FC2ブログ
03« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»05

日記超。-改・弐-

  : 

自転車だったりマラソンだったりトライアスロンだったりお酒だったり。

2023May23Tue

筑波山からの渡良瀬遊水地 カフェダイニング【Tiida】…実施日:11月5日 


【走行距離】274.62km
【総所要時間】13時間42分
【乗車時間】11時間2分
【平均時速】(走行距離/総所要時間)20.0km/h
【Av】(走行距離/乗車時間、サイコンのAv)24.9km/h
【獲得標高】1,276m


前日、本来なら250kmほどのロングライドになるはずだったのに
Edgeのバッテリー残量不足のために引き返し、結局200kmに満たない走行距離でお茶を濁す羽目に陥りフラストレーションが溜まっていたので再度ロングライドを画策。
アイアンマン70.3 セントレア常滑JAPAN2011前週に調整がてら訪れて以来の渡良瀬遊水地脇のカフェダイニング【Tiida】に立ち寄ろうと思ったものの、ただ行くだけでは芸がないので折角なので筑波山に寄り道してから行くことに。
時折名前を目にする【不動峠】にいってみようとの企図。

11110501.jpg
いつものように緑地管理事務所前、6時半頃。
都内を快調に進み、銀座中央通りに進入。
11110502.jpg
7時台の銀座中央通り、博品館付近。土曜の朝は日曜、祝祭日とは違って案外車が多い。

普段、江戸川CR⇒利根川CR⇒渡良瀬川CRというコースでTiidaに行くルートと同じ道を辿り、流山橋を渡る。
普段ならそのまま江戸川CRに入るのだけれど今回は若干ルートを変更して一般道を。

今年1月、初めてのブルベ(アタック霞ヶ浦)を走行した際に渡った懐かしの芽吹大橋を渡って茨城へ。
途中、そのブルベと被るコースを走って感慨深く感じながら筑波山方面へ。
地図を見た限りでは【県道】として着彩された道が当然ながらメインだと思いルート設定をしたのだけれど、後日チェックをしてみたら着彩されていない道こそが舗装路だったと知ることになる。

【中央青年の家】に向かう脇道に入った途端、10%を超える勾配のお出迎え。
11110503.jpg
いきなり絶壁チックな高度表示。
概ね10~15%ほどの急勾配を、汗を滴らせながら登って行くと
11110504.jpg
目の前に現れたのはダートな上り坂
こんな所でパンクなんぞ食らいたくも無いので勾配が5~10%の砂利道を、なるべくタイヤに負担がかからない土部分や雑草部分を選んで通行。
サドルに腰を下ろしたままだと場所によってはフロントタイヤが浮いてしまうので、立ち漕ぎで更に前輪に荷重がかかるように重心を移動して進めば後輪が空回りするといったまさに修行な状況を5~600mほど続けたらようやく舗装路に合流できてほっとした。
登りだったからまだマシだったけれど、コレが下りのダートだったら…とか考えると薄ら寒い。

11110505.jpg
舗装路の『フルーツライン』に合流し、展望の開けたところに出る。
空気が澄んでいたらさぞ眺めが良いところだろうなあ…と、ちょっと残念。
※このもうちょっと先にハングライダーの離陸地点があった。

11110506.jpg 11110507.jpg
表筑波スカイラインの2つの峠。

表筑波スカイラインを西進し、筑波山登山口の大鳥居をかすめ、R125に入って一路西へ進む。
目的地は渡良瀬遊水地脇のカフェダイニング【Tiida】
距離を勘違いしていて、到着したのは元々の予定より一時間ほど遅くなった15時半。
既にランチタイムは過ぎてしまっていたのだけれど、快くランチメニューのオーダーに応じていただき、ご好意に甘える。
11110508.jpg 11110509.jpg
左:ハンバーグ・シャリアピンソースのランチ
右:シークヮーサー入りコーラ

シークヮーサーは沖縄から直送してもらっているもので、本土ではなかなか手に入りづらい品質のものだとか。
180㎞を超える道のりを走破した後でこの酸味は身体に染み渡るようで美味しい。

時刻的にも押し気味だったし、そもそも中途半端な時刻だったのでお店に迷惑もかかるのであまり長居すること無く帰路に。
R354からR4に入ってひたすら進む。
わかりやすい最短路…なルート選択。
いいかげん疲れていたのでルートミスしたくなかったし。

11110510.jpg 11110511.jpg
R354の【新三国橋】:五連のアーチがなんとも言えずわたしの好み(笑

都内に入る頃にはすっかり日が落ちて辺りが暗くなっていた。
随分と日が短くなったものだなあ。

11110512.jpg
信号待ちの間に撮影した東京タワー

都内を抜けるのにさほど問題もなくスムーズに進み、スタート地点の緑地管理事務所に再び帰着したのは20時頃のこと。
関連記事
挨拶がわりに気が向いたら押してやってください。
にほんブログ村 自転車ブログ ブルベへ
にほんブログ村

タグ: ロードバイク  ピナレロ  ポタリング  ロングライド 
未分類  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

コメントの投稿

Secret

△top

この記事に対するコメント

△top

トラックバック

トラックバックURL
→http://trinity001.jp/tb.php/569-490b49da
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top