものの適当な駐車場が見当たらなかったので車でうろうろして終了。
それにしても20年も経つと全く記憶に残っていないなあ、街並み。

折角なのでひと風呂浴びて帰ろうと思い定山渓より少々豊平川下流にある小金温泉へ。
小金湯温泉 湯元 旬の御宿まつの湯
220327037.jpg220327038.jpg
桂の大木が鎮座したファサード
のんびり湯に浸かってまったり。
小一時間ほどのんびりしたところで北広島に戻り、『セルフバリカン』で頭髪を刈ってしまう生活が長らく続いていたものの、北海道に来てからこっち諸事情から髪を伸び放題に放置しているため実に10年振りくらいに散髪をして貴重な休日が終了したのでありました。



関連記事
挨拶がわりに気が向いたら押してやってください。
にほんブログ村 自転車ブログ ブルベへ
にほんブログ村

タグ: 旧島松駅逓所  真駒内滝野霊園 
旅・散歩  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

コメントの投稿

Secret

△top

この記事に対するコメント

△top

トラックバック

トラックバックURL
→http://trinity001.jp/tb.php/1711-0d3e605c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top