FC2ブログ
03« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»05

日記超。-改・弐-

  : 

自転車だったりマラソンだったりトライアスロンだったりお酒だったり。

2024Mar18Mon

【半世紀ほど振りの】1/2:AJ神奈川登山部活動記録-2【再訪でした】 

240217012.jpg
筑波山と言えば
やはりガマ


昨年12月の第一弾から約二か月経過した【AJ神奈川登山部活動】第二弾。
AJ神奈川忘年会の際、登山(というかハイキング)話を聞きつけたマヤさんが猛烈に乗り気で参加する気満々だったのであるけれど諸事情あって残念ながら欠席。当初参加予定だったみいさんもお仕事の都合で参加見送りとなり、図らずも第一弾の面々と同じオカダさん、虫さん、クロさん、べいさん、とり、という五人で筑波山へ。
訪問した2月17日は丁度筑波山梅林の梅まつり初日ということもあってそこそこの賑わいを見せる筑波山をのんびり散策というプラン。今回も企画立案は全てオカダさんにおんぶにだっこという至れり尽くせりな一日でした。

千葉から参加なので南流山で合流する予定のべいさん以外の四人は秋葉原駅7時発のつくばエクスプレス線快速に乗り込むために改札前に集合。お得な企画切符を購入。
240217000.jpg
一割ほどお得な切符
自販機で購入可能なこの切符なのだけれど何故かクレジットカードが使えず現金で支払う羽目に。意外な盲点である。次回以降TXで企画切符購入の際はちゃんと現金用意しよう。
秋葉原始発なのでゆったり座って快速で終点のつくばまで向かう。途中、武蔵野線で南流山まで来たべいさんともちゃんと合流出来てメンバー勢ぞろい。第一回の時はべいさんとの合流まで紆余曲折があったけれど今回はすんなり。幸先良い感じ。

つくば駅に到着し、バス乗り場に移動してら結構な勢いで長蛇の列。(全員乗り切れるんかな?)とか内心心配したものの、ほぼ京急線の朝のラッシュ時程度の混雑具合でどうにかなった。これが悪名高い常磐線松戸-北千住間の乗車率だったらオレさま多分筑波山に登る前にリタイアしたかも。っていうか今でもあの区間って殺人的な乗車率なのかね?就職してしばらく、実家から出勤していた頃は『全国で最高の乗車率(確か300%超)』だったけど。

240217001.jpg
バスに乗るよ~~~。

タイミング的には丁度ACPのBRM規則改訂版がAJのサイトに公開された直後だったので、かつて【AJの中の人】で現在AJ千葉スタッフのべいさん、AJ神奈川スタッフの虫さん、AJたまがわスタッフのとり、、、の三人でルール改訂に関してのあれこれを話している間に筑波山神社前で乗客の大半が降りて行き、ガラガラの車内でめいめいが好きな座席に座って終点のつつじヶ丘まで。

つくば駅で登録したスマホで巡るタイプのスタンプラリーもここから開始。
240217002.jpg
筑波山と言えばガマ

<散策ログ:2024/02/17>

そんなこんなでいよいよ、個人的には40年振りくらいの筑波山登山開始。
240217003.jpg240217004.jpg
片眼がバッテンだったりキリン(?)が乗っていたり
なかなか芸が細かい(、、、のかな?)

240217005.jpg240217006.jpg
ここにガマいるの?
※いたとしても冬眠中
いや、少しは手入れしようや、、、空き缶やらゴミやら転がってるし。

240217007.jpg240217008.jpg
かつて滑り台だったもの

240217009.jpg
筑波と言えばガマの油売り

240217010.jpg
カラフルな階段を昇る

240217012.jpg
登山道入り口の大ガマ

240217013.jpg
昇り始めから眺めが良い

240217014.jpg240217015.jpg
金の親子ガマ

240217016.jpg240217017.jpg
日差しが暑いくらい

虫「あ゛つ゛い゛~~~!上着脱ぐ!
と、100mも進まないうちに現れた東屋で早速着ていたダウンジャケットの類をパージする面々。あまりにも天気が良くて東側斜面は背後から日に炙られて暑い。
240217018.jpg
景色を撮る虫さん

上着をパージして動きやすくなった一行はあれこれバカ話をしながらのんびり山道を。基本的に【虫↗べい↗オカダ↗とり↗クロ↗】な陣容で進んだ。この辺も第一弾と概ね一緒。
あれこれ周囲を眺めて植生を観察したりしつつ。山歩きってこういうのが楽しいよね。
240217019.jpg
(多分)オカダマノキ

しばらく進んだところで最初のスタンプポイント【弁慶茶屋跡】に到着。
240217020.jpg240217021.jpg
弁慶茶屋跡と背後の祠

軽く休憩して先に進むともう一つのポイントである【弁慶七戻り】。あの武蔵坊弁慶がビビり散らして七たび引き返した、、、というのはなんぼ伝承としても盛り過ぎではないのか?とか思うけど。
240217022.jpg
240217023.jpg
240217024.jpg240217025.jpg240217026.jpg240217027.jpg
とはいえマジで落ちないの凄い
東日本大震災でも落ちなかったんだからなあ。。。

この辺はチェックポイントが集中していてワイワイガヤガヤ進んでいる間にすぐ次のポイントが現れるので楽しい。
240217028.jpg240217030.jpg240217029.jpg
高天原

240217031.jpg
筑波山はこういう岩の隘路が多い

240217032.jpg240217033.jpg
高天原のお社

240217034.jpg240217035.jpg
現道とエモい旧道

240217036.jpg
240217037.jpg240217038.jpg
母の胎内くぐり

240217039.jpg
引っかかった(体の)ひと
脚の感じがおねえっぽいところが芸術点高いw

べい「いやあ、ほんとボクって情けないくらい演技力皆無だよねえ。
まあ、その辺が(も?)持ち味なんだから仕方ない。

240217040.jpg240217041.jpg
陰陽石

240217042.jpg240217043.jpg
国割石
良くわからんけど足元にあるのがその石だったようで。Vサインは虫さんの左手。



240217044.jpg240217045.jpg
出船入船
常陸の国で漁業を営んでいた漁師は沖合から見える筑波山を目印に航海をしていたとのことで船にまつわるあれやこれやがあり、これは寄りかかり合うような一対の巨石を出船と入船に見立てている。

240217046.jpg240217047.jpg
裏面大黒
七福神の大福様の背後の様子に見立てている。

240217048.jpg
日陰には数日前に降った雪が残っている
表面が融けかかっているのでうかつに踏むとつるんと逝ってしまう。

240217049.jpg240217050.jpg
240217051.jpg240217052.jpg
北斗石(と、虫さん)

240217053.jpg240217054.jpg240217055.jpg
屏風岩

こうしてみると筑波山というのは巨岩、巨石、奇岩の宝庫でこういうのって酒井勝軍が嬉々として【日本のピラミッド認定】しそうだよなあ。。。とか思って歩きながらスマホでポチポチ検索(筑波山は全域携帯電話圏内なのでありがたい)してみたけれど、酒井は筑波山を完全にスルーしていたようだった。古くから栄えているといかんのかとか思ったけれど、安芸宮島の弥山はピラミッド認定しているし、実際弥山に登ってみた時に(ここって酒井が【ピラミッド認定】しそうな雰囲気だよな。)と、予備知識なしの感想を抱いたら実際そうだったのでその基準が良くわからん。っていうかちゃんと著書とか読めばわかるのかも知れないのだろうけれど、ちょっと齧っただけの付け焼刃な理解ではやっぱり駄目なのだなと。

240217056.jpg240217057.jpg
安座常(あざとこ)神社

240217058.jpg
女体山頂上が見えて来た

240217059.jpg
あちこちに小さな祠がある

240217060.jpg
【山】
うん、ここが山だって知ってる。
この先、山頂の神社手前の岩場で足を滑らせてズッコケてしまうというインシデント発生。取り敢えず外傷もウェア類の破損もなく無事。

そしてかつて子供時代、ガマの口をめがけて石を投げていた(落ちずに口の中に入れば幸運に恵まれるとかなんとか言われていたはず)記憶があるガマ石をスルーしてしまっていた。残念極まるけれどまたの機会に。
240217061.jpg
(女体山)山頂神社の社殿が目の前

振り返ると後続三人の姿。
240217062.jpg240217063.jpg240217064.jpg
オカダさん・虫さん・べいさん の順

ようやく一つ目の目標、女体山の山頂に到着。
240217065.jpg
240217066.jpg240217067.jpg
多分半世紀近く振りの筑波山(女体山)山頂

240217068.jpg
孤高の鳩

240217069.jpg240217070.jpg
(女体山)山頂からの眺め
(昔は縄が張ってあったところまで行けたんだろうなあ、、、ってか当然ながらオレなら行ったんだろうな。)そんなことを思いつつ、尾根筋を伝って男体山方面へ一旦軽く下る。




関連記事
挨拶がわりに気が向いたら押してやってください。
にほんブログ村 自転車ブログ ブルベへ
にほんブログ村

タグ: AJ神奈川登山部  ハイキング  筑波山  ガマ 
旅・散歩  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

コメントの投稿

Secret

△top

この記事に対するコメント

△top

トラックバック

トラックバックURL
→http://trinity001.jp/tb.php/1905-9475baee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top