FC2ブログ
02« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»04

日記超。-改・弐-

  : 

自転車だったりマラソンだったりトライアスロンだったりお酒だったり。

2022Aug03Wed

【最北の水田と】Remenber AH2400-04【旭川ラーメン】 

220718044.jpg
JR宗谷本線雄信内駅
駅前の集落が消滅し
利用客がほぼ皆無なこの駅は
廃止が取り沙汰されてはいるものの
交換機能があることもあって残されている
(交換機能:単線の列車すれ違い)
関連エントリ⇒AH2400-06


田園地帯をのんびり進んで行った先、道路標識にしっかり『雄信内駅』と記されている曲がり角を曲がった先にその駅はあったけれど、駅前には本当に何もなく駅舎だけがポツンと佇んでいた。
220718041.jpg
JR宗谷本線 雄信内駅
無人駅で駅前に何もないのに駅舎はそれなりに立派。

220718049.jpg220718050.jpg
220718042.jpg220718044.jpg
駅舎をぐるっとひと回り

2面2線形式の駅なので駅舎と反対側のホームに渡って線路越しに駅舎を撮影しようと思ったけれど、駅構内踏切の先には非情な言葉が。
220718043.jpg
線路を渡って撮影しても公開できん

220718045.jpg220718046.jpg
220718047.jpg220718048.jpg
仕方がないので駅舎側ホームの北端へ

さてお次は、、、というところで思わぬアクシデント。
途中で給油するつもりで軽く考えていたらなかなか営業中のガソリンスタンドが無く、気が付けば燃料残量警告灯が転倒する始末。旗日だということをすっかり失念していたし道北のガソリンスタンドの少なさも甘く考えていた。
慌ててスマホで近隣のガソリンスタンドを検索し、最寄りに立ち寄ってみたら休業。その時点で警告灯が点灯してから10km以上走っている。次に見込みがありそうなところは約20km先。多分そこがラストチャンスでそれを逃したら最悪JAFを呼ぶくらいしか手が無い、、、と思って運を天に任せたらどうにかこうにか営業中。一般的に警告灯が点灯してから4~50kmほどは走れると頭では理解していても実際にガス欠の経験がないので心底ホッとした。
220718076.jpg
いやはや焦った焦った

ガソリンスタンドを探して彷徨ってしまったためにやんわり予定していたよりもかなり余計に時間がかかってしまい、ちょうど正午頃になって道の駅てしお前を通りかかったのでそこで昼食を摂ることに。賑わいを見せるレストランに入った直後、壁に貼られたメニューに目が釘付けになる。
220718051.jpg
『限定』に弱い俗物です、ええ

220718052.jpg220718053.jpg
ヒラメは肉厚でしっかり昆布の風味が効いている
美味しゅうございました。

220718054.jpg
220718055.jpg220718056.jpg
デザートに栗のオムレット
上品な甘さでこれまた美味しゅうございました。

お腹を満たして移動開始。
一応ざっくりした予定では今回最後の目的地。四年前AH2400走行中に標識を見かけて気になって以来、一度訪問してみたかった『最北の水田』へ。
220718057.jpg220718058.jpg
標柱と解説看板が立つ
稲作に対する先人の努力と情熱をしみじみ思い知らされる。

今回の旅行の目的は達成したので後は無事故で帰るだけ。
先述の通り復路は往路を単純に引き返したのでは芸が無いと考え内陸を進むことにしたので音威子府が通過ポイント。折角なので駅に立ち寄ってみた。

220718059.jpg
音威子府駅

220718060.jpg
店主が永眠したため閉業した駅そば
一度味わってみたかった。

220718061.jpg
過日の音威子府駅ジオラマ

表に回って現在の駅周辺を眺める。
220718062.jpg220718063.jpg
220718064.jpg220718065.jpg
現在の音威子府駅

折角音威子府に来たのでお蕎麦でもいただいて行こうと思って道の駅に行ってみたものの『土日祝祭日のそば提供は8月から』という掲示。スマホで検索してイートインがあるという表示になっていた一路食道に移動。シャッター半開きながら店内に人の気配を感じたので中を伺い、先客もいるようだったので店内に足を踏み入れた。ひとりであれこれ対応していた女将さんに話を伺ってみたらなんと体力の限界を感じて今年の四月で食堂営業を辞めて通販中心の販売のみでの対応になったのだそうで。四月までなら来る機会何度かあったはずなのに勿体ない。。。

通販でほぼいっぱいの状態で店先での小売りの対応が困難だと言われたものの、買って帰っても自分ひとりで食すだけなので二束譲ってほしいとお願いしてみたら「そのくらいなら何とか。。。」とお分けいただけた。ついでに音威子府周辺でこのそばを食べさせてもらえる飲食店があるか尋ねてみたら今は無いとのこと。音威子府そばをお店で食べたいならむしろ奥多摩行った方が良いのかも知れないなあ。
220718077.jpg220718078.jpg
どうにかこうにかゲットした音威子府そば
冷凍すれば一年は保つのだとか。

色々残念な思いを味わいつつ、それでも音威子府そばがお土産になったのでまあ満足して再び帰路に。途中、道の駅びふかでおやつをいただいたり。
220718066.jpg
天塩川の三日月湖半にある道の駅びふか

220718067.jpg220718068.jpg
おやつそのいち:美深牛肉まん

220718069.jpg
おやつそのに:かぼちゃパイ

そのまま南下して旭川経由で道央自動車道で帰るルートにしたので折角なので旭川ラーメンを食べて帰ることにして天金へ。
220718072.jpg
らーめんや天金四条店

220718073.jpg
正油ラーメン

220718074.jpg220718075.jpg
山わさびごはん・餃子3個

早めの夕食を済ませて満ち足りた気分で宿舎まで。
二日間で850kmほど、だったけれどやはり北海道は信号が少なくて走りやすいなと実感した二日間。ガソリンスタンドが少ない、もしくは休日営業していないので要注意という当たり前のことを再認識した二日間でもあったのでした。




関連記事
挨拶がわりに気が向いたら押してやってください。
にほんブログ村 自転車ブログ ブルベへ
にほんブログ村

タグ: ドライブ  観光  稚内  宗谷岬  音威子府  雄信内  兜滑 
シャシン  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

コメントの投稿

Secret

△top

この記事に対するコメント

△top

トラックバック

トラックバックURL
→http://trinity001.jp/tb.php/1738-cf8cf0a9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top