FC2ブログ
01« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.»03

日記超。-改・弐-

  : 

自転車だったりマラソンだったりトライアスロンだったりお酒だったり。

-0001Nov30Wed

罪と罰 

グレアム・ヤングヲタな高校生が
実の母に対する殺人未遂で逮捕⇒送検された事件が世間を賑わしていたりしますが。
『化学部所属』ってことで紐緒結奈を連想したヒトも少なくなかろう。
・・・なんぞと腐ったギャグを飛ばしている場合なんかではなくて。

TVでも散々
『猫を毒殺していた』とか
『解剖された動物の死骸が発見された』とか
『blogで母親の様子を淡々と公開していた』とか
『少女と母親にどんな葛藤が?』とか
『少女の素顔は?』とか

なんつーか
どうでも良いようなことばかり掘り下げてセンセーショナルな話題にしようとしているようにも思えます。

今夜目にした日テレの報道で『少女の日記』として紹介されていたので
まとめサイトにもUPされている楽○のブログがやはりそれなのでしょう。
そこにはこんな記述もあって

8月24日
眩しいほどに晴れ酢酸タリウムが届きました。薬局のおじさんは「医薬用外劇物」の表示に気付かず、必要な書類な書類を通す事無く僕に其れを渡してき...

 ※このblog内での少女の一人称は『僕』

報道によれば『薬局側は十分な確認をせずに問屋から取り寄せて販売』したそうだけれど
致死量1gの猛毒薬品を取り扱うのに、これってあまりにも杜撰過ぎやしないか?
 ※ソース:Sankei Web
わざわざ問屋に取り寄せまでしたのだから、この『薬局のおじさん』が『日記』にあるように『気付かずに』ってコトはありえないだろーて。
当初『劇薬』・『未成年』・『女子生徒』と耳にして
通常の手段では入手不可能なこの薬品を少女がいかにして薬品を入手したのか
少々(?)下司な勘繰りまでしてしまったわたしですが、なんだかなあ。。。

んで、こんな杜撰な業者にどんな罰則があるのかと思って調べてみたら
毒物及び劇物取締法第24条一に抵触したかどで
『3年以下の懲役若しくは5万円以下の罰金に処し、又はこれを併料』
のようですね。
 ※『(硫酸・硝酸)タリウム』は、この法律で定めるところの『劇物』に該当。

耳掻きでほんの数杯程度の量で簡単に人を殺すことができる薬品を、売ってはならない相手に安易に売ってしまってこの程度の処分か。。。
関連記事
挨拶がわりに気が向いたら押してやってください。
にほんブログ村 自転車ブログ ブルベへ
にほんブログ村

ニュース  /  tb: 0  /  cm: 2  /  △top

コメントの投稿

Secret

△top

この記事に対するコメント

家の息子も化学好き・・・

それを生き物で実験しようと思うか思わないかは何処らへんのラインを超えた時なんだろ。

無味無臭水溶性のタリウム1gで一人分なんだって。

URL | 捌。 #r4tB/SwE

2005/11/03 16:01 * 編集 *

>捌。 様

今回の被疑少女の場合
『化学好き』というよりも単なる『毒物ヲタ』とか『G・ヤングをた』と評するのが妥当ではないかと思うのですけれどね、わたし。
犯行は結局のところ『グレアム・ヤング模倣犯』とみなして差し支えなさそうだし。

で、この手の事件が起こるとあいもかわらず『社会が~』とか『心の闇が~』とか『優等生がなぜ~』とか
しょーもないことを言い出す方々がわらわらと湧いてきますけれど・・・。

こんなのは所詮レアケースなのであって、世間一般の『まともな』高校生は生半可なきっかけでこんなことするはずがない。
事細かに報道してしまうことが模倣犯を助長してしまったり下手をするとそれこそ今回の少女がヤングの伝記に影響されたように彼女を偶像的存在に祭り上げてしまう危険性もあるってことをメディアは認識しないといけないのではなかろうかと。

URL | 管理(?)人。@東京 #bi94IFRw

2005/11/06 14:43 * 編集 *

△top

トラックバック

トラックバックURL
→http://trinity001.jp/tb.php/250-be6d3206
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top