FC2ブログ
02« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»04

日記超。-改・弐-

  : 

自転車だったりマラソンだったりトライアスロンだったりお酒だったり。

2023Nov01Wed

【麺類三昧だった】2/2_BRM930たまがわ300km足尾【後半戦と延長戦】 

230930069.jpg
夜の新三国橋

関連エントリ

<BRM930たまがわ300km足尾:2023/09/30>

えっちらおっちら登った先。粕尾峠はピークにしっかりとした標柱の類が無いので随分と手前になるけど『足粕道路竣功記念碑』前にて記念撮影。
230930043.jpg
まだしばらく登りが続く

更にしばらく登った先、ようやくピーク。
230930046.jpg230930045.jpg230930047.jpg
意外と『ここが粕尾峠である』と示す証跡はある
とはいえ歴史は随分古い峠道なのにちゃんとした標柱の類は無いんだよな。

そして足尾に向かうダウンヒル。全体区間の半分ほど(主観)は路面改修が進んでいたものの、相変わらず『粕尾の下りはカス』なのであった。
230930048.jpg
路面はセミウェットだったし
もう、決してディスクブレーキからは離れられない身体になってる。。。

R122に合流し、そこから先はお楽しみのご褒美ダウンヒル。粕尾からR122への合流だと足尾駅に立ち寄るにはそこそこ回り道となってしまうし路面がまだ濡れていたので今回は立ち寄らずにそのまま下ってヒャッハーすることにした。

とはいえせっかくなので自販機での飲み物補給も兼ねて草木ダムには立ち寄った。
230930049.jpg
草木ダム展望台より

草木ダムをリスタート。更に会長に坂道を下る。しばらく進んだ先に丸美屋オートスナックの懐かしい姿。
230930050.jpg
先着していたランドヌールが一人

230930051.jpg230930052.jpg230930053.jpg
青唐辛子入り天ぷらうどん
美味しゅうございました。
が、今回は大当たりも中当たりも引けず。

落ち着いたところでリスタート。一旦桐生まで下ったらもう一度軽い登り返しの老越路峠越えがある。
230930054.jpg
彼岸花に囲まれた墓所

しばし下った先にPhoto Ctrl.の水沼駅。時間に余裕があれば駅併設の水沼温泉センターで湯に浸かれるはずであったけれど運営会社が破産したため7月31日から休館していて利用できず。
一応わたらせ渓谷鉄道は地元自治体等と再開に向けた協議をしているらしいので来年以降の開催時に入浴できると嬉しいな、と。
Ctrl.3(168.8)水沼駅看板
230930055b.jpg
16:40(想定close18:36)

230930055.jpg230930057.jpg230930056.jpg
軽くむかつく顔をしているw

リスタートして線路と川沿いに下る。大間々駅北側の踏切を渡る際にちょうど汽車が通りかかったので一枚。
230930058.jpg230930059.jpg
踏切に差し掛かった一両編成車輛と大間々駅方面の眺め

渡良瀬川左岸を進み桐生市街地を抜ける。二年前、【ツールド御朱印】の八社目に向かう前に宿泊した際夕食を摂ったインド料理店前を通過。当時はコロナ禍で営業している飲食店が極端に少なかったので助かったものだった。
230930060.jpg
インド料理店・ブッダ

5年前に参加した時の夕食は、当時桐生市内でAJ宇都宮のスタッフ氏が経営するオーガニック食材を使った中華料理店桐夢さんにお邪魔したのだけれど、残念ながらその翌年閉業してしまったので今回は特に考えていなかったので適当に目についたところに入ろうと考えていた。あとから思えば次のPhotoChk.である雪の屋でいただけばよかったのだけれど、今までブルべ中に雪の屋が営業している時間帯に通過したことが無かったので全く考えが及ばなかった。

230930061.jpg230930062.jpg230930064.jpg
創業1717年(享保2年)の矢野園

桐生市桐生新町重要伝統的建造物群保存地区を抜ける。
230930065.jpg
ステキな佇まいを見せる銭湯・一の湯

しばらく進んだところに『ラーメンまるわ第〇(〇は2か3だった)駐車場』という看板。(店から離れたところに追加駐車場があるくらいなら人気店なのでは?)と思い入ってみた。
230930066.jpg230930067.jpg
上州地鶏ラーメン・まるわ(塩ラーメン)
大変美味しゅうございました。

タイミングよく他には客が一人だけという状態で大して待つことなくラーメンにありつけた。透き通ったスープの上品な味わいの塩ラーメン。あとから知ったことだけれど、やはりかなりの人気店らしい。我ながら良い読みをしていた。

お腹を満たし、桐生の街から離れて山の中へ。桐生川ダム湖の梅田湖に到着。
Ctrl.4(195.0)梅田大橋or雪の屋
230930068.jpg
18:23(想定close20:020)

直進すれば三境峠を越えて草木湖に出られるところを右折して梅田大橋を渡り梅田湖対岸へ。老越路峠へのアプローチは梅田湖側からは緩やかな登りなので難なく進めるけれど下りは急勾配の上に路面が荒れていてしかもヘアピンが続くので夜間走行は非常に怖い。

おっかなびっくり下り切ったところで佐野市街地に出て、以降はゴールまでフラットな道。渡良瀬遊水池の北側で往路に合流し、ひたすら往路を引き返す。
よくよく考えたら佐野でこの時間帯だったのでここまで我慢して佐野ラーメンで夕食という手もあったのだと思ったけれど、まるわのラーメンが美味しかったので結果オーライ。

Ctrl.5(219.5)セブンイレブン佐野栃本町店
19:34着(close21:56)

230930069.jpg
月下の新三国橋

Ctrl.6(262.8)セブンイレブン野田関宿台町店
230930070.jpg
close00:52 21:28
ちょっと遅れたタイミングで到着したmomさんと軽く会話。のんびり流すとのことだったので先行リスタート。うまくいけば日が改まる前にはゴールできそう。

江戸川沿いを下っている間にボトルが空になってしまい、残り10kmを切ってしまっていたけれどトイレ休憩もかねてコンビニにイン。朝、スタート直後に立ち寄ったのと同じお店。
リスタートしてすぐ江戸川を渡って千葉県側へ。橋を渡り切ったらすぐにゴール。

finish(302.3)セブンイレブン松戸小山店
23:34着(close03:20)

どうにかこうにか『日が改まる前にゴール』という目標を達成、アルコール類の品ぞろえが豊富で店内のPOPがにぎやかな、セブンイレブンとしてはやや異色な感じのする店内でのレシート取得のための買い物はノンアルビール二本。一本を店外で飲みつつブルべカードの記入を済ませ、ゴール受付に向けてリスタート。入れ違い気味にmomさん到着。

松戸駅前を通過ししばらく進んだ右手に今回のゴール受付。ぱっと見わかりづらい。
230930071.jpg
予習しておかないと見逃す可能性あり

中に入ると斜め正面にホワイトボード。
230930072.jpg
たまちゃん、、、がお出迎えw

230930073.jpg230930074.jpg
ゴール受付を終えてまったり
ゴール受付会場は二階建てのフリーのレンタルスペースで上階には和室があって仮眠できるそうで、既に帰着していたAKIさん「始発まで寝る」と寝ているらしい。
フリースペースなので基本的には『(当然ながら法に触れない限り)何をやっても良い』スペースなのでアルコールが入る集まりも多く、騒音で近所からクレームが入るので警報機と連動した騒音計があり、80㏈を超えると警報がなるそうで。
230930075.jpg
警報機連動騒音計

あれやこれやと雑談に興じつつ、それでも2時を回った辺りで重い腰を上げ、いよいよ帰路に就くことに。
230930076.jpg
2023/10/01/2:20頃出発

<BRM930出走後移動:2023/10/01>

基本的には往路をそのまま聞き返す形で言問橋は渡らずにスルー。定点撮影スポットになっている源森橋で記念撮影の後移動。
230930077.jpg
230930078.jpg
源森橋にて

230930079.jpg
未明の銀座を抜ける

「途中でラーメンを食べて帰る。」とゴール受付後の雑談中発言していた通り、鮫洲駅前にある24時間営業のラーメン・道楽(本店)に立ち寄り。
230930080.jpg
230930081.jpg
味噌ラーメン
美味しゅうございました。

淡々と第一京浜国道(R15)を南下し、5時ちょっと前には無事専修寺関東別院前に帰着。
230930082.jpg
私的ゴール:真宗大谷派・専修寺関東別院

という訳でPBPから戻って国内最初のBRMは無事完走で終了。
思いの外気温が高く推移したのでかなり消耗したブルべだったけれど、ひとまず事故怪我無く終了できたので良し。
スタッフ、関係者、参加者の諸兄諸姉、お疲れ様でした、ありがとうございます。




関連記事
挨拶がわりに気が向いたら押してやってください。
にほんブログ村 自転車ブログ ブルベへ
にほんブログ村

BRM(200,300,400,600)  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

コメントの投稿

Secret

△top

この記事に対するコメント

△top

トラックバック

トラックバックURL
→http://trinity001.jp/tb.php/1873-542d2a10
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top