FC2ブログ
03« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»05

日記超。-改・弐-

  : 

自転車だったりマラソンだったりトライアスロンだったりお酒だったり。

2023May25Thu

【登別温泉】ウポポイ(民族共生象徴空間)訪問記(2022/04/02)【一泊二日】 

220402032.jpg
既に一年以上経過してしまった
ウポポイ(民族共生象徴空間)訪問時の記録
コロナ禍で来場者少な目だったのかな
思いの外のんびり回れたと感じた記憶がある

一泊二日でウポポイを見学してから登別温泉に宿泊した時の記録前半。後半は既に登別地獄谷散策】・登別クマ牧場の2エントリをUPしていたもののこのウポポイ(民族共生象徴空間)の記録はデッドリンクのままにしてあった。当時はいろいろ細かく書く気があったのだろうけれど、いい加減覚えていないので画像を並べてわかる範囲でキャプションを付けてみる
220402001.jpg
入り口付近の湿地

220402002.jpg
220402003.jpg220402004.jpg
220402005.jpg
入り口通路を抜ける

220402006.jpg220402007.jpg
体験交流ホール
伝統芸能上演があったけれど撮影不可

220402008.jpg220402009.jpg
国立アイヌ民族博物館ファサード、エントランス

以下、展示物いろいろ
220402021.jpg220402010.jpg

220402011.jpg

220402012.jpg220402013.jpg
220402014.jpg220402015.jpg
220402016.jpg

220402018.jpg220402017.jpg220402020.jpg
220402019.jpg
可愛い

220402024.jpg220402025.jpg

220402022.jpg220402023.jpg
220402026.jpg220402027.jpg220402028.jpg
220402029.jpg220402030.jpg220402031.jpg
220402032.jpg
じっくり解説まで読み込むと丸いち日くらいかかる

一旦博物館を出て(再入館可能だったはず、この時は再入館しなかった)エントランス棟のレストランへ。
220402033.jpg
焚火ダイニング・カフェ ハルランナ

220402034.jpg
眺めの良い窓際のカウンター席

220402037.jpg220402038.jpg
運転があるのでノンアル

エゾシカのグリルのセットを注文
220402035.jpg220402036.jpg
パンとスープ

220402039.jpg
220402040.jpg220402041.jpg
エゾシカのグリル

220402042.jpg
食後のコーヒー

220402043.jpg220402063.jpg
博物館外観

220402044.jpg220402061.jpg
ポロト湖

伝統的コタンへ
220402045.jpg
220402062.jpg
220402046.jpg220402047.jpg
220402048.jpg220402049.jpg220402050.jpg

大型のチセは中に上がれるようになっていてムックリの実演や伝統、文化の解説などを見学できる。音色が気に入って帰りに勢いでムックリを買って帰ったのだけれど一年経過した今でも未開封である。そうやってモノが増えていくんだよな。。。
220402051.jpg220402052.jpg220402053.jpg220402055.jpg220402054.jpg220402056.jpg
こちらは撮影OK

220402057.jpg
イナウ(祭具)
木の棒を薄く削る、キャンプに使うフェザースティックと同じような作り方をする。

220402058.jpg220402059.jpg
保存食の乾燥団子

220402060.jpg
クチャ(狩小屋)

220402064.jpg
ブロニスワフ・ビウスツキ胸像
アイヌと極東先住民に関しての研究を白老で行ったポーランド人学者

220402065.jpg
樽前山の頂がちょこっと見える
220402066.jpg
220402067.jpg220402068.jpg
体験学習映像(アニメーション)を観る

220402070.jpg
ポロト湖南側の流れ込み

220402071.jpg
ここからも樽前山

220402072.jpg220402073.jpg
シラサギが一羽

ウポポイを後にして予約した登別温泉の宿に向かう。
220402074.jpg
網元感動市場かに御殿のクマを眺めつつ移動

少々時間に余裕があるので脇に逸れて虎杖浜と登別港の間になるアヨロ海岸に降りてみた。
220402075.jpg220402076.jpg
アヨロ海岸

220402077.jpg
カムイエカシ チャシ
『カムイ』=神、『エカシ』=お年寄り、『チャシ』=砦という意味なので『カムイエカシ チャシ』というのは(神様みたいな)偉い長老が住んでいた砦という意味になるらしい。今ではオヨロ鼻灯台が建てられている。

220402078.jpg220402079.jpg
オヨロ海岸を見下ろす

220402081.jpg220402080.jpg
オヨロ鼻灯台とその下からの眺め

220402082.jpg
飛行機雲とトンビ

220402084.jpg220402085.jpg
予約した宿は登別万世閣
浴場が広々としていて、源泉をチラーで冷やした低温の水風呂があったりして非常に気に入った。夕食付プランにしたけれど、いわゆる伊東園ホテルみたいな感じのブッフェスタイルだったので特に画像を残していない。

220402086.jpg
部屋に戻って一杯

冒頭で降れた通り翌日は朝から散歩したり登別クマ牧場に行ってみたり。




関連記事
挨拶がわりに気が向いたら押してやってください。
にほんブログ村 自転車ブログ ブルベへ
にほんブログ村

タグ: ウポポイ  民族共生象徴空間  ポロト湖  アイヌ  コタン 

コメントの投稿

Secret

△top

この記事に対するコメント

△top

トラックバック

トラックバックURL
→http://trinity001.jp/tb.php/1853-4cd29cb4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top