FC2ブログ
03« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»05

日記超。-改・弐-

  : 

自転車だったりマラソンだったりトライアスロンだったりお酒だったり。

2023May24Wed

【Okhotsk1300】ひまわり鑑賞ポタ(リトライ)【事前走行確認-前】 

220811025.jpg
函館本線・光珠内(こうしゅない)駅にて
普通列車の入線に遭遇

関連エントリ

<実走行ログ:2022/08/11>

元は日曜日に計画していて途中で挫折して引き返すことになってしまっていた『ひまわりの里』訪問に再度チャレンジ。前回は記憶に頼って走っていてミスコースしてしまったことがトラブルのひとつ目だったので今回はきちんと事前にルートを作成し、しっかりとEdge530に転送。

いつものように前夜酒量を過ごしてしまって当初の目論見よりも若干遅れ気味ながら6時20分には宿舎前をスタート。
220811001.jpg
今回はタイヤを新品に入れ替えた
やっぱり個人的には安定のコンチネンタル。

スタート直後、ホットシェフのあるセコマで補給
220811002.jpg
当然ベーコンおかか

今回、往路は前回の復路を、復路は前回の往路を基本にコースを作成したので南幌から岩見沢に向けて走る。
220811003.jpg
朝の内は霧

220811004.jpg
手入れの行き届いた路側の植え込み

220811005.jpg
夕張川を渡る

220811006.jpg
岩見沢市域へ
R札幌代表タケダさんのお膝元に再びお邪魔。

220811007.jpg
ひたすらまっすぐな道が続く

220811008.jpg
『本人は上手いことを言ったつもり』なのにすべってしまった感
非常にシンパシーを感じてしまうところが困る。

岩見沢の市街地に差し掛かった辺りで後部に三角形の旗を立てたカブに遭遇。二段階右折の信号で一段階目の待機をしようとした先にもう一台同じように後部に旗を立てたカブ乗りが。
「こんにちは!」
「こんにちは~。」
と、カブ乗り同士が会話を始める。
「富良野ですか?」
「ええ、富良野です。」
「やっぱりそうですよね!良かったらこの先のコンビニで別のカブ乗り二人と待ち合わせているんでご一緒しませんか?」
「良いですね。」
概ねこんな会話。どうやらカブオーナーのライダーズミーティングのようなものが催されるらしい。
220811009.jpg220811010.jpg
楽しそうにあれこれ会話していた二人

前を走っていた二人が進行方向右手のコンビニに向かって行ったのでひとりゆるゆる走っていたら左手にSL展示が見えたのでみなみ公園に立ち寄り。
220811011.jpg
220811012.jpg220811013.jpg220811014.jpg220811015.jpg220811016.jpg220811017.jpg
D51とC57

220811018.jpg
岩見沢市街地を抜けると再び真っ直ぐな道

徐々に雲が薄くなり、青空の面積は大きくなって行く空の下進んでいたら『←光珠内駅(100m)』という標識が現れた。左手を注視しながら交差点を通過してみたら突き当りに見えた駅舎のファサードがなかなかユニークだったので立ち寄ってみることに。
220811020.jpg
220811019.jpg220811023.jpg
220811021.jpg220811022.jpg
JR函館本線・光珠内駅

うろうろしていたら「列車が美唄駅を発車しました」というアナウンスがあったので折角だからしばし待機。
220811024.jpg220811025.jpg
タイミングよく普通列車が入線、発車

220811026.jpg
『ドラキュラの葡萄』というネーミングが気になった

美唄市街地に入りしばらく進んだところで左手に何やら立派な邸宅があったのでこれまた折角なので立ち寄り。
220811027.jpg220811028.jpg
内部を観察できる入館は10時から
この時点でまだ9時前なので入館できないのは仕方ない。

周囲をぐるっとひと回り。
220811029.jpg220811030.jpg220811031.jpg220811032.jpg220811033.jpg220811034.jpg220811035.jpg220811036.jpg
確かに洋風な下地に和風のガワをかぶせたような外観
内部も見てみたかった。

裏手には屯田兵ゆかりの建物が。
220811037.jpg220811038.jpg
美唄屯田騎兵隊火薬庫

220811039.jpg220811040.jpg
美唄屯田兵屋

ひと通り見て回ったのでリスタート。改めて北竜町を目指す。
220811041.jpg
このおやじギャグセンスに同族嫌悪的な感情

220811042.jpg
丘を下って登る感じがなんとなく気に入った

220811043.jpg
道端にキアゲハ

220811044.jpg
こういう表示は北国ならでは

220811045.jpg
秋空を思わせる巻雲

220811046.jpg
「フリクション禁止!」というおやじギャグをツィート
『ペン消すな』だし、、、って『中心蔵』のネーミングセンスと何ら変わらない。

220811047.jpg
『義経橋』レリーフ
この辺りは【トトロ2300】の際逆向きに通過したはずなのだけれどさすがに雨のなかの日没後なので見かけた記憶がない。

220811048.jpg
何故か(?)赤穂浪士の墓
これは【トトロ300】の時にも気が付いた。

220811049.jpg
道端に人形がずらり

220811050.jpg
売りに出されていたエモい民家

前方から国防色の自衛隊車輛。それ自体は北海道に居れば普通に見かけるのだけれど水陸両用車は見たことが無い。スライドした時撮影できなかったことを悔やんだけれどすぐにもう一台が見えたので慌ててカメラを構えて一枚。後続の自動車の走行音が耳に入ったので被らないタイミングでシャッターを押したらちょっと遠かったけれど、この後後続車が続いたのでクリアに撮れるタイミングはこれしか無かった。
220811051.jpg00.jpg
94式水際地雷敷設装置
調べてみたらなかなかレア度の高い装備だった。

220811052.jpg220811053.jpg
そんなこんなで『太陽を味方につけた町』北竜町へ
毎度(とはいえまだ二度目だけれどな!)このフレーズで笑う。

220811054.jpg
ひまわりの里はさすがに行楽車が多い

新十津川、雨竜、北竜と進んで来る間、かなり天気が良くなって来たのでそこそこ汗をかいたのでまずは冷たいものを。
220811055.jpg220811056.jpg
ひまわりソフトクリーム

220811057.jpg
なるほど砕いた種の粒がある
香ばしくてナッツソフトクリームのような味わい。

いよいよお目当てのひまわり圓へ。






関連記事
挨拶がわりに気が向いたら押してやってください。
にほんブログ村 自転車ブログ ブルベへ
にほんブログ村

タグ: ロードバイク  ロングライド  北竜町  ひまわりの里 

コメントの投稿

Secret

△top

この記事に対するコメント

△top

トラックバック

トラックバックURL
→http://trinity001.jp/tb.php/1743-d1063621
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top