FC2ブログ
02« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»04

日記超。-改・弐-

  : 

自転車だったりマラソンだったりトライアスロンだったりお酒だったり。

2023May23Tue

【ゆるふわと】きたひろくんと-11B【ガチ踏みと】 

220925082.jpg
どうにかこうにか無事
チェックポイントコンプリート



後から後から参加者が到着するのでわちゃわちゃして来た寺坂農園をリスタート。同じ方向に進む参加者はいないようでソロライド再び。時折少し離れた道路を進むサイクリストの姿が見える。『走行ルートは参加者次第』なのでブルべのような同じコースを走っている仲間意識は希薄であるものの同じイベントに参加しているという一体感というか親近感のようなものを覚える。
220925062.jpg
あっちもこっちも道はまっすぐ車は少ない
非常に走りやすくて気持ちが良い。

220925061.jpg220925063.jpg
十勝岳方面
手前の小山の尾根の高さがキレイに揃っているのがなんとなく不思議な感じ。

ゆるゆる走っていると左手に数名のサイクリストの姿。チェックポイント名は『バウムクーヘンのHASEGAWA』だったので洋菓子店舗のようなものを想像していて(こんな畑の真ん中にそんなお店あるんだろうか?)とか思いつつの走行だったけれど、外観はちょっとこ洒落た感のあるごく普通の民家だった。
220925064.jpg220925065.jpg
220925066.jpg220925067.jpg
Chk.4/9:バウムクーヘンのHASEGAWA
メープルシロップのバウムクーヘンをひとつ購入し、サービスの麦茶と共にいただく。
美味しゅうございました。
わたしが到着したのとほぼ同時くらいにスタッフカーと思しき車が入って来て、一人の参加者の自転車の後輪をチェックし始めた。どうやらパンク対応らしかったけれど、ブルべに慣れ切っているとこういう『スタッフがメカトラ対応してくれる』という光景が珍しいものに見えるし羨ましくも感じられる。

さて、お次は『ゆるふわイベント』ながら5km250mUPの登り区間。下から上までほぼ一本調子の登り坂。クライム3/4。
220925068.jpg
長い登り坂の始まり

220925069.jpg220925070.jpg
玉葱の集荷真っ盛り

玉葱倉庫を通過してしばらくした辺りから腹部に異変。
今回ゆるふわイベントなのでいつものビブショーツではなくスウェットパンツのようなシルエットで薄手の生地のものを履いて上はサイクルジャージといういでたちだったのだけれど、腹部に生地が無いので汗冷えを起こしてしまい急にゴロゴロと不穏な兆候が。
それまでかいていた汗とは種類の違う、いやな感じの汗を流しながらの登坂。(クライムプロが示すピークに辿り着ければトイレが借りられる!)その一心で時に貌を歪めながらのペダリング。何度かの危険な波を凌ぎ、視線の先には救いのオアシスが見えて来た。
220925071.jpg
我が約束の地!
100mほどのグラベルが延びていて走行の振動が腹部を刺激するのでなかなか速度を上げられないものの悠長にのんびり走っていたのでは人としての尊厳を喪いかねない事態に発展してしまう、そんなジレンマの中ようやくトイレ建物の前に到着。個室は、、、空いてた!その時わたしは神の存在を認識したのだ。ある意味、いわゆるゾーンと呼ばれる領域にほんの少し踏み入った状態だったと言えなくもない。
個室に入って人としての尊厳を手放さずに済んだことにホッと胸を撫でおろし、ゾーンから抜けたわたしは清々しい気持ちで用を足して外に出た。
220925073.jpg220925072.jpg
Chk.5/9:富良野ジンギスカン羊の丘
店員さんにスタンプを押していただいてリスタート。

長い登りの後なので長い下りを堪能するターン。
220925074.jpg220925075.jpg
気持ちの良いダウンヒルをテンション上げまくって進む

220925076.jpg
Chk.6/9:SPA & HOTEL RESORT ふらのラテール
カットメロンにソフトクリームが乗った魅惑の商品があったもののついさっき人としての尊厳を喪いかける経験をしたばかりなのでお腹に配慮して冷たいものはパス。スタンプだけ押してそそくさと移動。

220925077.jpg
よくあるおやじギャグ的ダジャレ看板

富田ファームは敷地が広いし建物が多いのでどこでスタンプを押してもらえるのかイマイチ判断が付かず、しばし彷徨った後にようやくスタンプをゲットできた。
220925078.jpg
Chk.7/9:富田ファーム 花人の舎

残るチェックポイントはあと二つ、、、なのだけれど次のチェックポイントはスタート/ゴールの目と鼻の先。どうもポイントをひとつすっ飛ばしてしまった可能性があるけれどまずは目先のポイントを獲得しよう。次のチェックポイントは急坂の上にあってここがクライム4/4。えっちらおっちら登った先に小さな一軒家の珈琲店。
220925079.jpg
220925080.jpg220925119.jpg
Chk.8/9:すぎやま珈琲
クイズに正解すると10%割引券をいただける。因みにクイズは『珈琲豆三種の内どれが一番値段が高いか?』だった。
三種嗅ぎ比べて即回答したのでお店の人に驚かれてしまったけれどヒントが非常にわかりやすかったのでアレは外す方が難しいだろ。

ここまででスタンプは8つだけれどすぎやま珈琲前の坂道を下ればすぐゴール。コース図を改めて確認してみたら計画三つ目のポイントを華麗にスルーしてしまっていたことに遅まきながら気が付いた。時刻は11時50分を回ろうというところ。ざっと見たところスルーしてしまったポイントまでは約5、6kmほどの距離なので往復30分はかかりそう。ゴールに戻って来られるのは正午を20分ほど回ってしまうけれどそれで抽選会に参加できなかったらその時はその時。スタンプがインコンプリートのままモヤるよりはよほどマシ。
ということでガチ踏み気味でゴール前を素通りしてチェックポイントに向かった。
220925081.jpg
Chk.9/9:DOMANE RAISON
到着してみたら何のことはない、ひまわり畑の向かいにあって、記念撮影をして満足してしまったので全く気が付かずにスルーしてしまっていたのであった

220925082.jpg
スタンプコンプリート
見切れ気味だけれど左側に『時間内に”なるべく多くのポイント”を回り』と書いてある通り、コンプリートはMust条件では無い。とはいえ時間が足りなかったならともかく全数揃えられたはずなのに揃っていないのは気分が悪い。

どうにかこうにかスタンプはコンプリート出来たものの問題はゴール。スタンプをゲットした時点で正午を回ってしまっていたのでやはり早くても20分ほど遅れたゴールになる。あれこれ考えても仕方がないのでまずは走り出し、結構な勢いでガチ踏みして回す。折角のゆるふわイベントが。。。

結構な汗をかいた走行の後、想定していた通り12:20頃ゴールに到着。特に何がどうということも無く普通にスタンプカードを受け取ってもらえてしまった。
220925083.jpg220925084.jpg
ゴール:2022/09/25/12:20頃

ゴール受付テント裏で塩むすびと飲み物をいただき、腰掛用のコンテナボックスが並べられているエリアに向かう。コンテナボックスエリアには既にゴールした参加者がのんびり寛いだり食事をしたり。背後では数か所でBBQをやっているので焼きそばだったり焼肉だったりを貰ってコンテナに腰を掛けて明るい日差しの下でいただく。
220925085.jpg220925086.jpg
220925087.jpg220925088.jpg
ものすご~~~っくビールが欲しかった

食べている間に抽選会。ゴール時に抽選箱に入れた記名済みスタンプカードを引きだし、名前を読み上げられる。最初の肉を食べ終わってお代わりしようと立ち上がった瞬間、わたしの名前が呼ばれ、この手の抽選会では珍しく景品をいただけた。
220925089.jpg220925090.jpg
抽選会の様子と当たった景品

抽選会が終わったところで閉会挨拶がありイベントお開き。主に抽選に外れた人の為に参加賞として玉ねぎ、にんじん、ジャガイモが各100kg用意され、渡されたコンビニ袋に詰め放題で持ち帰れる。お開き後も食べかけの肉をいただいていたので出遅れたら既に玉ねぎとジャガイモは無くなっていてニンジンが残っていたので10本ほどいただいた。
220925091.jpg
しばらく弁当ネタにニンジンが続く

時刻は13時を回ったところだったのでひと風呂浴びてからのんびり帰ることにしてチェックポイントでもあったふらのラテールへ。
220925093.jpg
日帰り温泉施設万華の湯
浴場が広々していて露天もあるしサウナも水風呂もある、レンタルタオルは入館料に含まれていて手ぶらで入れる。非常に良い施設でした。
すっかり気分良くなった風呂上がりに、走行中パスしたソフトクリームを。

220925094.jpg220925095.jpg
オーソドックスに①を

風呂上がりにソフトクリームという満ち足りたシチュエーションの後、そのまま帰っても良かったのだけれどすぎやま珈琲で貰った10%引きチケットを思い出し、富良野に来る機会もそうそうないので折角なので活用して帰ろうと思って再びスタート/ゴール地点へ。
220925096.jpg220925097.jpg
今季の営業は終了しているラベンダー畑駅

ところがすぎやま珈琲は営業していなかったので(割引チケットをいつ使えと?)さらに坂道の先にあったカフェに。森の中に佇む静かな雰囲気のお店。
220925098.jpg220925099.jpg
Cafe nokka

220925100.jpg
220925101.jpg220925102.jpg
220925103.jpg220925104.jpg
220925105.jpg220925106.jpg
クレームブリュレとディープブレンド
美味しゅうございました。

220925107.jpg
自家製パン(画面外にもう一種)三種をひとつづつ持ち帰り
翌日の朝食。美味しゅうございました。

帰り道で滝成分補給。
220925108.jpg220925112.jpg
220925110.jpg220925111.jpg
220925113.jpg220925114.jpg
三段の滝(芦別市)

特に渋滞等も無くすんなりと北広島に帰還。

北広島への移動中にこの日SR600支笏洞爺をランドヌール部門で完走し、翌日の飛行機便で帰るというアオキさんのお誘いがあったので宿舎駐車場に車を置いて電車で札幌に移動。

220925115.jpg
ジンギスカン食べて

220925116.jpg
ワイン飲んで

220925117.jpg220925118.jpg
お刺身とか肉巻きとか食べて

あれこれSR600支笏洞爺に関しての感想やその他SR600の情報交換をしてみたり。 【上毛三山】を強くおススメされて走ってみたくなった。
ゆるふわライドを堪能して美味しいものを食べて楽しくお酒をいただいて、朝から晩までなかなか密度の高いいち日でした。




関連記事
挨拶がわりに気が向いたら押してやってください。
にほんブログ村 自転車ブログ ブルベへ
にほんブログ村

タグ: Tyrell-FSX  ポタリング  エなかふらのサイクリング   
イベント  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

コメントの投稿

Secret

△top

この記事に対するコメント

△top

トラックバック

トラックバックURL
→http://trinity001.jp/tb.php/1773-515915e7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top