FC2ブログ
01« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.»03

日記超。-改・弐-

  : 

自転車だったりマラソンだったりトライアスロンだったりお酒だったり。

2023May23Tue

【オホーツクは】Okhotsk 1300km-04/10【蒼かった】 

220813210.jpg
宗谷丘陵から海に向かって駆け降りる
気分の良いダウンヒル

関連エントリ⇒Around Hokkaido 2400】走行記録

-Day-2/5_B-

<実走行ログ:2022/08/14>
通り雨の影響か、エサヌカ線辺りで急激な気圧変動があったようで高度グラフがその付近だけおかしい。

抜海駅前をリスタート。海岸に向かう緩い下り坂を進み海沿いの道に合流。
220813175.jpg
ここからもうっすら利尻富士

220813176.jpg220813177.jpg
稚内西海岸を眺めつつ北上

海沿いをひたすら走り、とあるネタを拾い漏らして後悔しつつもノシャップ岬に到着。
通過チェック4(378.9km) 稚内恵山泊漁港公園
220813178.jpg
【ノシャップ岬看板】07:35
初めて訪れた20数年前からこっち、一度も晴れた時のこの場所の風景を知らなかったので猛烈にテンションが上がりまくってしまった。

220813179.jpg220813180.jpg
青い空と穏やかな海って最高
このままいけば宗谷岬でも好天に恵まれることは確定的で、いやでもテンションが上がって顔がほころぶ。傍から見たら怪しい笑みを浮かべた不気味なおっさんでしか無いので自重しようと思ってみたり。

220813181.jpg
一時停止の停止線なのにそれについては触れないのか

220813182.jpg
一ヶ月振りの防波堤ドーム

220813183.jpg220813184.jpg
稚内漁港

220813185.jpg
造船所で外装補修中の漁船

220813186.jpg
稚内漁港の外れから宗谷岬方面

稚内市街を抜け宗谷岬方面へ。交通量はさほど多くない。
220813187.jpg220813188.jpg
風景独り占め気分を味わえるタイミングも結構あった

穏やかな宗谷湾
220813189.jpg220813190.jpg
220813191.jpg220813193.jpg
なんとなくウユニ塩湖っぽい

220813194.jpg
四年振りの『間宮林蔵渡樺地の碑』

220813195.jpg
水鳥と平島、その向こうに樺太

220813196.jpg
いよいよ宗谷岬が目と鼻の先

宗谷岬なのでやはり最北端オブジェは欠かせない。
220813197.jpg
記念にいち枚
※今回の通過チェックモチーフはこれではない。

天気が良くてテンションが上がっていたので今まで購入したことが無かった到着証明を購入してしまったり。
220813198.jpg
日本最北端到着証明
そういえばその昔購入した礼文島の到着証明ってどうしちゃったかな。。。

通過チェック5(414.4km) 宗谷岬
220813199.jpg
【宗谷岬流水館(大時計、日付電光表示)】09:26

次の目的地である紋別を指してリスタート。
宗谷岬南側のオホーツク海沿いは、丘陵地帯を抜けたAH2400の時には走らなかったので初めて走る区間。
220813200.jpg220813201.jpg
穏やかに凪いだ海

220813202.jpg220813203.jpg
竜神島

220813204.jpg
さざ波立つ浅瀬

220813205.jpg
氷河に削られた丸みを帯びた丘陵

220813206.jpg
ほぼ無風な状態

220813207.jpg220813208.jpg
風力発電風車を眺める

記念撮影していた壮年男女数名のグループの中のひとりに声を掛けられた。
「”たまがわ”って東京の多摩川だったりするんですか?」
わたしの着ていたAJたまがわジャージが気になったらしい。
「そうです、その通りですよ。」
「多摩川のどの辺?」
「ん~~~。一応活動の中心は二子玉川ですね。」
「わたしは野毛に住まいがあるんですよ!」
「へえ、わたし自身はもっと下流の六郷に住んでいるんですけれどね。」
「どこから走って来たんですか?」
「昨日の真夜中札幌から北上して幌延で一泊してから今朝ノシャップと宗谷岬を回ってここまで下って来ました。」
「そうですか、この先もお気をつけて。」
「ありがとうございます。」
世間は狭い。

220813209.jpg220813210.jpg
丘から海に向かって緩やかな下り

220813212.jpg220813213.jpg
鼻歌交じりで走る

220813214.jpg
通り雨らしき痕跡
急に気温が下がり始めたので若干嫌な予感。

220813215.jpg
雲行きがやや怪しげ

220813216.jpg220813220.jpg
220813217.jpg220813218.jpg
ちょっと雲が増えてきたけれど前方も海側も穏やか

時刻は11時になろうとしているところ。かつて強い向かい風に翻弄されつつ進んで食事休憩の為に立ち寄った道の駅に差し掛かったので当時利用できなかったレストランを利用すべく立ち寄り。
220813219.jpg
道の駅さるふつ

220813221.jpg
四年前には利用できなかったレストラン

220813222.jpg220813223.jpg
220813224.jpg220813225.jpg
ほたて尽くしの『さるふつ定食』

のんびりほたてを堪能していたところ携帯に通知。チコリンさんから「そっちに強い雨雲が!」目を上げて窓外を見やればついさっきまで穏やかだったはずなのにバケツをひっくり返したかのような大雨。慌ててレストランを飛び出し、外に停めてあったエースくんを屋根の下に避難させてから中断した食事に戻る。それにしてもここで早目の昼食にしなかったらモロこの雨を食らっていたのだと思うとなかなか運が良い。
220813226.jpg
豪快に降っている

食事を終え、しばらく様子を見ながら雨雲レーダー画面を確認。まだあと一時間くらいは降り続きそうなのでレインウェアを着込んで先に進むことに。
220813227.jpg
雨中ライドへGo!
220813229.jpg
15分もしたら雨域を抜けてしまった

220813230.jpg220813231.jpg
前方には青空も

エサヌカ線への曲がり角に差し掛かる頃にはすっかり雨が上がってしまったのでエサヌカ線入り口でレインウェアをパージすることに。
220813233.jpg
身軽な格好で楽しみたいよね
いよいよ四年振りの道道エサヌカ線へ。




関連記事
挨拶がわりに気が向いたら押してやってください。
にほんブログ村 自転車ブログ ブルベへ
にほんブログ村

タグ: ロードバイク  ロングライド  ブルベ  AJ北海道  RM認定走  Okhotsk 
BRM1000・LRM  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

コメントの投稿

Secret

△top

この記事に対するコメント

△top

トラックバック

トラックバックURL
→http://trinity001.jp/tb.php/1751-caf1e6cc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top